息子 松坂慶子に関するニュース

名作妖艶シネマ「このセリフが悩ましかった!」(4)「女優を知り尽くした三者」座談会-その1-

アサ芸プラス / 2016年04月19日05時57分

──後妻として、息子がいる文太の家に嫁いだ美貌の持ち主。秋本 息子を寝かしつけている浴衣を文太が後ろ手にはだけさせ、そのまま乳房をもんで側位セックスに。これが彼女にとって初めての本格的な濡れ場で、切なげに「信介が起きますから‥‥」と言ったセリフは忘れられない。大高 エネルギーを感じさせたのは渥美マリ(65)の「でんきくらげ」(70年、大映)ね。愛人だった西 [全文を読む]

「あさが来た」工藤阿須加があさの義理の息子に!

Smartザテレビジョン / 2016年01月17日18時20分

現在放送中の連続テレビ小説「あさが来た」」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほかNHK総合ほか)の新出演者が発表され、高橋英樹と松坂慶子、工藤阿須加、高橋由美子の出演が決定した。 高橋英樹は明治日本の立役者の一人、大隈重信役。明治政府の要人として、大蔵卿・外務大臣を歴任し、後に総理大臣ともなる歴史上の重要人物を演じる。 作中では、女子教育について堂々と語る [全文を読む]

水谷豊、船越英一郎との共演を喜ぶ「英一郎のことは昔からよく知っている」

ザテレビジョン / 2017年08月23日06時00分

さらに、船越が演じるのは平次が長男として育ててきた息子・明(高田翔)の実父である健也。 今回は、暴力事件に巻き込まれ、刑に服していた健也が出所してからのストーリーが描かれる。“育ての父”と“本当の父”が、愛する息子のために葛藤する姿にも注目が集まる。 主演の水谷は、松坂との共演について「6年ぶりの共演ですが、同い歳で、同じ月に生まれ、同じ星座、血液型も同じ [全文を読む]

「ドラマW チキンレース」が平成25年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞

PR TIMES / 2013年12月25日17時11分

また、昨年文化庁芸術祭優秀賞を受賞した「ドラマWスペシャル 尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~」と同じチームが再集結し、脚本は連続テレビ小説「おひさま」の岡田惠和氏、監督は映画『沈まぬ太陽』の若松節朗氏が手掛けました。 今回の受賞理由は、以下の通りです。 19歳の時にチキンレースで海に転落し昏睡状態になった男性が、45年ぶりに目覚めて青年看護師と心 [全文を読む]

父・深作欣二に望んだ息子・健太の「一子相伝」

アサ芸プラス / 2012年11月30日09時59分

父・深作欣二と息子・健太の“襲名式”は、命を削っての戦いとなった─ 感動した「仁義なき戦い」 〈あした世界が滅びるとしても、きょう私は林檎の樹を植える〉 晩年の深作欣二が愛したコンスタン・ゲオルギウ(ルーマニアの作家)の教えである。人は絶望の淵にあっても、淡々と何かをやらなければならない。深作にとっては、全身を病魔が貫いても「映画」を撮らずにはいられなかっ [全文を読む]

高杉真宙「初恋は幼稚園、相手は近所のお姉さん」

WEB女性自身 / 2016年02月15日06時00分

彼が演じる天野慶和は、如月澄(松坂慶子)の家の墓を管理する「天楽寺」の住職、天野早雲(小日向文世)の息子で、修行中の身ながら、読経にダンスを取り入れるなど、僧侶らしからぬお調子者。 「慶和という青年は、軽いノリがあるけれども、彼なりに今の時代にあったお寺をつくっていきたいという考えがあって、その答えが読経ダンスだったんです。あと、父の早雲によくおでこをたた [全文を読む]

岸谷五朗「素早い老人を見たのは初めて!」

Smartザテレビジョン / 2015年10月02日22時35分

前作で起きた怪事件の関係者・葵(小西)が殺され、息子の佐吉(風間)が下手人として捕えられる。佐吉の無実を信じる無精者の同心・平四郎(岸谷)は、おいの弓之助(加部)と共に事件の真相を追う。 会見に登場した岸谷は、第2弾の制作を聞いた時の心境を「井筒平四郎という男にもう一度会えることがうれしかったです。そして、平均年齢70歳超という京都のスタッフ。僕は素早い老 [全文を読む]

宮部みゆきの時代ミステリー第2弾を放送!

Smartザテレビジョン / 2015年07月23日14時15分

下手人は、被害者の息子だという。彼を信じる平四郎は、無実を証明するため真犯人を探し始めるが、事件の背後にはまたしても大聖人・湊屋総右衛門(鶴見辰吾)が暗躍していた。 出演は岸谷と鶴見の他、奥貫薫、風間俊介、小西真奈美、嶋田久作、志賀廣太郎、大杉漣、松坂慶子。 [全文を読む]

長渕剛、冨永愛との“健全な関係”アピールは無意味? 業界ではしらけムードも

日刊サイゾー / 2015年03月09日09時00分

冨永とは、彼女の母や息子も含めた付き合いであることを理由に健全な関係だと言い張っているようですが、『何を今さら……』とあきれる声もありますね」(芸能記者) さらに、長渕の主張が信用されないことには、冨永の性格も関係しているようだ。 「志穂美が“夫婦ゲンカの際に回し蹴りで長渕をノックダウンさせた”というエピソードを持っていることからもわかる通り、長渕は気が強 [全文を読む]

「僕達急行 A列車で行こう」とタイアップ開始!前売り券を買って特別コロカを手に入れよう

PR TIMES / 2012年02月23日14時28分

本作は、大企業で働くマイペースな青年と、下町の鉄工所の跡取り息子という対照的なふたりが、大好きな鉄道を通して友情を育み、恋に仕事に悪戦苦闘する姿を、のびやかなユーモアときらきらするような空気感で綴った、心あたたまるコメディだ。主演は、『マイ・バック・ページ』から大河ドラマ「平清盛」まで八面六臂の活躍を見せる松山ケンイチと、『ワイルド7』『一命』と硬軟両軸の [全文を読む]

フォーカス