お笑い 大久保佳代子に関するニュース

テリー伊藤対談「大久保佳代子」(2)大学で初めて男ができた?

アサ芸プラス / 2014年07月23日09時58分

テリー 初めは、いったい何がきっかけでお笑い芸人になろうと思ったの? 大久保 それが、芸人になろうとは思っていなかったんです。ビートたけしさんが大好きだったんですけど、お笑いっていう職業をリスペクトしすぎていて、まさか自分がなるなんて思っていなかった。ただ、大学で光浦(靖子)さんのお笑いサークルに誘われて。 テリー 光浦は高校からの友達なんだっけ。でも、大 [全文を読む]

東京芸人がすがりつく「ヒットメーカー」の心眼

アサ芸プラス / 2012年11月27日10時00分

「役者志望の光浦靖子にお笑い転身を説得した」 芸歴30年以上、東京の若手お笑い芸人たちに多くの影響を与え、そしてリスペクトを受けているベテラン、ぶっちゃあ(57)、リッキー(54)のブッチャーブラザーズ。名伯楽2人による若手育成法がこれだ。 * ──人気番組「笑ってる場合ですよ」で鮮烈なデビューを果たした2人。当時と現在のお笑い界の状況はずいぶんと変わって [全文を読む]

お笑いコンビ「オアシズ」大久保佳代子の卒業アルバムが流出!

秒刊SUNDAY / 2014年01月06日00時46分

人気お笑いコンビ「オアシズ」として現在ブレイク中である「大久保佳代子」さんの卒業アルバムらしきものがツイッター上で流出していることが分かった。名前はそのまま「大久保佳代子」と記載されており、顔もそのまま「大久保佳代子」である。なんと高校時代から顔も名前も「大久保佳代子」であり現在に至るまで全く変貌を遂げていないある意味めずらしい女性だ。 母さんの卒アルに大 [全文を読む]

お笑い評論家・ラリー遠田の『2013年お笑い総決算!』【賞レース編】

日刊サイゾー / 2013年12月31日11時00分

2013年のお笑い界をさまざまな観点から振り返っていきたい。まずは2013年のお笑い賞レース戦線についてまとめてみよう。この1年に行われた、主なお笑い賞レースの結果を以下に列挙する。 【1月】『ABCお笑いグランプリ』優勝:ジャルジャル 【2月】『R-1ぐらんぷり』優勝:三浦マイルド 【3月】『NHK上方漫才コンテスト』優勝:ウーマンラッシュアワー 『オン [全文を読む]

視聴率レースはトップなのに……『女芸人No.1決定戦』に見る日本テレビの“焦り”

日刊サイゾー / 2017年09月08日07時00分

なぜ、わざわざ“女”に限定したお笑いの大会が生まれたのか? 『THE W』は、プロ、アマ、所属事務所の有無、芸歴、人数、年齢などを一切問わず、“この世で一番オモシロイ女性”を決める祭典(HPより)。縛りはただ1つ「女性であること」で、10月12日までエントリーを受け付け、1回戦、2回戦、準決勝が10月から11月にかけて行われ、12月に決勝戦の模様が生放送さ [全文を読む]

女芸人が女を捨てたら、誰も笑ってくれない ラリー遠田が語る、笑いと女性差別

ウートピ / 2016年03月16日15時00分

テレビに映し出される「お笑い」の世界。その中で起こることが、たびたび議論を巻き起こしています。たとえば昨年、アジアンの隅田美保さんがバラエティ休業宣言をしました。婚活を理由にバラエティ番組への出演を休止するという宣言で、理由は「ブスいじり」に納得いかなかったからとも伝えられています。この宣言を支持する意見がある一方で、「芸人ならばいじられてなんぼ」「むしろ [全文を読む]

ベルシステム24の創立記念日である9月20日を日本記念日協会が「コンタクトセンターの日」として認定。タレントの大久保佳代子さんが「コンタクトセンター親善大使」に就任

