天海祐希 沢村一樹に関するニュース

“ゴリ押し”なしでスターを生み続ける名門芸能事務所「研音」 業界注目の育成システムとは

日刊サイゾー / 2013年02月28日13時00分

唐沢寿明、天海祐希、山口智子、反町隆史、竹野内豊、江角マキコ、沢村一樹、速水もこみち等、そうそうたるメンツを抱える芸能事務所「研音」。今、その「研音」の“育成システム”に業界が注目しているという。 「研音のすごいところは、スター俳優が途切れないということですね。昔は、女優だと山口智子や財前直見が、俳優だと唐沢寿明や反町隆史、竹野内豊が引っ張っていて、今は菅 [全文を読む]

秋ドラマに異変?「平日は女優、週末は男優」に色分けの理由

NEWSポストセブン / 2016年09月26日07時00分

平日は、『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系)の吉田羊さん、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の新垣結衣さん、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)の石原さとみさん、『科捜研の女』(テレビ朝日系)の沢口靖子さん、『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)の米倉涼子さん、『Chef~三ツ星の給食~』(フ [全文を読む]

この秋始まる新ドラマの最新情報を紹介!日曜~木曜編

Smartザテレビジョン / 2016年08月24日20時56分

「スニッファー 嗅覚捜査官」の阿部寛、「Chef~三ツ星の給食~」の天海祐希、「砂の塔~知りすぎた隣人」の菅野美穂などが登場する大作ぞろいのドラマが登場する。まずは日曜から木曜に放送するドラマの最新情報を紹介!■ 玉木宏がキャリアの警察署長に!玉木宏がキャリア組の警察署長役を務めるドラマが日曜夜9時からフジ系で放送(8月24日の段階でタイトル未定)。主人公 [全文を読む]

天海祐希「偽装の夫婦」クランクアップに涙でコメント

Smartザテレビジョン / 2015年12月08日15時00分

天海祐希、沢村一樹ら主要キャストが勢ぞろいし、撮影の思い出などを語った。 「家政婦のミタ」('11年日本テレビ系)や「○○妻」('14年日本テレビ系)などの遊川和彦脚本で、ゲイの男と偽装の夫婦生活を送るという斬新な設定が話題となっていた今作。最後の撮影は、キャスト全員登場という緊張感のあるシーンで大団円を迎えた。 監督からの「オッケー!」という掛け声ととも [全文を読む]

沢村一樹、内田有紀が同性を愛す!カオスすぎる「偽装の夫婦」の最終回予想

アサ芸プラス / 2015年10月09日17時58分

「本作の内容は、天海祐希演じる主人公の元から、25年前に突然姿を消した沢村一樹演じる元恋人と偶然の再会を果たすも、現在は同性愛者に。そして内田有紀演じるシングルマザーは、天海に思い寄せる役として登場するなど、ネット上ではそのストーリーがカオスすぎると話題になっています。また同ドラマは前クールの『花咲舞が黙ってない』に続き14%台という高視聴率を獲得しました [全文を読む]

沢村一樹「ゲイ役」挑戦に早くもネット上騒然

Smartザテレビジョン / 2015年09月30日23時05分

同ドラマは、心を閉ざし内心では他人に毒づく主人公・嘉門ヒロ(天海祐希)が、元恋人でゲイの超治と偽装結婚。新しい夫婦の形から「“本当のパートナー”とは何か?」を描く大人のラブストーリーとなっている。 第1話では、ヒロが25年ぶりに再会した超治に対し、目の前から姿を消した理由を問いただす。すると、超治は自分が“ゲイ”であることを告白し、母・華苗(富司純子)が [全文を読む]

天海祐希&沢村一樹が“偽装の夫婦”に

Smartザテレビジョン / 2015年08月27日06時00分

日本テレビ系では、10月スタートの新ドラマで天海祐希と沢村一樹が“偽装の夫婦”役で共演することが決定。タイトルも役設定と同じく「偽装の夫婦」となる。天海が演じるのは、美しく穏やかなほほ笑みと人当りの良さで“孤高の美女”“理想の女性”と慕われるが、実は大の人間嫌いな女性・嘉門ヒロ(かもんひろ)。ヒロは、幼い頃に両親を火事で亡くし、叔母の家に引き取られ、出来の [全文を読む]

竹之内豊、天海祐希、唐沢寿明……テレ朝ドラマ『オリンピックの身代金』が前代未聞の“研音祭り”に!

