森進一 石川さゆりに関するニュース

紅白落選組を調査!ゴールデンボンバー5年目の『女々しくて』ならず

しらべぇ / 2016年11月24日16時30分

・ゴールデンボンバー・近藤真彦・SMAP・德永英明・BUMP OF CHICKEN・細川たかし・美輪明宏・森進一大トリを勤めたこともある和田アキ子(66)、SMAP、森進一(69)、細川たかし(66)が出演せず、若返りが進んでいる。え、EXILE紅白落選じゃん...SMAPも、徳永英明も、森進一も。今年の紅白恐ろしいくらい厳選されてる気がする...— 有水 [全文を読む]

紅白最も歌われた歌 8回3曲『河内おとこ節』『天城越え』等

NEWSポストセブン / 2014年12月23日16時00分

【1位/8回】 『河内おとこ節』(中村美律子) 『天城越え』(石川さゆり) 『津軽海峡・冬景色』(石川さゆり) 【2位/7回】 『帰ろかな』(北島三郎) 『風雪ながれ旅』(北島三郎) 『兄弟船』(鳥羽一郎) 『さそり座の女』(美川憲一) 『おふくろさん』(森進一) 【3位/6回】 『まつり』(北島三郎) 『あの鐘を鳴らすのはあなた』(和田アキ子) 『北国 [全文を読む]

和田アキ子の「紅白落選」を呼んだ芸能界の”アッコ包囲網”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日12時00分

さらにバーター要素の排除に加えて、 「北島三郎、森進一らベテランが自ら申し出て、“紅白から降りて後進に譲る”のが美談という流れを作ってしまった。今年も細川たかしが出場者発表前に、“もう紅白には出ない。道を譲る”と会見(注6)。彼らにその意図は無かったとしても、結果的には<アッコ包囲網>を敷くことになった」(前同) ヒット曲も無いのに紅白に出場している歌手な [全文を読む]

SMAP“あの名曲”は、お経がヒント!? 大ヒット曲の「意外すぎる真実」

日刊大衆 / 2016年11月18日10時00分

森進一の『襟裳岬』(作詞・岡本おさみ/作曲・吉田拓郎 73年12月発売)も、その一つだが、当初はやや行き違いもあった。「何もない春」という言葉に、えりも町の人々が反発し、抗議するという一幕があったのだが、これは誤解。「あの“何もない”は、作詞家の岡本おさみが当地で悪天候に見舞われ、民家に避難したところ、老夫婦が“何もないけど”とお茶を出してくれたのがヒント [全文を読む]

【NHK紅白】出場曲発表で広がる波紋…和田アキ子「笑って許して」にも憶測が

デイリーニュースオンライン / 2015年12月26日17時00分

(初)「私以外私じゃないの」(2015) 18. ゆず(6)「かける」(2015) 20. 氷川きよし(16)「男花」(2015) 21. 細川たかし(39)「心のこり」(2010) 23. 関ジャニ∞(4)「前向きスクリーム!」(2015) 26. 三代目J Soul Brothers(4)「Summer Madness」(2015) 27. 福山雅治( [全文を読む]

大御所でも相部屋使いタレント司会者は別格 紅白の楽屋事情

NEWSポストセブン / 2015年12月04日16時00分

3~6楽屋では過去に五木ひろしと郷ひろみ、森進一と細川たかしといった豪華なペアが実現した。女性では紅組のリーダー格・和田アキ子と天童よしみ、松田聖子、八代亜紀らが3~6楽屋に入る。 他の楽屋に比べてスペースが広い7楽屋も相部屋だ。豪華な衣裳で紅白をわかせた小林幸子はこの部屋を間仕切りし、石川さゆりと使っていた。 ◆タレント司会者は別格 1楽屋と2楽屋は司会 [全文を読む]

きゃりー&ももクロが落ちて、伍代夏子と和田アキ子が受かる紅白歌合戦の摩訶不思議

おたぽる / 2015年12月01日09時00分

当落線上にいた森進一、細川たかし、和田アキ子は今年も首の皮一枚つながった。 「細川さんなんか、最後の最後で逆転出場になりましたからね。和田さんは紅組司会に同じホリプロの綾瀬はるかさんが起用されたことで、バーターが成立。ただ、本人サイドは『綾瀬のバーター』と言われるのを嫌っていますがね。禁句中の禁句です」(週刊誌デスク) 同様にE-girlsはEXILE、 [全文を読む]

スターと視聴率

クオリティ埼玉 / 2014年12月24日14時49分

美空ひばりこそいないが、北島三郎、五木ひろし、森進一、石川さゆりなどその詩を歌いあげる演歌の大御所がいる。 冒頭に戻ろう。俳優も彼らを超えられる俳優は誰一人いないと言っても過言ではない。 各分野、日本の伝統を守る、歴代スターを超えるものが今の若者から出てくればいいが、それはないに等しいかもしれない。 まあ、政治家もそうであろう。小粒、小物は多くいるが・・ [全文を読む]

あの伝説の歌番組がDVDで甦る テレビ東京開局50周年記念「演歌の花道」DVD-BOX 発売決定!

PR TIMES / 2013年10月23日15時37分

テレビ東京開局50周年記念「演歌の花道」DVD-BOX 2013年12月18日発売 価格:¥25,200(税込) ★収録内容 【第一巻 春…夏…】「襟裳岬」森進一、「無法松の一生~度胸千両~」村田英雄、ほか全20曲 【第二巻 秋…冬…】「津軽海峡・冬景色」石川さゆり、「雪椿」小林幸子、ほか全20曲 【第三巻 港まち…】「北の漁場」北島三郎、「舟唄」八代亜 [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(2)島倉千代子「人生いろいろ」で借金を完済

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

まさに人生いろいろだと言われました」(石川氏) 演歌の名曲に交じって、8位に坂本冬美(45)の「また君に恋してる」、12位に森進一(65)の「冬のリヴィエラ」、18位にも森の「襟裳岬」がランクイン。いずれもフォークやポップスの香りのする曲が上位に入っている。そのあたりを音楽評論家の富澤一誠氏に聞いてみた。 「最近、演歌や歌謡曲のカテゴリーに入らない新しいジ [全文を読む]

TV美女42人が大咆哮!「アイツは絶対許せない」(6)浜崎あゆみ→倖田來未「ストリッパー」嘲笑 石川さゆり→松任谷由実 「ユーミンVIP」に強烈イヤミ

アサ芸プラス / 2012年02月19日11時00分

「彼女が最も嫌うのが、先輩歌手の森進一(64)。デビュー直後から『お前はデカイから近くに寄るな』と傷つけられた事実を出演番組や自伝で明かしている。いちばんショックだったのは、電話番号変更騒動。妹分のようにかわいがり、慕われていた森昌子(53)との結婚で、過去の出来事も水に流そうと森宛てに電話をすれど、決して出ない。それどころか、電話番号を変更されてしまう [全文を読む]

フォーカス