佐藤江梨子 吉瀬美智子に関するニュース

視聴率3%台目前、『セシルのもくろみ』、真木よう子のキャラがブレまくりで失笑レベル

Business Journal / 2017年08月08日20時00分

「ヴァニティ」の専属モデルになれるチャンスが巡ってきた読者モデルたちが、編集部に媚びを売って歩く中、坂下葵(佐藤江梨子)は副編集長の石田信也(眞島秀和)を色仕掛けで落とし、そのチャンスを掴むことに成功。しかし、2人の不倫現場を目撃した沖田江里(伊藤歩)は、この事実を編集部に伝えれば葵は専属から外され、宮地奈央(真木よう子)に再びチャンスが来ると息まく。 そ [全文を読む]

真木よう子『セシルのもくろみ』第4話で加速止まらず最低更新4.4%

デイリーニュースオンライン / 2017年08月06日12時00分

第4話では、読者モデルの葵(佐藤江梨子)が、専属モデルに決定するところから始まる。初回から奈央(真木よう子)と江里(伊藤歩)が目指していた夢が、簡単に奪われてしまい、前回から始まった急展開の連続は止まらない。しかし、葵は副編集長の石田(眞島秀和)との不倫が発覚し、あっけなく契約解除に。不倫の証拠写真を編集長・南城(リリー・フランキー)に見せた洵子は、もく [全文を読む]

また視聴率下落の『セシル~』、もはや前回の内容を無視…演出もずさんで見るに耐えず

Business Journal / 2017年08月04日20時00分

奈央(真木)もいちるの望みをかけるが、選ばれたのは葵(佐藤江梨子)だった。奈央を担当するライターの江里(伊藤歩)は落胆を隠せないが、その夜に葵と副編集長の石田(眞島秀和)がタクシーの中で抱き合っているのを目撃してしまう。同じ頃、編集部デスクの洵子(板谷由夏)のもとにも2人がホテルに入っていく様子を撮った写真が送られてきた。洵子が編集会議の場でこれを暴露する [全文を読む]

成り上がりたい人達の潰しあい! ドラマ「セシルのもくろみ」第2話おさらい

Woman.excite / 2017年07月26日14時00分

坂下葵(佐藤江梨子)はミヤジと同期の人妻読者モデル。かなりの野心家で男性副編集長の石田に色仕掛けで近づき、そこで専属モデル同士のいざこざを聞きつける。自分がいち早く情報を手に入れたことに有頂天になりつつ、「子育てのことでケンカするなんてバカみたい。自分たちがガキなのよ」と鼻で笑う葵だった。しかし、葵がメイクを終えて部屋を出ると、同じくミヤジと同期でママでも [全文を読む]

真木よう子の普段着がひどい!どこで売ってるの? いかにもな人物像にも辟易 〈木曜劇場 セシルのもくろみ〉 (フジテレビ系)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年07月26日13時02分

ほかの読モも、セレブ主婦(藤澤恵麻)に、オンナを使って優位に立とうとする主婦(佐藤江梨子)、オネエのヘアメイク(徳井義実)、使えない編集長(リリー・フランキー)、気の強いデスク(板谷由夏)などなどいかにもな人物像に辟易。ストーリー自体既視感アリアリで、見る気がしないのも当然かも。 息子が同じ学校ということで奈央と仲良くなり、憧れの存在でもあるナンバー1カ [全文を読む]

4.5%大爆死の『セシルのもくろみ』破天荒がむしゃらヒロイン・女の闘いというテンプレ演出のつまらなさで女優の無駄遣い?

messy / 2017年07月21日19時00分

また、編集デスクの洵子(板谷由夏)と副編集長の石田(眞島秀和)もバチバチ火花を散らし、石田と読者モデルの葵(佐藤江梨子)は密会している様子だったり(不倫なんでしょうね)。地味に登場人物が多くて、把握するのが大変ですし、見ていてただただ疲れるんですよね。こんな華やかな業界の汚い裏側見せます、みたいな演出も古臭いのでは。 次期編集長の座を狙っている洵子には何か [全文を読む]

フォーカス