日刊サイゾー / 2013年04月23日11時00分

主演は竹野内豊さんなのですが、その後に続く名前が天海祐希さんに唐沢寿明さん、江角マキコさん、沢村一樹さん、速水もこみちさん、市川由衣さんと研音の俳優さんばかりなんです」(芸能事務所関係者) これまでも、連ドラなどで主演俳優の“バーター”で若手俳優が出演するというのはあったが、ここまで特定の事務所の俳優が名前を連ねるというのは珍しいそうだ。 「この作品は、東 [全文を読む]

【テレビの開拓者たち(8)遊川和彦】「ドラマは脚本が一番大事。“逃げ恥”にはやられた」

Smartザテレビジョン / 2017年04月29日11時00分

■ 新しい挑戦をすれば新しい自分を発見して、そこからまた頑張れる――映画「恋妻家宮本」には、ドラマ「女王の教室」('05年日本テレビ系)、「演歌の女王」、('07年日本テレビ系)、「偽装の夫婦」('15年日本テレビ系)でも組んできた天海祐希さんが出演されています。今回、なぜ天海さんを普通の主婦役にキャスティングしたのですか?普通は頼まないですよね(笑)。僕 [全文を読む]

‘80年代から潮流が…名作ドラマのカギ握る“昔のオトコ”の存在

WEB女性自身 / 2017年01月27日17時00分

自立して生きていくことを求められるようになった女性たちにとって、昔のオトコとの決別は、 男に養ってもらう という過去の概念を捨て去ることの、象徴だったのかもしれません」 15年の『偽装の夫婦』(日本テレビ系)は、ヒロイン(天海祐希)が25年前に一度だけ関係を持った昔のオトコ(沢村一樹)と再会するが、実はゲイ。そのカレと偽装結婚するというストーリー。 「この [全文を読む]

織田裕二、アノ声で失敗…秋ドラマまとめ(下)

NewsCafe / 2016年12月25日11時00分

で、続く第7位は天海祐希(49)主演『シェフ 三ツ星の給食』(フジテレビ系)で8・0%。これも初回視聴率と同着だったね」 記者「給食事情をメーンに、母娘ネタや人間群像劇をからめての展開で、けっこう楽しみました」 デスク「これは料理作ってた裏方の人たちを讃えるべきだな。高級料理もいいけど、懐かしの給食、食いたくなったよ(笑)。脱脂粉乳とか、今の若い人たちは知 [全文を読む]

日本で「偽装結婚」ドラマが人気になる背景―中国メディア

Record China / 2016年11月19日20時10分

沢村一樹演じる主役の陽村超治は、高齢の母親の余命いくばくない病気を心配し、母親を安心させるために、天海祐希演じるヒロインの嘉門ヒロに偽装結婚を申し込む。同ドラマでは、信頼できる夫婦関係とは何か、結婚に性関係は必ず必要か、「偽装」の真の境界線を決めるものは何かなど、複雑な問題が入り混じっているものの、非常にコメディチックな雰囲気でストーリーが進んでいく。■「 [全文を読む]

内田有紀が「プチブレイク」したのは“2人の大物タレント”の穴を埋めるため?

アサ芸プラス / 2016年01月28日09時59分

昨年10月クールで天海祐希、沢村一樹がW主演した「偽装の夫婦」(日本テレビ系)に出演。ストーリーが進むにつれてドラマの鍵を握る準主役的な役割となり、その存在は目立っていった。 その勢いのまま、今年1月クールでは「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)に広末涼子とW主演。同時に「はぶらし/女友だち」(NHK・BSプレミアム)でも主役の座に就く、掛け持ち主演の人気ぶ [全文を読む]

『下町ロケット』の独り勝ちだった10月期ドラマ フジは1ケタ台連発で惨敗!

