推薦 佐藤優に関するニュース

「週刊文春」掲載人気企画 『認知症予防最前線』『あの戦争を知るために今こそ読むべき本はこれだ!』電子オリジナル作品、二冊同時配信開始!

@Press / 2015年06月09日15時30分

明日のために読むべし!【目次】『認知症予防最前線』・「5人に1人が認知症」10年後の現実にこう備えよ・認知症予防 年代別症状別決定版・認知症予防は「歯が命」『あの戦争を知るために今こそ読むべき本はこれだ!』・半藤一利×佐藤優初対談「今こそ読むべき14冊はこれだ」・戦争文学 悲惨な体験が書かせた傑作群 推薦者 浅田次郎・天皇 戦勝にこだわった皇太后 推薦[全文を読む]

佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)推薦!!時間を征する者が人生の成功をつかむ!新刊書籍『自分の時間』(著者:アーノルド・ベネット/訳・解説:渡部昇一)5月11日(水)発売!

DreamNews / 2016年05月13日16時00分

佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)推薦「時間を征する者が人生の成功をつかむ。ベネットがこの本ですすめる方法をいくつか実践するだけで、あなたの人生は確実に変わる」◆目次序文 いつの時代にでも活用できる知恵 まえがき 大切な「あなただけの時間」をどうやってつくりだすか? 第1章 この考え方が1日1日に奇跡をもたらす第2章 もっと知的好奇心に満ちた生活をつくろ [全文を読む]

民主と決別し新党大地が自民と組む? 裏切り者だ!批判に当事者・鈴木宗男が真意を語る

週プレNEWS / 2016年03月21日06時00分

民主党道連代表の横路孝弘さんは彼のことが大嫌いだったんですが、私がなんとか口説いて推薦をいただいたんです。 それが、選挙前の2月頃に佐藤と共産党が裏でくっついているという話が出てきて、共産党も佐藤支持についた。そこで私は手を引きました。結果は自公推薦の現職・高橋はるみさんに35万票差で惨敗。共産党がついたことで、保守票が逃げたんです。実際、札幌市長選は共産 [全文を読む]

島尻新沖縄担当相に佐藤優が「存在自体が日本の恥」「吐き気をもよおす」と激怒! その理由とは?

リテラ / 2015年10月10日22時00分

島尻氏は2004年の参院選沖縄選挙区に無所属(自公推薦)で出馬・初当選後、自民党に入党。安倍首相が目玉として掲げる「女性の活躍推進」のひとりとして当選2回でありながら起用された。 中央メディアでは「地元選出の議員だから」という認識しかされていない島尻氏だが、県民の8割が普天間基地の辺野古移設反対と答えている沖縄では彼女への不信感はすこぶる根強い。 たとえ [全文を読む]

各メディアで活躍する気鋭の論客・金惠京(キム・ヘギョン)が、美しい言葉と論理構成で日韓関係を読み解く評論集『柔らかな海峡 日本・韓国 和解への道』、集英社インターナショナルより11/26(木)発売!

DreamNews / 2015年11月20日16時00分

【カバー推薦文】佐藤優氏「金惠京氏の評論が優れているのは、韓国、日本、国際社会という3つの視座に立つからだ。」姜尚中氏「諍(いさか)いの海峡を宥和の海峡に。一衣帯水の日韓の新しい未来が見えて来る。」『柔らかな海峡 日本・韓国 和解への道』2015年11月26日(木)発売発行:集英社インターナショナル 発売:集英社四六判 略フランス装 208ページ定価:本体 [全文を読む]

角川文庫、夏のフェアは「バケモノの子」とのコラボ!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月18日18時00分

●各界の著名人からイチオシ推薦コメントも多数! 爆笑問題・太田光からは黒川博行『疫病神』、作家・西加奈子からはパウロ・コエーリョ『アルケミスト 夢を旅した少年』、プロボクサー・村田諒太からはTVドラマ化が決定した豊田正義『妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻』。そのほかにも乙武洋匡、佐藤優、春香クリスティーン、友近から素敵な推薦文が届いている。詳しく [全文を読む]

【書評】世界中の一流人が100年以上支持し続ける、人生の質を上げる本

まぐまぐニュース! / 2016年06月22日03時10分

渡部昇一さんが訳・解説を担当し、佐藤優さんが推薦しているということで、ついつい手に取ってしまいますが(笑)、だまされる価値は十分ある本です。 この『自分の時間 1日24時間でどう生きるか』は、20世紀のイギリスを代表する作家、アーノルド・ベネットによる作品で、およそ100年前に出されたもの。 訳者・渡部昇一さんの序文によると、 「時間」について書かれた実 [全文を読む]

甘利氏の収賄疑惑、なぜか動きの鈍い検察と安倍政権の不適切な関係

まぐまぐニュース! / 2016年03月06日20時00分

一時期、共産党推薦の黒田府政が続いたことのある大阪の府知事選を特別に重視したとはいえ、見識のない総理大臣のもとで、検察がまともな仕事をするのがいかに難しいかを示している。 「検察が政界の大物を対象にした捜査をやるときは、必ず総理にお伺いを立てます」(「小沢一郎 政権奪取論」)というのは、検察も行政の一組織である以上、ありうることだ。2009年3月に、小沢一 [全文を読む]

佐藤優さんも推薦! “ネコの生活がすべて”という人へのバイブル『ネコになる本』発売

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月15日17時30分

作家であり、元外務省主任分析官・佐藤優も推薦する『ネコになる本』。きっと人とネコは、今以上に良い関係を築くことができるはず。ネコになった気分で同書を読んでみよう! <掲載内容> 第1章 ネコの性格を知る 毛の色で性格はわかる/種類でも性格は変わる/人になつく・なつかないetc. 第2章 ネコの言葉を知る ネコもしゃべっている/ネコは人の言葉がわかる/スリ [全文を読む]

本日初公判、全国最年少市長・藤井浩人が激白!「『自白しないと美濃加茂市を焼け野原にする』と言われました」

週プレNEWS / 2014年09月17日06時00分

13年6月、前市長の病気による辞職に伴う同市長選に立候補し、自民党推薦の元市副議長を破り、「全国最年少市長」(当時28歳)として就任 ■取材・文/江川紹子(えがわ・しょうこ) 早稲田大学政治経済学部卒業。神奈川新聞社会部記者を経てフリージャーナリストに。新宗教、司法・冤罪の問題などに取り組む。最新刊は聞き手・構成を務めた『私は負けない 「郵便不正事件」はこ [全文を読む]

フォーカス