秋山翔吾 柳田悠岐に関するニュース

【プロ野球】今季の”タイトル外スタッツ王”は?二塁打王、三塁打王らを中間報告

デイリーニュースオンライン / 2016年06月16日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■二塁打王 【セ・リーグ】 山田哲人(ヤクルト) 18本 村田修一(巨人) 鈴木誠也(広島) 16本 【パ・リーグ】 角中勝也(ロッテ) 18本 秋山翔吾(西武) 17本 昨年は山田哲人の39本、秋山翔吾の38本がそれぞれトップだった二塁打王。今季は山田の勢いはそのままに、パ・リーグでは打 [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

■パ・リーグ:野手の裏タイトル獲得者 【二塁打王】 浅村栄斗(西武):40二塁打 秋山翔吾(西武):32二塁打 柳田悠岐(ソフトバンク):31二塁打 昨季は19二塁打に留まった浅村栄斗(西武)が約2倍増で断トツのトップ。秋山翔吾(西武)は2年連続の2位。 【三塁打王】 茂木栄五郎(楽天)/西野真弘(オリックス):7三塁打 藤田一也(楽天)/今宮健太(ソフ [全文を読む]

オリ・駿太が窮地を救うレーザービーム!外野手豊作!?の10年ドラフト組

ベースボールキング / 2017年05月30日06時00分

ソフトバンクが2位で指名した柳田悠岐と、西武が3位で指名した秋山翔吾だ。 柳田は2015年にトリプルスリー(打率.363、34本塁打、32盗塁)を達成し、秋山も同じ年にシーズン最多安打記録を更新(216本)している。 柳田と秋山は大卒入団だが、駿太と同じ高卒入団でも日本ハムから2位指名を受けた智辯和歌山の西川遥輝が主力として活躍。2年目から71試合に出場す [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

■西武≪開幕オーダー≫ 1 中 秋山翔吾 2 左 栗山巧 3 指 メヒア 4 三 中村剛也 5 二 浅村栄斗 6 右 坂田遼 7 一 山川穂高 8 捕 炭谷銀仁朗 9 遊 外崎修汰 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 指 栗山巧 ○ 2 中 秋山翔吾 ○ 3 二 浅村栄斗 ○ 4 一 メヒア ○ 5 右 森友哉 6 三 渡辺直人 7 左 金子侑司 8 捕 炭谷銀 [全文を読む]

【プロ野球】パの”タイトル争い”を里崎智也、駒田徳広、西崎幸広らがガチ予想

デイリーニュースオンライン / 2016年04月04日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! 【打撃タイトル編】 <里崎予想> 打率:中村晃(ソフトバンク) 本塁打&打点:中村剛也(西武) <駒田予想> 打率:秋山翔吾(西武) 本塁打:中村剛也(西武) 打点:中田翔(日本ハム) <西崎予想> 打率:秋山翔吾(西武) 本塁打:中村剛也(西武) 打点:中田翔(日本ハム) <山崎予想> [全文を読む]

西武・秋山はいい人すぎる“ウナギ顔”の庶民派。あまりに真面目!と評判の素顔とは

週プレNEWS / 2015年07月18日06時00分

シーズン日本記録ペースでヒットを量産している西武・秋山翔吾。 連続試合安打の記録更新も注目され、残念ながら途切れたものの、今季、突然変異的に覚醒した“ウナギ顔”のヒットマンの知られざる素顔とは? 入団5年目の今季、打撃が覚醒した秋山。その背景には、劇的な打撃フォーム改造があったといわれている。 「昨年はフォームを試行錯誤して失敗ばかりだったが、今年はキャン [全文を読む]

【プロ野球】ジャクソン(広島)とマテオ(阪神)は916票差!オールスター中間発表・激戦区はここだ!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月27日16時05分

■【パ・リーグ】外野手 1位:秋山翔吾(西武) 42,482票 2位:柳田悠岐(ソフトバンク) 38,091票 3位:近藤健介(日本ハム) 27,012票 4位:T-岡田(オリックス) 26,915票 5位:上林誠知(ソフトバンク) 26,213票 柳田悠岐(ソフトバンク)が復活した影響もあり、3位争いが大混戦。成績では打率4割超の近藤健介(日本ハム)が [全文を読む]

【プロ野球】打って、走って、ガッツポーズ! セ・パ両リーグの“二塁打王”の行方は?

