ホンダ 日産自動車に関するニュース

【自動車メーカーに関するアンケート調査】将来性を感じる自動車メーカー、4位の「スバル」は2011年調査時より増加。トップ3は減少

PR TIMES / 2014年04月16日09時53分

【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18811/──<< TOPICS >>────────────────────────────────■いずれのイメージも「トヨタ」「ホンダ」「日産」がトップ3、4位に「スバル」がつける。最も乗ってみたいメーカーでは「BMW」が4位■『将来性を感じる』では「スバル」が [全文を読む]

[遠藤功治]【配当性向はダントツでも利益は低水準】~大手自動車会社の決算と今後の課題 日産自動車 1~

Japan In-depth / 2015年06月29日11時00分

表(※トップ画像参照)にある通り、日産の利益規模はトヨタ・ホンダに次ぐ3位、規模感はなお大ですが、効率面となると他社に比べ劣る項目が数多いことに気がつきます。まずは営業利益率、5.2%とホンダと並んで7社中下から2番目です。トヨタの半分、富士重工業の約3分の1、マツダやスズキよりも下、というのは何とも残念な数値です。また、2015年3月期の純利益を過去のピ [全文を読む]

次世代自動車FCV、トヨタとホンダでここが違う

FUTURUS / 2014年11月26日11時55分

こうしたクルマの外部への電力供給機能は、つい最近に発表されたトヨタとホンダの燃料電池車(FCV)にも備わっている。というか、外部への電力供給能力に関して言えば、FCVの能力は非常に高い。なんといっても、燃料電池とは、水素から発電するシステムのこと。いわば、燃料電池車(FCV)は動く発電所のようなものだからだ。 ■ ケタ違いの発電能力 燃料電池車(FCV) [全文を読む]

打倒アクア?日産自動車30年ぶりの快挙「ノートe-POWER」の企画書

プレジデントオンライン / 2017年02月01日09時15分

ここ数年の推移で見ると、車名別ランキングの首位争いは、トヨタのプリウス&アクア、ホンダのフィットというハイブリッドカーの間で争われており、2015年の夏からこれに3列シートのトヨタ・シエンタが加わった。この間、ノートもずっと善戦しており、e-POWERが出る前にも、トップグループに続き5番手を定位置としてきた。もともと市場からの評価は高かったクルマである。 [全文を読む]

東京モーターショー直前「今年は部品メーカーに見所」と識者

NEWSポストセブン / 2015年10月28日07時00分

カーマニアの間では、早くもトヨタ自動車の小型試作車『S―FR』、ホンダが11年ぶりに復活させる新型『NSX』、マツダの『スポーツコンセプト』といったスポーツカーに期待する声が高まっているが、モーターショーの醍醐味は何も派手なモデル鑑賞ばかりではない。「いま、自動車業界は厳しい環境規制に対応した最新エコカーの開発や燃費競争、自動運転システムなどをめぐる未知 [全文を読む]

「日本一速い男」が50年越しの夢・ロードレーサーに挑戦!

clicccar / 2017年03月17日16時33分

3月4・5日の2日間に渡って鈴鹿で開催された「モータースポーツファン感謝デー2017」のイベント・メニュー「HONDA ロードレースの源流」では、世界中のロードレースで活躍する日本製レーシングバイクの先駆けとなった、ホンダの世界グランプリ参戦マシン3台が蘇り、サーキットで快音を響かせました。 往年のマシン「RC166」には星野一義氏(69)、「RC164」 [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2015トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2016年05月30日11時00分

http://www.patentresult.co.jp/news/2016/05/fcitcar.html<<特許・技術調査レポートについて>>http://www.patentresult.co.jp/report/index.html<<特許分析セミナー情報>>http://www.patentresult.co.jp/seminar/<< 本件に [全文を読む]

タカタ、経営危機と債務超過の現実味高まる 業績悪化、底なしの制裁金&損害賠償地獄…

Business Journal / 2015年12月03日06時00分

タカタの大株主であり、最も頼りとする本田技研工業(ホンダ)が、タカタが現在製造しているエアバッグインフレーター(ガス発生装置)の使用を取り止めることを表明すると、日産自動車、トヨタ自動車、マツダ、富士重工業のほか、海外ではフォード・モーターもタカタ製インフレーターの使用を取り止める方針を表明した。タカタの本業の業績は順調に推移してきたが、今後エアバッグ関連 [全文を読む]

リスクモンスター、第2回「100年後も生き残れると思う日本企業」のアンケート調査結果を発表

@Press / 2015年07月31日10時30分

次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」が3位となり、以下「東海旅客鉄道(JR東海)」、「パナソニック」、「日産自動車」、「日立製作所」、と続きました。(図表A)業種としては、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業(ホンダ)、日産自動車)、電気機器製造業3社(パナソニック、日立製作所、キヤノン)、飲食料品製造業4社(味 [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2014トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2015年05月25日12時00分

http://www.patentresult.co.jp/news/2015/05/fcitcar.html <<特許・技術調査レポートについて>>http://www.patentresult.co.jp/report/index.html <<特許分析セミナー情報>>http://www.patentresult.co.jp/seminar/ << [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2014トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2015年05月25日12時00分

http://www.patentresult.co.jp/news/2015/05/fcitcar.html <<特許・技術調査レポートについて>>http://www.patentresult.co.jp/report/index.html <<特許分析セミナー情報>>http://www.patentresult.co.jp/seminar/ << [全文を読む]

