作品 仲村トオルに関するニュース

有名作家を多数輩出!!「『このミステリーがすごい!』大賞」が本当にすごい4つの理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年09月26日15時00分

仲村トオルと伊藤淳史のW主演でドラマ化、更には映画化までされた人気作品、『チームバチスタの栄光』。実はこの作品、この賞を取ってから出版が決まったのです。今でこそ有名な作家となった海堂尊ですが、彼もこの賞の出身だったのです。また、先日芥川賞と直木賞が発表されました。お笑い芸人のピース・又吉直樹の芥川賞受賞で注目が集まっていますが、実は直木賞をとった東山彰良は [全文を読む]

良作多し!視聴も録画も追いつかない!?お薦めしたい2016夏(7月期放送)ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年07月11日12時15分

1話を観て既にどっぷりハマってしまった方もいれば、まだどの作品を継続視聴するか決めきれずに迷っている方もたくさんいると思います。 今回は、ドラマ大好きな筆者がこの夏に視聴したいドラマを、絞りに絞って5作品選んでみました。もちろんここで紹介させて頂く作品以外にも素敵な作品は多数ありますが、中でも特にお薦めの作品となります。1話を見忘れてしまった!なんて方も、 [全文を読む]

「ビー・バップ・ハイスクール」のヒット秘話

アサ芸プラス / 2013年05月31日10時00分

一連の作品を手がけたのが監督・那須博之と脚本・那須真知子。夫婦であり、映画界きっての名コンビとして知られる2人だったが、8年前に那須監督が他界。監督との思い出を真知子氏に振り返ってもらった。 * 「那須とは、私が社会人の頃、通っていたシナリオ学校で知り合いました。当時、彼はまだ学生でしたが、出会ってすぐに意気投合し、結婚。それから那須は日活の助監督になり、 [全文を読む]

医者が守るのは命?金?名誉?絆!?記憶に残る“医療ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月22日09時55分

今回はそんな、多くの人の記憶に残った印象深い医療ドラマ作品を、ドクターメインで10作品選んでみました。みなさんは覚えていますでしょうか? 絶対に外せない!日本の医療ドラマの先駆け『白い巨塔』患者第一主義の医者と出世命の医者、二人の対照的な医者の人間ドラマを描いた『白い巨塔』。小説の連載が始まった1963年からすぐに人気に火が付き、読者からの反響の大きさに完 [全文を読む]

「検証捜査」仲村トオル×内片輝監督7度目コラボで『10年分の進歩を込められたら』

ザテレビジョン / 2017年07月05日06時00分

同ドラマは、警察小説の旗手・堂場瞬一が手掛ける同名小説「検証捜査」の初のドラマ化作品。神奈川県警で起こった冤罪(えんざい)事件を捜査するため、警察庁は他府県から、神谷(仲村)ら事件とは無関係の刑事たちを集め「特命班」とし、警察の威信を懸けて原因の究明に乗り出す。今回取材に応じた2人は、現場の様子や作品への思いなどを語ってくれた。 ――これまで仲村トオル主 [全文を読む]

TBS 5月の毎週月曜よる9時!宮部みゆき・4週連続“極上”ミステリー・第一夜『理由』 第二夜『スナーク狩り』 第三夜『長い長い殺人』 最終夜『レベル7』宮部みゆきの名作ミステリーをドラマ化!

PR TIMES / 2012年03月28日17時58分

TBSでは2012年5月、原作モノからTVオリジナルなどの2時間ドラマを中心に映画、スポーツ、ドキュメンタリーなど様々なジャンルの作品を提供し、視聴者から好評を得ている月曜ゴールデン枠で、今、日本の文学界を牽引している人気作家の一人・宮部みゆきの作品を4週連続で放送する!一人の作家の原作を4作品、4週連続でドラマ化して放送するという企画は月曜ゴールデン枠の [全文を読む]

え?あの刑事ってそんなに偉かったの!?日本ドラマの刑事たちを階級で比べてみた!

