小島よしお 大学に関するニュース

小島よしおが今すごい!子ども向けライブ600本以上。キッズのココロわしづかみ術 【ゆめを叶えた大人の子ども時代、ヒヨっ子ちゃずのイラストインタビューVol.7】

Woman.excite / 2017年06月06日17時00分

皆が憧れるステージで活躍する大人って、どんな子ども時代をすごしたのでしょうか? ゆめを叶えた大人はどんな風に育てられたのか、人生まだまだヒヨっ子のちゃずがインタビュー!第7回は、今年3月に著書『キッズのココロわしづかみ術』(主婦と生活社)を発売した小島よしおさん。「そんなの関係ねぇ!」のネタでお茶の間を湧かせてから10年、最近は子ども向けのライブが大人気の [全文を読む]

市川紗椰ほか、“早慶出身”タレントはなぜ多い?

日刊大衆 / 2016年12月31日16時00分

その他の出身者は、不倫が話題になった乙武洋匡(40)、フリーの皆藤愛子アナウンサー(32)、お笑いタレントの小島よしお(36)など。また、バンカラな早稲田らしく、中退して有名になったタレントも多く、俳優の堺雅人(43)、女優の室井滋(58)、歌舞伎役者の松本幸四郎(74)などがそうだ。 一方、育ちがよい、親が資産家などのイメージを持つ“慶應ボーイ”。かつ [全文を読む]

お笑いコンテスト優勝者続々輩出 早稲田大学「WAGE」の実力

NEWSポストセブン / 2014年09月23日16時00分

「そんなの関係ねえ」でおなじみのピン芸人・小島よしお、『キングオブコント2013』で優勝したお笑いコンビ・かもめんたるの岩崎う大と槙尾ユースケ、『世にも奇妙な物語』『ショムニ2013』などを手がける脚本家・森ハヤシ、そして今回歌ネタ王となった手賀沼ジュン。いずれのメンバーも、WAGE解散後に大きな結果を残しているのだ。 当時は『エンタの神様』に出演したり、 [全文を読む]

「子役にバカ認定」母校に「名前出すな」と叱られた!?

日刊大衆 / 2017年03月31日12時05分

この話にさんまや共演者たちが驚いていると、同じくゲストの小島よしお(36)が「芸風とかでも(断られることが)あるのが、僕が早稲田(大学)でロケしようとしたら、使わせてくれなかったんですよ」と鈴木の話に同調しながら、苦い表情を浮かべていた。 「テレビ番組で“おバカキャラ”として出演していると、一般の人からもバカ扱いされてしまうことはよくあるようですが、子役に [全文を読む]

ブレイク前だった“マツコ起用”の舞台裏から前都知事の“超絶ケチ話”まで…『5時に夢中!』名物Pが明かす!

週プレNEWS / 2017年01月17日10時00分

そんな中、「この人は面白い!」と感じた出演者たち(小島よしお、満島ひかり、TKOなど)が、番組卒業後にどんどん売れていった。それで、「僕は面白いモノを作る才能はないけど、面白いことに気づく能力はあるかも」と自信がついた。 ―その後、現在の『5時に夢中!』がスタートし(05年)、マツコ・デラックスと出会います。 大川 あるゲストが本番前日に出演をキャンセルし [全文を読む]

ベッキー ゲス川谷との不倫騒動で頓挫した「雑貨店開店の夢」

WEB女性自身 / 2016年03月16日06時00分

「3月6日には小島よしお(35)が『R‐1ぐらんぷり2016』で決勝に進出。《社長の期待がハンパねエ!でもそんなの関係ねエ!》と自虐ネタが大きな話題を呼びましたが、事務所は実際に小島を 次の柱 として考えているようです。お笑い部門を強化し、全社一丸となって危機を乗り切ろうとしているのでしょうが、やはりベッキーの抜けた穴を埋めきれるメドはまだ立っていません [全文を読む]

8.6秒バズーカーに「消え芸人」のレッテル…初の冠番組も「懐かしい」の声

デイリーニュースオンライン / 2015年10月18日12時30分

小島よしおみたいに子ども向けに営業で稼ぐなりトーク力を鍛えてバラエティーに出るなり、身の振り方を考えないと、来年の今頃は仕事ゼロもあり得ます。スタッフに挨拶しない話も有名なので、社会人らしい振る舞いを覚えないといけないでしょう」(業界関係者) 人気絶頂時に埋めたスケジュールが残りわずかの8.6秒バズーカーは、ラジオで新境地を見せ、芸能人生を延命できるのか… [全文を読む]

【速報】たかまつなな電撃「独立」発表!お嬢さま芸人が事務所に「勘当」?

しらべぇ / 2015年08月08日19時00分

たかまつは、ダンディ坂野や小島よしお、すぎちゃんなど、「一発屋芸人」が数多く所属している芸能事務所「サンミュージック」に所属。しかし、じつは今回のライブをもって、事務所を独立してすることになったという。■お笑い界の池上彰「お笑いジャーナリスト」をめざす以前から、しらべぇでもコラム「お笑いジャーナリズム論」を連載してきたたかまつ。慶応大学に通いながら、東大で [全文を読む]

「帰れ!」と一喝……ビートたけし“ラッスンいじめ”に込められた8.6秒バズーカーへの思い

日刊サイゾー / 2015年05月05日12時00分

「理想は『そんなの関係ねぇ!』で大ブレークしたあとも、しぶとく生き残っている小島よしおさんでしょうね。彼も元来の性格のよさから、先輩にかわいがられている」とは、ある放送作家。大先輩の“ラッスンいじり”を2人はモノにできるか――。 [全文を読む]

小島よしお 「そんなの関係ねぇ!」はクラブでの一発芸だった

NEWSポストセブン / 2014年06月03日07時00分

海パン一丁でムキムキの体を揺らし、軽快なリズムに合わせて「そんなの関係ねぇ!」と連呼するギャグでおなじみ、小島よしお(33才)。大好評シリーズ企画「転機」の今回は、一度見たら忘れられない異色のインパクトを放つ、小島に直撃! 大学時代のデビューからブームを呼んだあのギャグの誕生エピソードまでを聞いた。――早稲田大学時代に芸人を目指されたそうですね。小島:そう [全文を読む]

上司を気持ち良くさせる「必殺ワード」と「正しい太鼓の持ち方」

AOLニュース / 2013年11月24日00時47分

サバンナの高橋をはじめ、たむけん、ブラマヨ小杉、小島よしお、ミサイルマン西代、安田大サーカス団長、アンバランス山本......、彼らに共通するものは? サバンナ公式HP 彼らは、人気テレビ番組『アメトーーク』で、「太鼓持ち芸人」として登場した面々。そもそも太鼓持ちとは、①宴会に出て客の遊びに興を添えることを職業とする男性。幇間(ほうかん)。②人にへつらって [全文を読む]

フォーカス