田中美佐子 現在に関するニュース

石田ゆり子や田中美佐子の中古写真集が高値安定の理由

NEWSポストセブン / 2017年01月22日07時00分

お客さんのこだわりも価値に影響を与えます」(鎌田氏・以下「」内同) デビュー直後の石田ゆり子、3年目の田中美佐子、23歳の紺野美沙子の色っぽい写真集も高値で安定している。 「3人ともずっと良いイメージのまま、現在も一線で活躍している。それも、値崩れしない大きな理由の一つです。石田さんの作品は、背表紙がピンク色で色やけしているものが多く、状態の良い本はかなり [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】田中美佐子は“変わり者”!? Take2・深沢邦之、妻との馴れ初めを披露。

TechinsightJapan / 2014年12月02日14時40分

妻は女優の田中美佐子であることも有名だ。2人が結婚した当時、“大女優と売れない芸人の結婚”として世間の注目を浴びたが、結婚までの道のりもかなりドラマチックであったようだ。自身がゲスト出演したラジオ番組で、驚きのエピソードを語った。 深沢は先月28日、TBSラジオ『たまむすび』にゲスト出演。その中で、今年結婚20年目になる妻で女優・田中美佐子との馴れ初めを語 [全文を読む]

「お前に女優なんて無理」と言われ続けた20代 16年ぶり映画出演、田中美佐子さんインタビュー

ウートピ / 2017年03月11日18時00分

輝かしいキャリアを持つ大女優でありながら、「可愛らしい」という言葉がぴったりの笑顔が素敵な女優・田中美佐子さん(57)。現在、全国公開中の映画『彼らが本気で編むときは、』では、トランスジェンダーの主人公を温かく包み込む母親という難しい役柄を演じています。女優という職業を通じていろいろな人の“人生”を生きてきた田中さん。「生き馬の目を抜く」ような芸能界で生き [全文を読む]

宮沢りえ他、高齢出産の芸能人が増えている!?

日刊大衆 / 2016年12月28日10時00分

1995年にTake2の深沢邦之(50)と結婚した女優の田中美佐子(57)は、結婚7年目の2002年、43歳のときに女児を出産。不妊治療を続けた末にようやく実現させた初産だった。その後、育児優先のために女優業を休業したが、2005年に女優業に復帰。現在は女優としての美しさを保つ一方、子どもの運動会などのイベントには必ず参加するなど、母親としての務めもしっ [全文を読む]

東貴博と安めぐみの結婚を祝福しない人間とは?

メンズサイゾー / 2012年01月11日20時00分

しかし、その場に東の相方である深沢邦之と妻の女優・田中美佐子が出席しない恐れがあると「女性セブン」(小学館)が報じた。 東は萩本欽一により結成された「欽ちゃん劇団」に所属していた1994年に深沢とTake2を結成、翌年にブレークを果たしている。当時、昭和の名コメディアンである東八郎を父に持つ東は、深沢より人気が高かったという。しかし同年、深沢は人気絶頂だっ [全文を読む]

フジ昼ドラが来年3月終幕!女優たちの伝説の名場面をフィードバック「“華の嵐”で魅せた高木美保の女優魂」

アサ芸プラス / 2015年11月14日09時57分

転機となったのが、86年に田中美佐子(55)主演で放送された「愛の嵐」に始まり、高木美保(53)を主演に迎えた、「華の嵐」(88年)、「夏の嵐」(89年)と続いた「嵐3部作」である。 中でも、最高視聴率が19%にも及んだ「華の嵐」は爆発的ブームとなった。 華族の娘として生まれ、「貴族としての誇り」と「身分違いの恋」に揺れる女の一生を描いた同作は女性の根強 [全文を読む]

『彼らが本気で編むときは、』荻上直子監督インタビュー「トランスジェンダーと言っても、その境界線は幅広く本当に人それぞれ」

ガジェット通信 / 2017年03月03日15時00分

―今日は貴重なお話をどうもありがとうございました! 第67回ベルリン国際映画祭 「テディ審査員特別賞」「観客賞(2nd place)」ダブル受賞! (パノラマ部門、ジェネレーション部門 正式出品作品) 『彼らが本気で編むときは、』 2017年2月25日(土)、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー! 脚本・監督:荻上直子 出演:生田斗真、桐 [全文を読む]

「誰に嫌われてもいい。大切なものがわかっていれば」映画監督・荻上直子

ANGIE / 2017年02月20日19時00分

<Information> 『彼らが本気で編むときは、』 © 2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会 脚本・監督 荻上直子 出演 生田斗真、柿原りんか、ミムラ、小池栄子、門脇麦、柏原収史、込江海翔、りりぃ、田中美佐子/桐谷健太 他 製作:電通、ジェイ・ストーム、パルコ、ソニー・ミュージックエンタテインメント、パラダイス・カフェ 制作プロダクション [全文を読む]

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(5)<古尾谷雅人・丑三つの村>未亡人が明かす「30人殺し犯」に魅入られた夫

アサ芸プラス / 2016年11月20日09時57分

── 本作では五月みどり、池波志乃、田中美佐子、大場久美子と豪華な女優陣が共演し、それぞれが濃厚なエロスを見せている。だが今現在、この映画について語る女優は皆無である。── 女優さんたちが語りたがらないのは無理もないと思います。例えば大場久美子さんは、最後に古尾谷が口にピストルをくわえさせえ発砲するんです。 そのシーンを撮った日に、古尾谷は「大場さんの口の [全文を読む]

「鮮烈デビュー型」と「イメチェン型」アイドルが脱ぐ2つの理由

WEB女性自身 / 2015年10月14日06時00分

この時期に『おくさまは18歳』の岡崎友紀( 81年)、日本アカデミー新人俳優賞受賞の田中美佐子( 83年)、コメットさんこと大場久美子( 84年)などがヌードに。 次のピークは黄金期を迎える 91〜 95年。王道のさとう珠緒( 93年)から、海外出身タレントのビビアン・スー( 95年)まで、続々と脱いだ。そのきっかけを作った出来事が、 91年のヘア解禁であ [全文を読む]

フォーカス