クルマ 日産自動車に関するニュース

日産自動車、三菱自動車とNMKV、協業による新型軽自動車のオフライン式を実施

JCN Newswire / 2013年05月20日18時20分

当該車両は、日産自動車と三菱自動車の合弁会社であるNMKVがクルマづくりの各分野で両社の強みを融合するという、従来のOEMとは異なるまったく新しいアプローチにより生まれた車です。両社出身者で構成されるNMKVで創りあげた商品コンセプトに、両社で異なるデザインテイストを織り込み、日産自動車、三菱自動車それぞれのブランドアイデンティティを実現しました。また、両 [全文を読む]

打倒アクア?日産自動車30年ぶりの快挙「ノートe-POWER」の企画書

プレジデントオンライン / 2017年02月01日09時15分

つまり従来のノートで「唯一無二の動力源としてクルマの全ての走りをまかなってきた」HR12型エンジンは、発電動力としてしか使わない。こうした「エンジンは発電、モーターは駆動」という役割分担型ハイブリッドをシリーズ型と呼ぶ。ノートe-POWERは国内初のシリーズ型ハイブリッドとしてデビューした。 余談だが、プリウスのように「エンジンもモーターもタイヤを駆動する [全文を読む]

やっぱりクルマは恋愛に効く! 女性の約6割が「ドライブデートで男性に恋した経験あり」

PR TIMES / 2012年12月13日19時36分

~「クルマ×恋愛」に関する実態調査~ なんと女性の3人に1人がドライブ中のキスを求めている! クルマ男子にはまだまだモテ度アップの秘訣が! 日産自動車株式会社は、ソーシャルメディアプロジェクト『にっちゃん』にて公開中の企画「検証!クルマで人はモテるのか?」の一環として、「『クルマ×恋愛』に関する実態調査」を実施いたしました。日産自動車株式会社(本社:神奈川 [全文を読む]

日産自と三菱自とNMKV、次期型軽自動車の企画・開発で基本合意

JCN Newswire / 2015年10月16日15時32分

これを機に、より一層、この協業事業を発展させ、両社のノウハウを結集して商品並びに商品ラインアップの充実を図り、お客様に魅力的なクルマをお届けしたいと思います。」また、三菱自動車社長兼COOの相川哲郎は、「三菱自動車にとって軽自動車は、国内販売の過半数を占める重要セグメントであり、今後もNMKVを通して両社の強みを融合し、魅力のある商品を市場に投入して行きま [全文を読む]

放送作家 鈴木おさむが「恋愛×クルマ」のガチ検証実験を企画 『検証!クルマで人はモテるのか?』

PR TIMES / 2012年12月07日11時52分

日産ソーシャルメディアプロジェクト『にっちゃん』企画の第4弾 12月7日(金)より日産自動車facebookページ及び日産ソーシャルサイト内にて動画を公開 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロスゴーン、以下:日産自動車)は、ソーシャルメディアプロジェクト『にっちゃん』にて、鈴木おさむ編集長によるワクワク企画の第4弾「検証!クルマで人は [全文を読む]

自動運転技術、いつ乗るの!?今でしょ!

@Press / 2016年08月03日15時00分

2016年8月1日(月)、六本木アカデミーヒルズにおいて、自動運転技術がもたらす新しいクルマ社会について紹介する朝日新聞メディアラボ主催の公開シンポジウムが開催されました。自動運転技術のリーディングカンパニーである日産自動車からは常務執行役員・安徳光郎(あんとく みつろう)氏、そして交通心理学の実践女子大学 人間社会学部 教授 松浦常夫(まつうら つねお) [全文を読む]

【比較試乗】GT-R 対 Zニスモ…日産スポーツカーの両雄、それぞれの個性を問う

&GP / 2017年04月22日12時00分

クルマ好きが集まると「日本車ってスポーツモデルが少ないし、メーカーも元気ないよね…」という話になることがあります。 「うんうん…」なんて、つられそうになりますが、そこで必ずツッコミを入れることになるのです。「ちょっと待て。トヨタも『86』やマツダ『ロードスター』、日産の『GT-R』や『フェアレディZ』もあるだろ?」と。 GT-Rといえば、今や世界的なスーパ [全文を読む]

三菱自、人事異動を発表

JCN Newswire / 2017年03月24日15時26分

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型 [全文を読む]

走る、寝る、休む…すべて万能な1BOX型キャンピングカー6選

&GP / 2017年02月22日07時00分

キャンピングカーはなんとなく「室内で寝られて炊事もできるクルマ」とひとくくりにしてしまいがち。ところがキャンピングカーにはいろいろなジャンルがあり、ベースとなるクルマも変わってきます。ここで、人気の2タイプを紹介しましょう。 ▼キャブコンバージョン(キャブコン) キャビンの後ろにキャンピングカーとしての居住スペースを架装したタイプ。一般的にトヨタカムロード [全文を読む]

日産、銀座に新たな情報発信拠点「NISSAN CROSSING」を9月24日にオープン

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年09月23日20時00分

全館リニューアルしたGINZA PLACEの1、2階に位置するNISSAN CROSSINGは、新たな銀座のランドマークとし、クルマとヒトと社会との新しい関係を体験できる、『ニッサン インテリジェント モビリティ』の発信拠点で、 最先端テクノロジーを搭載したクルマの展示、センターステージでのプレゼンテーションや、大型タッチスクリーンより様々な情報発信を行 [全文を読む]