第1回「100年後も生き残ると思う日本企業」調査結果を発表

@Press / 2014年07月07日09時30分

次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位(同22.7%)、「日産自動車」が3位(同18.0%)となり、以下「パナソニック」(同15.3%)、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」(同14.9%)、「日立製作所」(同14.2%)、「東海旅客鉄道(JR東海)」(同13.9%)と続きました。(図表A)業種としては、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業(ホンダ)、 [全文を読む]

燃料電池車、実用化に向け加速する自動車業界の舞台裏〜トヨタ・ホンダ先行、日産の誤算

Business Journal / 2013年08月16日07時00分

ホンダは米GMと燃料電池車(FCV)の開発で提携した。FCVの実用化に向けて、世界の自動車メーカーの合従連衡が一気に進んだ。 ホンダとGMは燃料電池関連の特許出願数で世界トップクラスを誇り、強力なタッグチームといえよう。GMは電池の化学反応の分野、ホンダは電池のコンパクトな設計などで強みを発揮している。 ホンダは2015年に発売する燃料電池車に、提携したG [全文を読む]

軽自動車好調の陰で、部品メーカー収益悪化のワケ 安値受注、追いつかぬ原価低減…

Business Journal / 2013年05月17日07時00分

特に影響が深刻なのはホンダ系部品メーカーだ。ホンダは3年前、長らく“放置”してきた軽自動車事業の再強化を宣言。実際、その後に発売された「エヌボックス」「ライフ」などの販売は絶好調だ。しかし、軽自動車用の部品は単価が安いうえ、日本独自の規格とあって海外展開もしにくい。とはいえ、先細る国内生産を維持するため受注せざるを得ず、部品メーカーは“豊作貧乏”に危機感を [全文を読む]

ホンダ「シビック」日本復活の意義とこだわり 7月に登場する10代目は何がスゴいか

東洋経済オンライン / 2017年05月31日17時00分

7年前、ホンダが「シビック」の日本仕様を8代目限りで終了し、9代目は原則として日本国内向けには販売しないと聞いたとき、「やっぱり、そうなったか」と率直に思った。「カリーナ」「コロナ」(トヨタ自動車)、「サニー」「ブルーバード」(日産自動車)、「ファミリア」(マツダ)、「ギャラン」(三菱自動車)――。30~40代以上のクルマ好きなら、これらの名前を知っている [全文を読む]

トランプ米国、世界の自動車産業を破壊…経営計画白紙化、ホンダと日産は一部で輸出激減

Business Journal / 2017年03月24日06時00分

米フォード・モーターや本田技研工業(ホンダ)は生産・輸出台数を減らした。 フォードの生産台数は前年同期比41.2%減、輸出台数は44.2%減と大幅に減少した。フォードは米国での雇用を奪われるというトランプ氏の批判を受け、いち早くメキシコでの新工場計画を取り消した。米国に生産拠点を集約するためメキシコ工場の生産を縮小しており、今後、メキシコから撤退するのでは [全文を読む]

第3回「100年後も生き残ると思う日本企業」調査 上位4社は自動車2社と鉄道2社で昨年と同じ企業に!

@Press / 2016年09月30日13時30分

次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位(同14.2%)、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」が3位(同13.5%)となり、以下「東海旅客鉄道(JR東海)」(同12.4%)、「日清食品」(同12.3%)、「日産自動車」(同11.6%)、「味の素」(同11.0%)と続きました。(図表A)業種では、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業(ホンダ)、日産自動車) [全文を読む]

第2回「世界に誇れる日本企業」調査結果を発表

@Press / 2014年04月28日11時30分

次いで「ソニー」が2位(同40.6%)、「本田技研工業(ホンダ)」が3位(同40.5%)となり、以下「パナソニック」(同36.6%)、「日産自動車」(同31.1%)、「キヤノン」(同29.0%)、「任天堂」(同26.5%)と続きました。(図表A)業種としては、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車)、電気機器製造業7社(ソニー、パナソニッ [全文を読む]

【自動車メーカー】特許資産規模ランキング、トップ3はトヨタ、ホンダ、日産

DreamNews / 2016年10月27日14時00分

http://www.patentresult.co.jp/news/2016/10/automobile.html<<特許分析セミナー情報>>http://www.patentresult.co.jp/seminar/<< 本件に関するお問い合せ先 >>株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループTel:03-5835-5644、Fax:03-58 [全文を読む]

内部留保額でわかった「利益を貯めこみ過ぎ企業」トップ10

NEWSポストセブン / 2016年09月06日07時00分

1位 トヨタ自動車 16兆7942億4000万円 2位 三菱UFJフィナンシャル・グループ 8兆5875億7800万円 3位 ホンダ 6兆1943億1100万円 4位 NTT 5兆742億3400万円 5位 三井住友フィナンシャルグループ 4兆5344億7200万円 6位 NTTドコモ 4兆4130億3000万円 7位 日産自動車 4兆1507億4000 [全文を読む]

フォーカス