デイリーニュースオンライン / 2016年09月23日16時05分

■パ・リーグはイメージどおりの選手が並ぶ 【パ・リーグ二塁打数ベスト5】1位:浅村栄斗(西武)/38本1位:柳田悠岐(ソフトバンク)/31本3位:秋山翔吾(西武)/30本4位:栗山巧(西武)/29本5位:角中勝也(ロッテ)/28本5位:鈴木大地(ロッテ)/28本(※9月19日現在) パ・リーグは、セ・リーグと違って足もある選手がズラッと並んだ。そんななか [全文を読む]

オールスターゲームのファン投票結果発表!注目は山田と大谷

しらべぇ / 2016年06月28日18時00分

■実力者揃いのパ・リーグ一方のパ・リーグは投手として7勝、野手で打率3割9本塁打の大谷翔平投手を筆頭に、パのトリプルスリー柳田悠岐選手、イチローを超えるシーズン216安打を達成した秋山翔吾外野手、日本の4番候補中田翔内野手、糸井嘉男外野手ら実力者が揃う。監督推薦でリーグのホームラントップをひた走るメヒア内野手や3割4分台のハイアベレージを残す角中勝也選手が [全文を読む]

【プロ野球】4番抜擢に燃えた高橋信二(日本ハム)、「待機中」返上の城所龍磨ら、交流戦の意外な4割打者たち

デイリーニュースオンライン / 2017年06月08日16時05分

長いプロ野球の歴史で誰1人として成し遂げたことがない大記録だが、交流戦に限定すれば2015年には秋山翔吾(西武)、柳田悠岐(ソフトバンク)、角中勝也(ロッテ)、ロペス(DeNA)が打率4割台をマークするなど、たびたび4割打者が生まれている。 過去の交流戦記録を振り返って4割打者を眺めてみると、「確かに打っていそうだ」と納得する選手に混ざって、「おやっ?」 [全文を読む]

球宴ファン投票、柳田が秋山抜き全体トップに…大谷は柳田にわずか3票差

ベースボールキング / 2017年06月06日15時32分

6月6日時点の結果が発表され、ソフトバンクの柳田悠岐が18万9591票を獲得し、西武の秋山翔吾を抜いて、全体でトップに躍り出た。 中間発表は、5月22日以降毎日発表されており、これまで全体のトップだった秋山は18万9042票で、柳田が549票上回り、1位に浮上した。なお、柳田は昨季のオールスターファン投票では52万1685票を獲得し、全体1位だった。 セ・ [全文を読む]

【プロ野球】これは強そう……。里崎智也、岡本篤志、藤田宗一が本気で選んだ「侍ジャパン仮想ドラフト」がアツい!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月27日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本代表仮想ドラフトの結果は!? ■里崎JAPAN 1(中)青木宣親(アストロズ) 2(三)菊池涼介(広島) 3(二)山田哲人(ヤクルト) 4(DH)筒香嘉智(DeNA) 5(左)角中勝也(ロッテ) 6(右)鈴木誠也(広島) 7(一)中村晃(ソフトバンク) 8(捕)嶋基宏(楽天) 9(遊 [全文を読む]

【プロ野球順位予測】江本孟紀氏「当たる気がしませんわ」

NEWSポストセブン / 2017年01月15日16時00分

シーズン最多安打記録を持つ秋山翔吾(28)、本塁打・打点の二冠王だった中村剛也(33)など、タイトルホルダーがゴロゴロいて最下位争いですから、フロントがアカンのでしょうね。それだと監督が誰になっても同じ。あきまへんわ。 問題は日本ハム。球団が大谷翔平(22)のメジャー移籍を容認したことで、本人に“今季はほどほどに”という気持ちが出てくるのが怖い。腕や足がち [全文を読む]

【プロ野球】今季レアードが達成したレア記録は!? 忘年会までに仕込みたい「野球トリビア」をクイズ形式で紹介!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日16時05分

