映画 若村麻由美に関するニュース

大人になった田中麗奈、ヤバい&エロすぎると話題に ベッドシーン、不倫OLを快演

Business Journal / 2015年01月11日19時00分

田中といえば、10代の頃に出演した清涼飲料水「なっちゃん!」(現サントリー食品インターナショナル)のCMでみせたあどけない演技で一躍人気を集め、以降、主に清純な役を中心に映画やテレビドラマなどで活躍を続けてきた。 そんな田中が、今クール(1~3月期)の連続テレビドラマ『美しき罠~残花撩乱~』(TBS系)に主演。同ドラマは田中が演じる34歳の地味なOL・西田 [全文を読む]

能年玲奈だけではない!! 大ブレイクした後に沈んだ女優たち

tocana / 2015年05月12日09時00分

岡本はドラマ終了後も順調にドラマや映画などの出演を重ね人気を獲得したが、06年、ある出来事をきっかけに芸能界を去ることになる。この年の7月、歌舞伎俳優である中村獅童が酒気帯び運転で警察に検挙された時に同乗していたのが岡本だった。当時、中村は女優の竹内結子と結婚していたこともあり、中村と岡本の不倫疑惑は瞬時に広まった。すると、翌年、岡本は所属事務所からの退 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】志田未来と田中哲司が舞台で“セクハラ”問題作に挑戦。実生活では「ディズニー好き」と「家事夫」

TechinsightJapan / 2015年06月11日12時20分

これまでドラマや映画で活躍してきた志田未来は「作品が終わった瞬間」に喜びを感じるそうだが、公演のたびに本番が繰り返される舞台で新たな発見があるだろうか。 『オレアナ』は、若き大学教授・ジョンと女子学生・キャロルの間に起きた出来事を描いたものだ。ある日、ジョンの研究室をキャロルが訪れて「単位をとらせてほしい」と涙ながらに懇願する。彼女は教授の授業についていけ [全文を読む]

「初代なっちゃんも不倫する役に...」田中麗奈、久々のドラマ主演で清純イメージから完全脱却!?

メンズサイゾー / 2015年01月10日12時00分

1998年の主演映画『がんばっていきまっしょい』や、サントリー「なっちゃん」のCMで一躍知名度を上げた田中には、これまで清純なイメージが強かったが、同ドラマでは、控えめながらも危ない色気が漂うアラサー女性という役柄に挑戦している。 「田中といえば、2007年の映画『ゲゲゲの鬼太郎』で猫娘を演じたり、2013年に放送されたスペシャルドラマ『恋』(TBS系)で [全文を読む]

仲代と門下生・役所広司 映画での師弟演技対決!――春日太一の木曜邦画劇場

文春オンライン / 2017年09月26日17時00分

仲代達矢が映画・演劇界に標してきた功績は大きい。役者としての幾多の名演はもちろんだが、それだけではない。自ら私塾「無名塾」を主宰し、数々の後進たちを育成してきたことも忘れてはならない。 その役者人生をインタビューさせていただいた最新刊『 仲代達矢が語る日本映画黄金時代 完全版 』(文春文庫)の取材にあたり、筆者は無名塾での仲代の新人たちへの稽古風景を何度か [全文を読む]

灼熱の「映画&ドラマの艶ヒロイン」を総直撃!<TVドラマの「放送コード超え」十篇>

アサ芸プラス / 2017年08月23日17時57分

往年の名作映画をリメイクし、物語のカギを握る娼婦の杉戸八重役で、仲代達矢との濡れ場を演じた。若村は仲代が主宰する「無名塾」の出身であり、師弟のカラミを演じたことになる。「隠れた名作といえば、中森明菜(52)が主演した『悪女2 サンテミリオン殺人事件』(93年、フジ系)も、保阪尚希を相手に、かなり濃厚な濡れ場を演じた。シーツにくるまれてはいたが、明菜は上半身 [全文を読む]