@Press / 2017年09月20日14時00分

大久保佳代子さんご自身も、タレント活動の初期段階を含め10年以上にわたり、当社コンタクトセンターで活躍され、お笑いの仕事との両立を実現されたという経歴を持っています。 大久保さんはコンタクトセンター親善大使就任にあたり、当時を振り返りながら「働きながら育児をするママや、芸人を目指す若者などがいて、ライフスタイルにあわせた働き方をしていました。ステップアップ [全文を読む]

ベルシステム24出身、同世代の女性を中心に幅広く支持を受けるオアシズ 大久保佳代子さんの連載コンテンツを開始

@Press / 2016年10月26日11時00分

株式会社ベルシステム24(本社:東京都中央区、代表取締役 柘植 一郎、以下:当社)は、2016年10月21日より、同世代の女性を中心に幅広く支持を受け、女性お笑い芸人として活躍する一方で、当社コールセンターにおいて10年以上にわたり活躍された、タレントのオアシズ大久保佳代子(おおくぼかよこ)さんを起用し、「伝説のOL時代」や、短時間・シフト勤務などを上手に [全文を読む]

大久保佳代子、芸人人生の下地を作った「山田邦子と同じサークル」

アサ芸プラス / 2015年05月19日17時59分

その彼女が相方の光浦靖子とコンビを組み、初めてお笑いの舞台に立ったのは、大学のサークルだった。 92年、千葉大学に入学した大久保は、高校の同級生で東京外国語大学に通う光浦と早稲田大学のお笑いサークル「寄席演芸研究会」に入部し、オアシズを結成する。当時、同研究会に所属していた男性が証言する。「大久保さんは20年前からノリが変わっていませんね。当時の寄席演芸 [全文を読む]

お笑い評論家・ラリー遠田の2013年お笑い総決算!【勝手に表彰編01】

日刊サイゾー / 2013年12月31日15時00分

2013年のお笑い界をさまざまな角度から振り返っていきたい。この記事では、1年間で特に印象的だった芸人や企画を取り上げて、勝手に表彰してみることにしよう。 まずは、芸歴を重ねた末に大ブレイクを成し遂げた芸人に贈られる「ベテラン芸人賞」。この部門では「ぺっこり45度」「ぱっくりピスタチオ」などの持ちギャグで知られるずんの飯尾和樹なども捨てがたいが、やはり一番 [全文を読む]

大久保佳代子大ブレイクで危惧される、「オアシズのコンビ仲」の真相

サイゾーウーマン / 2013年08月18日13時00分

今年、大ブレイクを果たした女芸人といえば、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子だろう。4月には冠番組を一気に3つも担当するなど、バラエティ番組になくてはならない存在に成長した。しかし、そこでクローズアップされるのは、相方・光浦靖子との関係性である。コンビ間の人気に格差が生じることにより、仲違いを起こして解散ということは、お笑い業界では珍しくない。 幼なじみ [全文を読む]

これがニッポンの「隠れた大きな胸を持つ美女」(4)<お笑い・ものまね編>綾瀬はるかクリソツの沙羅に注目

アサ芸プラス / 2017年06月06日12時57分

綾瀬さんと同じFカップありますので、いつか番組で共演できたらいいなと思います」(沙羅) 何ならアサ芸で「なんちゃってグラビア」もいかが? [全文を読む]

トレエン斎藤、大久保佳代子、ヒロミ…「バカ売れ芸人」の月収がスゴい!

アサジョ / 2017年05月23日07時15分

お笑い事情に詳しいライターが言う。「斎藤の場合は、2015年の“M-1グランプリ”で優勝して以降、月収を聞かれると素直に答えるというノリができあがりました。M-1特需で翌16年の1月には夢の100万円超えをはたし、4月には800万円、7月は300万円。その年のCM出演本数がトータル14本になったことで、今年1月には最高月収が1015万円になったと明かしてい [全文を読む]

芸人番付1位「バナナマン設楽統」の年間番組出演数は556本

WEB女性自身 / 2016年03月23日06時00分

50歳以下のお笑い芸人の2015年(1月~12月)のテレビ番組出演本数を調べ、ベスト30を選出した。すると、全タレントの出演本数では、TOKIOの国分太一(653本)が2年連続でトップとなったものの、続く2〜4位は芸人が占めた。 その頂点に立ったのがバナナマン・設楽統(42歳・556本)。2012年、2013年は全タレントのなかでトップの出演本数であり、2 [全文を読む]

