父親 松坂慶子に関するニュース

父・深作欣二に望んだ息子・健太の「一子相伝」

アサ芸プラス / 2012年11月30日09時59分

こうして父親の深作が監督、健太がプロデュースと脚本を担当した「バトル・ロワイアル」(00年/東映)が動き出していく─。 健太は、初めて父親の仕事を意識した日を思い起こした。5歳の健太を父は東映・京都撮影所に連れて行った。深作を慕う役者たちが「チョンマゲにスクーター」で走り回り、健太に声をかけてくる。 「ケン坊、これ終わったら次は宇宙人の役やでえ」 子供心に [全文を読む]

松坂慶子 主演映画&歌手復帰は夫のあるひと言がきっかけ?

アサ芸プラス / 2015年07月26日17時57分

「高内氏といえば、90年の結婚当時、松坂の父親から『ヒモ亭主』と、さんざん罵声を浴びせられたものでしたが、その父親が07年に亡くなると、実家との関係も修復。ギターや作曲の講師を務めながら、松坂の仕事をプロデューサー的な役割でバックアップしてきました。そして次女が20歳を迎えた昨年に、『そろそろ仕事をしたら』と、本格的な復帰を促したそうです。日に日に主婦化し [全文を読む]

松坂慶子&船越英一郎がゲスト出演! 水谷豊主演「居酒屋もへじ」第6弾

CinemaCafe.net / 2017年08月01日18時15分

半年前に刑期を終えて出所し、いまは身元引受人のもとで農業をしているという健也は、平次の長男・明(高田翔)の実の父親だった。平次から温かく迎えられた健也はその晩、明と2人だけの時間を過ごす。そこで明は、いままで謎に包まれていた母親のことを健也から聞き出す。一方、その明は料理人として修業することを計画していた。顔見知りの小料理屋の主人・楠田拓(えなりかずき)に [全文を読む]

闇に葬り去られた「発禁本・発禁マンガ」(5)細木数子、松坂慶子、倉木麻衣が訴訟

アサ芸プラス / 2016年05月04日09時58分

○「歌姫・倉木麻衣」山前五十洋 実の父親でありながら、倉木麻衣が大ブレイクすると同時に「そっくり艶系女優」をデビューさせたり、幼い娘の写真や本名まで明かした本を出版し、訴えられることに。 [全文を読む]

松下奈緒が髪をバッサリ、三枚目体育会系教師役に

Smartザテレビジョン / 2016年03月07日16時27分

共演は、早子の父親・立木辰志役に尾藤イサオ、母親・尚子役に松坂慶子。 さらに、早子と婚活同盟を組むことになる同僚教師・久我山ミカ役で貫地谷しほり、同じく婚活同盟を組むことになる音楽教師・成増梅子役で佐藤仁美、独身の先輩男性教師・千駄木廉太郎役で八嶋智人が登場する。ほか同僚教師役に、山内圭哉、田野倉雄太が名を連ねる。 松下は「キャラクター一人一人の胸の内や [全文を読む]

松坂慶子 夫とともに要介護3の母親の介護生活を始める

NEWSポストセブン / 2013年04月16日07時00分

松坂の父親の名前の隣に、「TAKAUCHI」と刻まれた表札が掲げられたのだ。 「去年の秋ぐらいに、松坂さんとご主人が引っ越してこられましたよ。一時は実家の敷居さえまたがせてもらえてなかったのにねぇ…」(近所住民) 1991年、アメリカ・ニューヨーク在住のミュージシャン・高内春彦さん(58才)と極秘結婚した松坂。それに大激怒したのが松坂の父だった。 「慶子に [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 「ドコモに勝つには『物語性』『ナゼ?』がほしい」(4)

アサ芸プラス / 2012年10月04日10時54分

好感度VS経済的効果で激論 父親がどうして犬なのか、という謎を常に含みながら、第2作、第3作とシリーズが進むごとにさまざまな謎が解けていく。 「お父さんって、実は中学校の先生だったのか」 「お母さんって、そこの校長先生だったのか」 「お父さんは、ソルボンヌ大学を出ていたんだ」 孫から見ると、佐々木にしても、澤本にしても、デザイナーの大貫卓也にしても、CMの [全文を読む]

フォーカス