日刊サイゾー / 2015年12月28日20時30分

終始、安定した視聴率で推移したのが、『偽装の夫婦』(日本テレビ系/天海祐希主演/水曜午後10時~)と、『5→9 ~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系/石原さとみ主演/月曜午後9時~)。自己最高は『偽装の夫婦』が14.7%(初回)、『5→9』が12.7%(最終回=第10話)で、それほど高くはなかったが、ともに全話で2ケタ台をマーク。平均は『偽装の夫婦』が [全文を読む]

【ウラ芸能】10月民放連ドラ、生唾ゴックン効果

NewsCafe / 2015年12月24日15時00分

再放送でさえ2ケタをとるのに、本放送が12%台に落ち込んだのは深刻だね」記者「来年3月までの2クール放送ですから後半に盛り返せるかどうか…」デスク「初回視聴率3位で発進した天海祐希(48)主演『偽装の夫婦』(日本テレビ系)は、脚本の遊川和彦(60)がどういう結末にするかが注目だった」記者「『○○妻』(日テレ系)でヒロインの柴咲コウ(34)を殺しちゃいました [全文を読む]

香里奈がワースト独走、西島秀俊『無痛』はフジ最下位! 今期ドラマ視聴率ランク

サイゾーウーマン / 2015年12月23日16時00分

ベスト2位は天海祐希主演の『偽装の夫婦』(日本テレビ系)で、全10話の平均は12.1%だった。同作は天海主演で2005年に放送された『女王の教室』(同)、11年の松嶋菜々子主演『家政婦のミタ』(同)がヒットした遊川和彦氏が脚本を担当。主人公・嘉門ヒロ(天海)が、25年ぶりに再会し、“ゲイ”になっていた元恋人の陽村超治(沢村一樹)から“偽装の結婚”を持ちか [全文を読む]

<ドラマ「偽装の夫婦」最終話>自分の都合を押し通す大人たちしか見えない残念感

メディアゴン / 2015年12月21日15時30分

心を閉ざしてきた嘉門ヒロ(天海祐希)であったが、陽村超治(沢村一樹)との再会や周囲との関わりによって、本音を言えるようになり、「自分の心のままに生きる」ことができるようになっていく。第9話で偽装の夫婦関係を解消したヒロとだったが、それぞれの人生を歩み始め、新しいパートナーもできる。しかし、1年後に再会したヒロと超治が今のパートナーをあっさりと裏切ってしまう [全文を読む]

脚本家がまたやらかした?天海祐希「偽装の夫婦」最終回に女性たちが大激怒!

アサジョ / 2015年12月14日09時59分

12月9日に放送された天海祐希の主演ドラマ「偽装の夫婦」(日本テレビ系)最終回の視聴率が12.8%だったことがわかった。同ドラマは「女王の教室」(日本テレビ系)の遊川和彦氏が脚本を務めるとあって、ドラマファンから注目を浴びていた。「『偽装の夫婦』は同性を愛する人との夫婦生活を描くという日本では珍しいタイプのテレビドラマでした。本作の視聴率は初回14.7%と [全文を読む]

「今までの時間を返せ!」大炎上した天海祐希「偽装の夫婦」、唯一の救いは?

アサ芸プラス / 2015年12月11日17時59分

天海祐希主演、遊川和彦脚本ということで放送前から話題になっていたドラマ「偽装の夫婦」(日本テレビ系)が9日、最終回を迎えた。 しかし、この物語の結末に対して視聴者が一斉に大批判をネット上で展開。「遊川さんって本当最後のまとめ方が下手だね」「今まで観てきた時間を返せ!」「大好きなドラマだったのに最後の2話で汚されてしまった」と非難轟々、「ガッカリ感が半端ない [全文を読む]

『偽装の夫婦』最終回は新しい家族のかたちを描けるか? 脚本家・遊川和彦の手腕への期待

リアルサウンド / 2015年12月09日07時10分

本作は、図書館司書の嘉門ヒロ(天海祐希)が25年前に付き合っていた陽村超治(沢村一樹)と再会するところからはじまる。超治から「実はゲイだった」と告白されたヒロは、余命わずかの超治の母親を安心させるために超治と偽装結婚することになる。二人の前にはシングルマザーでレズビアンの水森しおり(内田有紀)や、ヒロにあこがれる正義の味方を目指す宅配業者の弟子丸保(工藤 [全文を読む]

フォーカス