吉田由美の眼★マツダのZoom-Zoomな香水、Soul of Motionを体験

&GP / 2016年08月16日18時30分

日々、クルマの楽しさを人々に伝えている人気カーライフ・エッセイストは“マツダの香り”をどのように評価するのでしょうか? このところ、おしゃれな自動車メーカーというイメージが高まっているマツダ。鮮やかでツヤのあるマツダのイメージカラー“ソウルレッド”は、今シーズン絶好調のプロ野球・広島東洋カープと同じ色という相乗効果もあって、国内外で大人気。 それに加え、 [全文を読む]

三菱自、新型軽自動車『eKワゴン』『eKカスタム』を発売

JCN Newswire / 2013年06月06日18時00分

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型 [全文を読む]

クルマのカタログ燃費 なぜ誇大表示がまかり通ってきたのか

NEWSポストセブン / 2016年05月24日07時00分

三菱自動車、スズキと相次いで発覚したクルマの燃費不正。〈各メーカーがクルマのパンフレットに載せる“カタログ燃費”より、実際に走行した場合の“実燃費”は平均2割悪くなる〉──日本自動車工業会も冊子でこんな数値を示すほど、いまやカタログ燃費はアテにならないデータとして業界内では周知の事実となっていた。 しかし、なぜユーザーを欺くような燃費表示が長らくまかり通っ [全文を読む]

アストンマーティンCEOとしてアンディ・パーマー氏が語った未来とは?

clicccar / 2015年03月07日20時33分

アンディ・パーマー氏と言えば、元日産自動車の副社長で開発中のクルマのステアリングを自ら握る“カーガイ”としても知られています。そんなアンディ・パーマー氏は記者会見の会場で、アストンマーティンの日本日本法人設立に至った経緯やアストンマーティンの将来の展望などについて語ってくれました。 日本法人設立に加えてシンガポールにも新たな拠点を開設し、アジア・パシフィ [全文を読む]

10ベスト車の解説・評価付き! 2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー決定! 11月29日、東京お台場のダイバーシティ東京プラザに10ベストカーが集結! 最終選考発表会開催!! 【特集・コラム:イベント・モーターショー】

CORISM / 2012年11月16日14時14分

今年ナンバー1のクルマは何か? この10台から選ばる! 日本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考会 11月6日に、2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤーを決定する第一次選考会が開催され、全30台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」が選出された。 この中から、11月21日に「10ベストカー試乗選考会、イヤーカー投票(富士ス [全文を読む]

日産ソーシャルメディアプロジェクト『にっちゃん』企画の第2弾 放送作家 鈴木おさむ自らが何と総額1000万円自腹でお買い上げ! 「究極の事務所カー」完成!その全貌を公開!!

PR TIMES / 2012年11月15日16時27分

本企画は、「超快適で、事務所として使えるクルマがほしい」という鈴木おさむ編集長のクルマに関する究極のこだわりを実現する企画です。多くの芸能関係者が移動時に使用するクルマと言えば日産エルグランド。このエルグランドを芸能人にとっての「夢のクルマ」にするため、鈴木おさむ編集長の様々な意見や要望をもとに改造いたしました。そしてついに、総額10,853,970円の「 [全文を読む]

日産、主力コンパクトカー「ノート」を九州工場に移管。輸入部品率45%でも国内生産死守! 円高で産業の空洞化、超絶加速中!【松下 宏コラム】 【特集・コラム:ビジネス・経済】

CORISM / 2012年09月05日14時14分

工場のライン脇で開催された発表会では、工場のメンバーが運転するクルマに開発関係者や役員が乗ったクルマが次々に登場し、最後に登場した志賀COOが九州工場で生産することの意義を語った。 その後、生産現場のスタッフや九州地区のディーラーから参加した営業マンなどが、それぞれに決意表明をするなどのセレモニーが用意されていた。 日産自動車九州では、効率化・自動化が徹 [全文を読む]

13年後に期待!新型「セレナ」自動運転は、まだ発展途上

しらべぇ / 2016年07月23日11時00分

©pixabay日産自動車がこの夏、自動運転技術「プロパイロット」を搭載したクルマを発売する。国内自動車メーカーとしては初で、 搭載されるのは人気のミニバン「セレナ」。同社が開発した自動運転技術「プロパイロット」とはどんな技術なのだろうか。■高速道路と渋滞時に威力を発揮同社によると「プロパイロット」は、高速道路の単一車線上で有効な自動運転技術。フロントグラ [全文を読む]

日産自動車がインスタグラム公式アカウント開設 第1弾企画は、クルマメーカーなのにクルマの画像がない?総計36枚の“世界一四角い”アカウント『#CubeInCube』

PR TIMES / 2016年07月15日11時47分

今後もこれまで以上に、特に女性や若年層の方々に向けて、写真や動画を駆使して“クルマやそれを取り巻くカーライフの楽しさ”を発信すべく、インスタグラムにおいても公式アカウントを開設することとなりました。※2016年7月13日時点■ 第1弾コンセプトは『#CubeInCube(キューブ イン キューブ)』人気車種「CUBE」のフォルムをイメージした、総計36枚の [全文を読む]

日産自動車、赤ちゃんのためのドライブミュージックを無料配信

PR TIMES / 2016年03月07日15時31分

クルマの中は、密閉空間で外部から高い音が入りにくく、また逆にドライブノイズは低い周波数なので、5,000ヘルツ以上を中心に作曲したこの楽曲の高音を引き立てる効果があります。「ココニイルヨ」は始めに高い周波数の音で赤ちゃんの興味を引き、その後徐々に周波数を下げることで赤ちゃんを落ち着かせ、時間をかけて泣いている状態を沈静化する楽曲です。また、「パピプペポロリ [全文を読む]

フォーカス