色っぽくて凛々しく、繊細にして聡明。51歳の野村萬斎が最新舞台で見せた、エイジレスな貴公子フェロモン

messy / 2017年08月16日14時00分

まったく同じものは二度とはないからこそ、時に舞台では、ドラマや映画などの映像では踏み込めない大胆できわどい表現が可能です。 カメラという媒体を通さず、俳優たちの演じる姿を直接目にすると、映像作品とはまた違った魅力を発見できることが多々あります。テレビドラマを主戦場にしている若手の「ナマでみると芸能人はやっぱりキレイね~」はもちろんですが、どんな舞台作品でも [全文を読む]

グッとくる「魔性の妖艶女優」総選挙!(4)<50代の「爛熟」篇>黒木瞳が立証する「宝塚出身者は艶っぽい」の法則

アサ芸プラス / 2017年06月20日17時57分

その奔放さが、今なお若々しさを保っているように思えます」(映画プロデューサー) 大場久美子は14年、週刊アサヒ芸能で35年ぶりのビキニ姿を披露し、ワイドショーにもたびたび登場した。この水着挑戦にはダイエットの成功があり、やはり「キレイなカラダ」であれば再び世に見せたくなるものだ。 同じく「ライザップ」のCMでダイエットを成功させ、華麗なカムバックを果たした [全文を読む]

永作博美が若村麻由美を公開処刑!浴衣からのぞくうなじが色っぽすぎると絶賛

アサ芸プラス / 2016年08月08日09時59分

それが妙に艶やかでした」(前出・スポーツ紙カメラマン) カメラマンを夢心地にさせた艶姿を次はテレビか映画が見せていただきたい。 [全文を読む]

WOWOW×『ダ・ヴィンチ』連動フェア&キャンペーンスタート!第1弾は「山崎豊子フェア」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月28日17時30分

さらに、6月下旬からは企画第3弾「WOWOW開局25周年記念 映画『秘密 THE TOP SECRET』連動フェア」がスタート。『ダ・ヴィンチ』との連動や、店頭では映画の原作である清水玲子の『秘密』のフェアが展開される。どの企画も、ワクワクさせるようなものばかり。5カ月にわたる映像と本のコラボレーションを見逃すことなかれ! ■雑誌『ダ・ヴィンチ』×「WO [全文を読む]

小出恵介が新ドラマへの思い&意外な一面を明かす!

Smartザテレビジョン / 2015年02月22日11時54分

これに参加できるのはうれしいし、その雰囲気にうまくマッチしたい」と意欲を示し、加えて「映画のスタッフもいてドラマだけど映画にも近い。(現場に)“どっぷり”入ることができます」との撮影裏側も明かした。 小出演じる桧山は、真実を追い求めるあまり疑いの目を向けられても足が向くという役柄で、気になったらすぐ行動するタイプ。これを「私立探偵みたいですよね」と言う一方 [全文を読む]

池上彰が'16年の重大ニュースを徹底解説!

Smartザテレビジョン / 2016年12月20日16時06分

韓国の朴槿恵大統領騒動やリオオリンピック、北朝鮮ミサイル問題、映画「シン・ゴジラ」など、'16年の重大ニュースに池上彰が切り込んでいく。 番組では、池上がことしを象徴する映像や写真を選び、その写真に隠された事実などに迫る。池上解説で“前と後”同じシーンに2回触れることで、そのシーンが全く違うという側面に触れていく。 今回は、韓国大混乱の「朴槿恵大統領騒動」 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】カフェラテ9杯浴びた水野美紀「これはすごかった」

TechinsightJapan / 2016年12月03日13時28分

1961年に公開された映画を元にした同作はお笑い芸人のバカリズムが脚本を担当、映画版の主演だった父・船越 英二に続き息子・船越英一郎が主演を務めるなど放送前から話題となっていた。そんな中、放送の度に注目されたのが女優陣の個性豊かな演技。中でも船越演じる風松吉の“最も長い不倫相手”を演じた水野美紀は、カフェラテやあんかけ麺を浴びせられるという体を張った演技を [全文を読む]