【2016年シーズン編】 A1:レアード(日本ハム) A2:鈴木大地(ロッテ) A3:丸佳浩(広島) A4:秋山翔吾(西武) 【歴史編】 A1:辻本賢人(元阪神) A2:落合英二(元中日) 何問正解だっただろうか。マニアックな野球ファンには簡単すぎたかもしれないが、こういった野球トリビアを野球飲み会、野球ファンが集まる忘年会で披露し、ぜひ野球ファンの輪を [全文を読む]

【プロ野球】守備のタイトル、ゴールデン・グラブ賞発表! パ・リーグの激戦ポジションは!? 史上初の快挙も!!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月18日16時05分

パ・リーグ1位は秋山翔吾(西武)で194票、2位が陽岱鋼(日本ハム)で154票、3位には糸井嘉男(オリックス)で89票。以上3名が受賞となり、4位は柳田悠岐(ソフトバンク)で82票、5位が西川遥輝(日本ハム)で81票。3~5位はいずれも80票台の接戦だった。 なお、パ・リーグの外野手には、規定試合数以上で守備率10割(=無失策)の選手が、秋山、栗山巧(西武 [全文を読む]

【プロ野球】積極的? 消極的? 12球団盗塁数&盗塁成功率とチーム内盗塁トップ3選手をまとめてみた!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月09日17時05分

■パ・リーグ6球団の盗塁結果とチーム内トップ3選手は? 北海道日本ハムファイターズ 132盗塁/39盗塁刺/成功率77.2% (盗塁数リーグ1位、成功率リーグ1位) 西川遥輝:41盗塁/5盗塁刺/成功率89.1% (盗塁数リーグ3位) 中島卓也:23盗塁/9盗塁刺/成功率71.9% (盗塁数リーグ4位) 田中賢介:22盗塁/8盗塁刺/成功率73.3% ( [全文を読む]

【プロ野球】《2010年ドラフト会議を振り返る》「トリプルスリー」の2人が揃って指名された年

デイリーニュースオンライン / 2016年10月13日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■山田哲人は「外れの外れ」1位指名だった 2010年に指名された野手で大きく活躍しているのはヤクルト1位指名の山田哲人、ソフトバンク2位指名の柳田悠岐、西武3位指名の秋山翔吾だ。 履正社高時代に強打の内野手として注目を集めた山田は、大石、伊志嶺翔大(東海大→ロッテ)を外したオリックス、斎藤 [全文を読む]

【プロ野球】35歳のベテランが躍動!パ盗塁王はオリックス・糸井嘉男が獲る

デイリーニュースオンライン / 2016年07月25日16時05分

1位 30盗塁 糸井嘉男(オリックス) 2位 24盗塁 金子侑司(西武) 3位 21盗塁 西川遥輝(日本ハム) ※ 4位 17盗塁 中島卓也(日本ハム) ※ 5位 16盗塁 田中賢介(日本ハム) 6位 15盗塁 柳田悠岐(ソフトバンク) 7位 12盗塁 秋山翔吾(西武) 7位 12盗塁 本多雄一(ソフトバンク) ※ 9位 10盗塁 角中勝也(ロッテ) 9 [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメン再確認でみるパ・リーグ6球団のチーム事情

デイリーニュースオンライン / 2016年06月30日17時05分

埼玉西武ライオンズ 1 中 秋山翔吾 2 左 栗山巧 3 指 メヒア 4 三 中村剛也 5 二 浅村栄斗 6 右 坂田遼 7 一 山川穂高 8 捕 炭谷銀仁朗 9 遊 外崎修汰 先発 菊池雄星 主力に不安要素が多い。中村は左ヒジ関節痛で登録抹消中。リーグ最多23本塁打のメヒアも月を重ねるごとに成績が下降している。浅村は6月26日の試合で左足首を痛めて途中 [全文を読む]

【プロ野球】球界の七不思議?西武・栗山巧はなぜオールスターに出場できないのか

デイリーニュースオンライン / 2016年06月10日17時05分

この年の1位はソフトバンクの柳田悠岐、2位は西武の後輩である秋山翔吾だったのだが、前年のファン投票では彼らに勝っていた。実力がすべてのプロとはいえ、なんとも無情である。 さらに、そうこうしているうちに、選手間投票が2009年以来の圏外になってしまった。もう栗山は、選手の中では「終わった人」になってしまったのだろうか。 ■33歳にして初出場はあるのか!? こ [全文を読む]

フォーカス