事務所 松坂慶子に関するニュース

闇に葬り去られた「発禁本・発禁マンガ」(5)細木数子、松坂慶子、倉木麻衣が訴訟

アサ芸プラス / 2016年05月04日09時58分

ブレイク後に版元が再発しようとしたが、移籍した事務所が差し止め請求。○「細木数子の黒い真実」野崎輝 細木が多くのレギュラーを抱えていた06年、待ってましたとばかりに「極道との深いつながり」や「六星占術の盗用」を暴かれ、名誉毀損で訴えた。○「屁タレどもよ!」中村うさぎ 内田春菊などの著名人を叩きおろした毒舌本だが、発売5日前に出版社社長が一部の女流有名人の名 [全文を読む]

深作欣二のバイオレンス、撮影中はずっとビビってた

アサ芸プラス / 2012年12月18日10時00分

深作は各事務所を回るが、一致する素材に巡り会わない。 宮本真希(35)はこの年、宝塚歌劇団に所属しながら、女優への道を模索していた。受けていたオーディションを主宰する事務所社長と偶然に出会ったことから、一気に道が開けた。そして深作との面談に向かう。 「ホン読みとか一切なく、私の実家の愛媛のことや家庭環境など、世間話をしているうちに決まっていた感じでした。皆 [全文を読む]

25人の女性がひとりの独身男性を奪い合う『バチェラー・ジャパン』で注目を集めた鶴あいか「ものすごい罪悪感がありました」

週プレNEWS / 2017年09月26日19時00分

―ちなみに本業は女優ということで、それはどういう経緯で? 鶴 27歳の時、劇団の事務所に入ったのがきっかけですね。学生の頃は声優になるのが夢だったんですけど、ずっと諦めていたんです。でも大人になってから専門学校に行って、声優になった友人がいて。彼女に刺激されて、今からでも自分も頑張ろうって、私も声優の学校に通い勉強をするようになりました。で、そこで舞台の [全文を読む]

邦画の質低下 女優の体当たり演技減少が重大な要因か

NEWSポストセブン / 2017年06月26日16時00分

「最近は女優や事務所が力を持ったため、監督や制作サイドが気を遣い、女優に濡れ場を演じさせることが少なくなった。その結果、若手女優の“学びの場”がなくなっている。日本映画全体の質が下がっているのは、女優たちが“体当たりの演技”をする場が減ってしまったことが、最大の要因かもしれません」 名女優たちの“魂”と“覚悟”が詰まった伝説の名濡れ場を振り返ることで、日 [全文を読む]

『ベトナムの風に吹かれて』上映イベント開催 in ベトナム・ハノイ

DreamNews / 2017年05月22日18時00分

< 日本ベトナム合作映画『ベトナムの風に吹かれて』上映イベント > 主催:株式会社サーティファイ共催:NTTラーニングシステムズ株式会社後援:在ベトナム日本国大使館/ジェトロ・ハノイ事務所/JBAVベトナム日本商工会/新潟ベトナム協会/ 事業創造大学院大学/NSGカレッジリーグ/FSGカレッジリーグ/開志国際高等学校 ■『ベトナムの風に吹かれて』についてハ [全文を読む]

桐谷美玲 映画・CM…引っ張りだこの旬女優の神秘に包まれたボディに迫る!

アサ芸プラス / 2016年03月26日09時57分

昨年夏、事務所の先輩の堀北真希(27)が電撃婚したことで、今や稼働率NO1の稼ぎ頭に押し上げられました。今が我が世の春と、活躍の場を広げている」 人気好調と勢いづく桐谷は今冬ドラマ「スミカスミレ」(テレビ朝日系)でも主演。共演する松坂慶子(63)が20歳に若返った役を演じているのだ。しかも2月26日放送の第4話では、入浴シーンまで披露していた。渾身の初全裸 [全文を読む]

ぱるる、菜々緒らが初登場!邦画各社のカレンダー、今年の顔は?

Movie Walker / 2015年12月30日09時00分

選ばれているのは、各社の配給作品に出演した俳優や、関連事務所に所属するタレントたちで、まさに“イチオシ”と呼べる存在。果たして、今年はどんな役者たちが各社の“顔”に仲間入りしたのか?各人の2015年の活躍を振り返りながら、2016年版のカレンダーを紹介したい! ■ 長澤まさみが12年連続表紙!「2016年東宝カレンダー」 まずは「2016年東宝カレンダー [全文を読む]

桐谷美玲主演ドラマ、ゴールデンで3.7%!! 超大惨敗に「最終回差し替え」「不穏な予兆」も

サイゾーウーマン / 2015年12月06日16時00分

桐谷の所属事務所であるスウィートパワーでは、トップ女優である堀北真希が、今年8月に電撃結婚し、仕事をセーブしている状況。そのため、桐谷には黒木メイサとともに大車輪の活躍をしてもらわなければならなくなった。こうして、事務所のプッシュの末勝ち取ったのが6年ぶりの連ドラ主演であり、今後のためにも、なんとしても視聴率を上げたいところだが、『スミカスミレ』の放送開 [全文を読む]

タモリが司会辞退で目玉なし?トホホ紅白の全舞台裏「結婚した福山雅治が頼みの綱だが…」

アサ芸プラス / 2015年11月01日17時57分

昨年は同事務所から6組も出場したジャニーズが、さらに出場者を増やしそう」(前出・スポーツ紙文化部記者) 対する紅組はお寒いかぎり。昨年は中森明菜のサプライズ出演のほか、薬師丸ひろ子(51)など80年代アイドルの久々の復活に、オヤジ世代も溜飲を下げた。「8月に放送された“夏版紅白”とも言われる『思い出のメロディー』では、高田みづえ(55)が『私はピアノ』を歌 [全文を読む]

長渕剛、冨永愛との“健全な関係”アピールは無意味? 業界ではしらけムードも

日刊サイゾー / 2015年03月09日09時00分

08年に事務所スタッフが一気に辞職したと報じられた際には、女性スタッフに『好きだ』というメールを送りつけ、返信がないことに激高する……というセクハラが取り沙汰されたこともありました。冨永とは、彼女の母や息子も含めた付き合いであることを理由に健全な関係だと言い張っているようですが、『何を今さら……』とあきれる声もありますね」(芸能記者) さらに、長渕の主張が [全文を読む]

ローラを襲った「桃の天然水の呪い」! ほかにもあった、呪われたCM!

ハピズム / 2013年06月27日10時00分

「吉井怜」…2000年 その年、急性骨髄性白血病を発病 「村田洋子」……2000年 その年、事務所から解雇され、突然引退。 「神戸みゆき」……2000年 2008年後、24歳にして心不全のため死去 この後、6人目に続くのが、ローラだったということだ。なお、無事だったのは、デヴォン青木、大谷みつほ、三津谷葉子である。 ■なぜ“桃”が!? 古くから、桃は古事 [全文を読む]

フォーカス