バカリズム脚本のゲス不倫ドラマ『黒い十人の女』 女優魂に賞賛の嵐

しらべぇ / 2016年11月17日07時30分

■ドラマの見どころは?『黒い十人の女』は1961年に市川崑が監督を務めた映画のリメイク作。テレビプロデューサー風松吉をめぐる、妻と9名の女性との関係をコミカルに描いた「10股」ゲス不倫ドラマ。フジテレビ『素敵な選taxi(タクシー)』で連続ドラマの脚本を務めたバカリズムが筆を執り、独自の世界観で名作を現代風にアレンジしている。注目は、風松吉役の船越英一郎( [全文を読む]

トーハン 店頭活性化プロジェクト 雑誌『ダ・ヴィンチ』×「WOWOW」連動フェア&キャンペーン スタート ~第1弾「連続ドラマW 沈まぬ太陽」放送記念「山崎豊子」フェアを開催~

DreamNews / 2016年04月25日16時00分

さらに6月下旬からは、第3弾「WOWOW開局25周年記念 映画『秘密 THE TOP SECRET』連動フェア」がスタート。『ダ・ヴィンチ』との連動や、店頭では白泉社の原作コミック(清水玲子「秘密」全12巻、『メロディ』連載)のフェアを展開。トーハンオリジナルのプロモーションツールも作成予定です。 店頭活性化プロジェクトは、雑誌『ダ・ヴィンチ』、WOWOW [全文を読む]

“尻軽ナース”が不発!堀北真希、視聴率回復に残された「最後の一手」

アサ芸プラス / 2015年02月14日17時58分

かつて映画『白夜行』では過激艶技を披露していますし、昨年秋の松本清張ドラマでは、胸元が白く浮き上がるキャミソール姿で濃厚キスシーンを披露しています。視聴率のV字回復は堀北の艶技しだいでしょう」(前出・デスク) 堀北の“最後っ屁”に期待したい。 [全文を読む]

昼ドラ臭全開『美しき罠』、「ダサさがいい」「コントみたい」と好評も「田中麗奈の演技が残念すぎ!?」

日刊サイゾー / 2015年01月09日17時00分

「実力派女優として知られる田中ですが、今作では『演技ひどすぎ』『棒読みでがっかり』『わざとらしい』『この人、映画向きなのかな……』と大不評。『主人公さえ、別の女優なら……』『主役は、深田恭子とかのほうがよかった』という声も。一方、悪女を演じる若村や三浦理恵子、不幸な役柄の高橋かおりについては、『さすが』『こういう役、うまいなあ』と、賛辞が寄せられています [全文を読む]

日本映画界に苦言も……大御所・仲代達矢と「無名塾」の本当の評判

日刊サイゾー / 2013年04月10日09時00分

俳優の仲代達矢が先日出版した『仲代達矢が語る日本映画黄金時代』 (PHP研究所)の発売を記念したトークショーでの発言が、波紋を呼んでいるという。 「『最近は特にテレビは、昨日までモデルやっていたような人が映画の雰囲気に合っているからって抜擢されたりしていますよね』とか、『主役を立てようとする俳優がいなくなりましたよね。俳優が勉強をしなくなった。技を極めなく [全文を読む]

中山美穂の初期主演ドラマ お色気シーン満載で批判が殺到

NEWSポストセブン / 2012年12月26日16時00分

※週刊ポスト2013年1月1・11日号 【関連ニュース】昭和のドラマ性描写回顧 故夏目雅子はNHKで初ヌード披露高畑淳子 1か月で7kgダイエットしその後1か月でリバウンド主演映画公開直前に休養の沢尻エリカ 過激濡れ場の後遺症か実力派女優・野波麻帆が魅せた極上のセクシー写真大公開ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし [全文を読む]

フォーカス