近く 鳥取砂丘に関するニュース

【週末旅にも最適】夏こそ行きたい!鳥取の観光スポット5選

TABIZINE / 2016年06月18日12時00分

(C) facebook/鳥取砂丘 砂の美術館 また、鳥取砂丘のすぐ近くにある「砂の美術館」に立ち寄れば、「砂」を素材にした彫刻作品である迫力のある「砂像」の数々を観ることができます。こちらには、世界中の名所が砂像として、期間限定で展示されています。 (C) facebook/鳥取砂丘 砂の美術館 2017年1月3日までは「砂で世界旅行・南米編」として、 [全文を読む]

ポケノミクスは数千億円? こんなところに意外な経済効果!

週プレNEWS / 2016年08月05日06時00分

そこで試しにツイッターで『レベル5に達した人は画面を見せると、商品5%引きにします』とつぶやいてみたところ、週末の土日だけでスマホ片手のお客さんが40人近くも来店して商品を買ってくれたんです。ウハウハです」 ホテルも負けていない。「ポケストップに加え、30分間ポケモンの出現率がアップする貴重アイテム「ルアーモジュール」を使い、集客に励む店が出現している。前 [全文を読む]

【ドライブで行く】鳥取の人気観光スポット~鳥取は砂丘だけじゃないんです!~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年07月22日09時00分

さらに、砂丘のすぐ南には、多鯰ヶ池の散策ができ、近くにはもぎたての梨が味わえる梨狩り園もある。 ・アクセス 中国自動車道佐用JCT→鳥取自動車道鳥取IC→国道29号線→国道9号線→県道265号線 ・営業日 無休 ・営業時間 24時間 ・駐車場 各所にあり(有料・無料とも) ・住所 鳥取県鳥取市福部町湯山 ・URL とっとり 旅の生情報(鳥取砂丘) htt [全文を読む]

【ランキング】要チェック!秋の国内旅行で人気急上昇のエリアはどこ?

TABIZINE / 2016年10月27日12時01分

紅葉の名所で言えば、県西部の西中国山地国定公園内、恐羅漢山(おそらかんざん)の近く、匹見峡も有名です。東西に長い県ですから、可能な限り時間をかけて回りたいですね。 「【週末旅にも最適】夏こそ行きたい!鳥取の観光スポット5選」が参考になりそうですよ。 [全文を読む]

芸術の秋を楽しもう!海外からも注目される日本の美術館7選

TABIZINE / 2015年09月05日13時00分

砂の美術館(鳥取) (C) Mami Kosakai 鳥取といえば「鳥取砂丘」が有名ですが、その近くに砂の美術館という砂をテーマにした世界初の美術館が存在します。展示されているのは「砂」でできた彫刻作品「砂像」の数々。砂像のその壮大なスケールや迫力、繊細さに思わず息をのんでしまうことでしょう。展示作品のテーマは毎年異なり、1年のうちの決まった期間にしか目 [全文を読む]

“ヘビ年パワー”が炸裂した宝くじ高額当せん売り場が存在

NEWSポストセブン / 2013年04月22日07時00分

今年のグリーンジャンボが発売された直後に、売り場責任者(57才)が、近くにある「多鯰ヶ池弁天宮」で高額当せん祈願をしたところ、見事1等前後賞5.5億円の当せんが出たという。 「昨年6月に赴任して以来、これまで県内のさまざまな金運スポットを巡ってきました。今年に入り、何か変わったスポットはないかと探していたところ、同僚から『多鯰ヶ池弁天宮』を教えてもらい、金 [全文を読む]

民泊1泊2500円から!鳥取港目の前のドミトリー「しゃん亭」

TABIZINE / 2016年12月08日18時00分

他にも漁師さんが利用するcafeのようなお店も近くにあるそうです。目の前は鳥取港。 少し歩くと朝陽や夕陽も楽しめます。灯りがないので星もきれいそうですね。 目印は、かに大陸。このお店の手前にあります。民泊、思っていたより楽しかったです。 [寄稿者:さとちん] ■あわせて読みたいここが民宿?フランス版民宿「シャンブル・ドット」が豪華すぎるhttp://ta [全文を読む]

癒やし効果に期待!五感で楽しむ新しい森林浴「森林セラピー」

Fuminners / 2016年08月26日12時35分

森林セラピーで癒し効果を実感した後に、たとえば「近くの公園へ行く」「ヒーリング音楽を聴く」「アロマテラピーを楽しむ」など、日常に自然のエッセンスを取り入れる方法を実践するとより効果的になります。 「まずは、適切なガイドの指導を受けて実感し、二度三度、経験してみてください。自然の楽しみ方や五感の使い方を体感して成功体験をした上でなら、そのあとは、自分なりのや [全文を読む]

鳥取・延興寺窯ーたとえ二流の土でも、一流の美を作りたい【鳥取の旅 vol.3】

FASHION HEADLINE / 2016年03月21日20時00分

以来、40年近くこの土地の土を使って作品を作り続けている。 延興寺窯では、山下さんの作品に季節の花が生けられていた 白釉、瑠璃色、飴色と、暮らしにすっと溶け込む色合いと、凛とした佇まいが魅力の清志さんの器。「ここ延興寺の土は決して一流の土というわけではありません。でも、二流、三流の土でも一流のものを作る。そういった気概でこの窯を続けてきました。」と清志さん [全文を読む]

『ぞうさん』や『しゃぼん玉』等童謡誕生に深い背景が存在

NEWSポストセブン / 2014年03月20日11時00分

「“かの山”は辰之の生家の裏手にある大平山や大持山、“かの川”は近くを流れる斑川といわれています」 ※女性セブン2014年4月3日号 [全文を読む]

フォーカス