お笑いは覚悟を決めた人だけ残っていく世界 バブルネタの平野ノラが30歳過ぎて芸人になれた理由

ウートピ / 2015年08月11日15時00分

30歳を超えて芸人の道を進み始めた平野さんに、養成所に通い始めた経緯や、お笑いという夢を叶えた現在について伺った。お笑いをやりたくて葛藤していた20代、結婚を断って養成所へ――お笑いの養成所に入るまでの経緯を教えてください。平野ノラさん(以下、平野):23歳くらいの時からお笑いはやりたいと思っていて、相方が見つからないまま1人でワタナベのライブのオーディシ [全文を読む]

笑いと感動の両取りを狙った「めちゃイケ」大久保佳代子の27時間マラソンは中途半端

メディアゴン / 2015年08月10日10時22分

2004年の加藤マラソンは基本的にお笑いが志向されていたが、2011年の矢部マラソンは何がやりたいのかよく分からなかった。矢部マラソンの反省を活かして軌道修正をしてほしかったが、今回の大久保マラソンも中途半端に終わってしまった。具体的な話をする。27時間テレビにおけるマラソンは、基本的に他の企画の合間合間に中継が入るという形で放映されている。今回の大久保マ [全文を読む]

いとうあさこ 大久保佳代子と早いうちに老人ホーム入る計画

NEWSポストセブン / 2015年06月12日16時00分

ずっと憧れていたお笑いの仕事でお金を頂戴して、おいしいお酒を飲める今、自分は決して不幸ではないと思います。でも幸せかというと…。「結婚すると寿命が8年長くなる」って言うし、お互いに気遣える相手がいるとたしかに安心ですよね。私は結婚経験がないので、「結婚=幸せ」かどうかはわかりません。 老後の心配はしています。結婚していなくても、最期の瞬間に思いを寄せる異 [全文を読む]

テリー伊藤対談「光浦靖子」(1)“ブス差別”の話が初めてウケた

アサ芸プラス / 2015年04月09日09時56分

幼なじみであった大久保佳代子と、大学時代にお笑いコンビ「オアシズ」を結成し、デビュー。メガネ毒舌キャラとして一躍人気を博し、バラエティ番組に多数レギュラー出演。手芸はプロ級の腕前で、「ブッス!! 手芸部」という手芸集団の部長としても活躍。近著に人生相談エッセイ「お前より私のほうが繊細だぞ!」(幻冬舎文庫)。 毒づいた物言いと態度で強烈なインパクトを放ち、元 [全文を読む]

ファンの声援で胸の大きさも元通り! 復調した麻美ゆまの私生活はガンプラで女子力もアップ

週プレNEWS / 2015年03月07日19時30分

―では、今後やっていきたい活動などは? ゆまちん 5月にソロCDを発売するんですよっ! ―リズムネタですか? ゆまちん 違うっ! お笑いじゃない。自分で詩を書いて、作曲して、私が本気で音楽に取り組んだ作品なんです。でも、作曲はほとんど鼻歌だけどねぇ~(笑)。 今は詩を書いていますけど、本当に恥ずかしすぎる! ラブレターを徹夜で書いて、翌朝読み返したら地下 [全文を読む]

恐怖の女芸人会 主催・小川菜摘の逆鱗に触れ大久保干される

NEWSポストセブン / 2014年08月08日16時00分

「特に小川さんはお笑い界で力を持つ浜田さんの奥さんですからね。みんな、仕事への影響力が強いと感じているようです。実際、最近、ニッチェはダウンタウンの番組に呼ばれる機会が増えていますからね。もしかしたら小川さんが浜田さんに口添えしたのかもしれませんよ」(お笑い関係者) 来年は誰が女子芸人会から消えることになるのでしょうか⁉ ※女性セブン2014年8月21・ [全文を読む]

フォーカス