日本タレント名鑑 / 2017年06月14日07時30分

「古畑任三郎」「踊る大捜査線」「相棒」、古くは「西部警察」や「太陽にほえろ!」などなど名作と呼ばれるドラマ作品にも、刑事ものはたくさんあります。このドラマに出てくる数々の名刑事たち。作品の中での上下関係は分かりますが、作品を飛び越えた階級の比較っていまいち分かりません。 そこで今回は、刑事ドラマ(一部アニメ)に出てくる刑事たちを、階級で比較してみました。あ [全文を読む]

池井戸潤原作の争奪戦激化にあった民放キー局の厳しい懐事情

WEB女性自身 / 2017年09月11日16時00分

池井戸作品は昨年7月発売の「陸王」が役所広司(61)主演で、10月からTBS系で放送される予定だ。 「池井戸氏は11年に『下町ロケット』で直木賞を受賞。以後、それ以前の作品まで含めてWOWOW、NHK、民放キー局、そして各映画会社で争奪戦が繰り広げられてきました。主要作品は、すべて映像化され尽くしてしまったほどの勢いです」(出版関係者) 来年には、「TOK [全文を読む]

ウエンツ瑛士「打算をやめました」31歳で見えてきたこと

ソーシャルトレンドニュース / 2017年09月01日17時00分

30歳になる直前にこの作品を撮ったというウエンツさんに、この作品を経て30代にはいったことで見えてきたものや、理想の男性像、追い求めるものの変化などを聞いた。■「想像つかないけど、絶対大丈夫」――最初にこの企画を伺って、中村高寛監督の作品にウエンツさんが参加されるという異色の組み合わせに心躍りました。まずは、どういう経緯でウエンツさんがこの『禅と骨』に出 [全文を読む]

仲村トオルVS市村正親のバトル勃発!刑事ドラマ「検証捜査」

ザテレビジョン / 2017年06月25日12時00分

同ドラマは、警察小説の旗手・堂場瞬一が手掛ける同名小説「検証捜査」の初のドラマ化作品。神奈川県警で起こった冤罪(えんざい)事件を捜査するため、警察庁は他府県から、神谷(仲村)ら事件とは無関係の刑事たちを集め「特命班」とし、警察の威信を懸けて原因の究明に乗り出す。 市村は、検証チーム「特命班」が対峙(たいじ)する神奈川県警の幹部・重原功役で出演。仲村と市村 [全文を読む]

4月25日TBSでドラマ化決定!『64』に連なる「D県警シリーズ」横山秀夫著『刑事の勲章』を電子書籍のみで発売

@Press / 2016年04月13日10時00分

文藝春秋電子書籍編集部では、4月15日(金)より、横山秀夫さんの書籍未収録短編『刑事の勲章』を、電子書籍オリジナル作品として発売いたします。『刑事の勲章』は、5月、6月に映画化作品が公開される『64』に連なる、「D県警シリーズ」の一作。本作は、仲村トオルさん主演で4月25日(月)に放送される、TBS「月曜名作劇場 特別企画 横山秀夫サスペンス 刑事の勲章」 [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

懐かしいものから厳選して10作品集めてみました。意外なあの人も出演していた!?なんていう楽しみ方もありますよ。 純粋で不器用!順応できない若者を描いた『茜さんのお弁当』『スクール☆ウォーズ』突然の引き抜きでほとんどの従業員にやめられてしまったバツイチの茜さんが経営する「あかね弁当」。『茜さんのお弁当』は古尾谷雅人さん演じる、残った元ヤン従業員「土門」が少年 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】TBS地上波5月放送「宮部みゆき・4週連続“極上”ミステリー」の見逃し配信が決定!第1夜『理由』本日23時より配信スタート!

PR TIMES / 2012年05月09日17時54分

TBSテレビの動画配信サービス「TBSオンデマンド」は、5月7日(月)にTBS地上波で放送されたドラマ「宮部みゆき・4週連続“極上”ミステリー 第1夜『理由』」の見逃し配信を、本日5月9日(水)23時よりスタート!これを皮切りに、5月にTBS地上波で毎週月曜21時より放送される、第2夜『スナーク狩り』、第3夜『長い長い殺人』、最終夜『レベル7』とあわせ、「 [全文を読む]

「検証捜査」現場に密着!仲村トオルら笑顔あふれるショット公開

ザテレビジョン / 2017年07月02日06時00分

笑顔で作品の見どころを語ってくれた。 ――作品の印象をお聞かせください。 初めて台本を読んだ時に驚いたのは、“捜査を検証する”ということですかね。どういうことなのかと、少し混乱しました(笑)。でもそこが面白いところだと思います。その台本から、監督がすごく武骨な物語を作り出すので、大人に鑑賞してもらえる作品なのではないかと感じています。リアリティーを求められ [全文を読む]

瀬戸康史「妙な気配を感じた」 祭りで出会った奇怪なものとは…

anan NEWS / 2016年10月27日22時00分

「僕自身、不思議な話が好きだったこともあり、ずっとイキウメ(前川さん主宰の劇団)の作品を好きで観ていたんです。前川さんの作り出す作品って、非現実を描いたファンタジーだと思って心を許していると、唐突に現実を突きつけてくるのが魅力的ですよね。『奇ッ怪』は、イキウメの公演とはまた違う形で異界が描かれているのが面白いです」 第3弾の今回は、柳田国男の『遠野物語』 [全文を読む]

「家売るオンナ」鈴木裕樹が一番うれしい瞬間

Smartザテレビジョン / 2016年08月31日06時01分

一概にはいえませんがコメディー色が強い作品であることもあって、笑いの絶えない現場でしたね。――主演の北川景子さんとは初共演でしたね。いかがでしたか?美人だなぁ(笑)。でもプロフェッショナルというか、当然のことですけど出番もせりふも一番多いんですけど、疲れた表情も見せずに、NGもゼロじゃないですかね、僕が見ている限りでは。作品の中ではああいった表情を崩さずス [全文を読む]

電気グルーヴ、新曲「Fallin' Down」MVついに解禁

okmusic UP's / 2015年02月26日16時00分

MVは、前作「Baby's on Fire」同様、数々の電気グルーヴ作品を手掛けるFramegraphicsのアートディレクター田中秀幸氏が担当している。 正体不明の人間型浮遊物体が空を飛行する、現実と仮想が交差するイメージは見ている者を飽きさせず、いつもこれまでには無かった世界観やアイディアでMVを提示してくる電気グルーヴならではのクリエイティブはここで [全文を読む]

杏主演「クロハ」の主題歌に、Aimer「君を待つ」が決定!

Smartザテレビジョン / 2014年12月26日16時00分

5作目のシングル「RE:I AM」、6作目のシングル「StarRingChild」に続いて3作品連続でオリコンTOP10入りを果たし、音楽関係者を中心に熱い注目を集めている。ここ数作では、菅野よう子や澤野弘之といった人気劇伴作家や、阿部真央、Galileo Galileiなどのアーティストとのコラボレーションで、“新しいAimer”を表現してきたが、新曲の [全文を読む]

見たことないウエンツ!映画「禅と骨」で“残念イケメン”返上か

アサジョ / 2017年09月11日10時15分

京都・天竜寺に実在するアメリカ人の父と日本人の母を持つ青い目の禅僧、ヘンリ・ミトワを追ったドキュメンタリー作品だがドラマパートもあり、ウエンツは血気盛んな若き日のミトワを演じている。06年に公開され話題を呼んだドキュメンタリー映画「ヨコハマメリー」の中村高寛監督による11年ぶりの長編作品だ。「ナレーションは仲村トオル、ウエンツ演じるミトワの母親は余貴美子、 [全文を読む]

藤原竜也、演出家・長塚圭史の“やり方”に驚く??

ananweb / 2017年08月12日18時30分

昨年の映画『太陽』、今年9月公開の『散歩する侵略者』と、いまや演劇界のみならず、その作品が高く評価されている前川知大さん。その前川さんの戯曲を、これまた傑出した才能で新たな演劇の可能性を開拓し続けている長塚圭史さんが演出。このふたりの劇作家・演出家の刺激的なタッグに出演する藤原竜也さん。 「僕のなかで、昨年、蜷川(幸雄)さんが亡くなったのはすごく大きいこ [全文を読む]

フォーカス