子供 佐藤浩市に関するニュース

『ツキクラ』井上雄貴&大海将一郎&小松準弥インタビュー「お互いを補って成長出来る仲間」[オタ女]

ガジェット通信 / 2016年09月05日15時00分

宮城県の石巻市の出身なのですが、石ノ森章太郎さんの「石ノ森萬画館」というのがありまして、子供の頃、仮面ライダーショーなどのイベントをよく観に行っていました。そこで、藤岡弘、さんを見てすごくキラキラしていたので、「いつかああいう風になりたいな」と思った事を覚えています。それで、大学2年生の頃に雑誌『FINEBOYS』のオーディションでグランプリをいただき、芸 [全文を読む]

<視聴率6.6%の惨敗番組に寄せられた賛辞>TBS「私の街も戦場だった」が物語る今のテレビの現実

メディアゴン / 2015年03月11日02時32分

子供の私は耳を疑った。 (えっ?センセー、今、なんて言うたん? 本気?) 戦争は大勢の人の心に深い傷を負わせ、命を奪う。戦争は悪だ!誰でも知っているが、戦争について多くの人が知らされていないこともある。知らないことのほうが多いだろう。百人いれば百人の戦争体験と悲しい思いがある。百万人いれば、百万人の戦争体験と悲しみがあると思う。 そういう意味で、『私の街も [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】北川景子、客席の母に感謝。10代の頃は母からの手紙を心の支えに「何度も何度も読み返した」。

TechinsightJapan / 2015年05月13日22時36分

子供にとって母は絶対の存在。今でも大切にとってある」と母からもらった手紙にどれだけ助けられてきたのか、そんな思いを客席にいる母へ“ありがとう”と感謝の意味を込めて語ったように聞こえた。 この言葉を聞いた北川の母はきっと嬉し涙を流したことだろう。入場時から何度も観客に向かって手を振っていたのは母に向けてだったのかもしれない。北川景子の親子愛を垣間見た瞬間だ [全文を読む]

佐藤浩市 三國連太郎の遺言「散骨して」に背いて義母と確執

NEWSポストセブン / 2013年07月26日16時00分

佐藤は3人目の妻との間の子供で、A子さんは4人目の妻だ。 「戒名はいらない」 「散骨して誰にも知らせるな」 「三國連太郎のままで逝く」 三國さんは、病床で佐藤にこんな言葉を遺していた。4月17日に、静岡県沼津市の自宅で行われた葬儀では、遺言通り、位牌には、戒名でも、本名の「佐藤政雄」でもなく、「三國連太郎之霊位」とだけ綴られ、密葬形式で行われた。しかし、佐 [全文を読む]

母の日は真っ赤なガーナでありがとう。 母の日ガーナWEB CM出演者&ありがとうエピソード募集!完成したWEB CM内には俳優・佐藤浩市さんも出演!※ 2013年2月14日~ガーナ公式サイトで募集開始

PR TIMES / 2013年02月14日10時26分

株式会社ロッテは、2013年の母の日に向けて「母の日に子供からガーナを贈ってもらって嬉しかった!感動した!」というお母さんのエピソードを募集します。集まったエピソードの中から選考を通過されたものにつきましては、WEB CMとして映像で再現。選考を通過した方には、WEB CMにご出演いただきます。 株式会社ロッテは、2013年の母の日に向けて「母の日に子供[全文を読む]

成功する2世、ヒントは「才能を社会のために」との使命感

NEWSポストセブン / 2016年12月19日11時00分

子供はその「家」に生まれた瞬間から、将来は名跡を継ぐことが運命づけられ、幼い頃から稽古をつけられる。そうした環境のなかで育てば芸が磨かれるのは当然で、「遺伝」が役者としての才能を決めるかどうかを見極めるのは難しい。 だが、一方には三國連太郎と佐藤浩市(56才)や、市川猿翁と香川照之(51才)のように事情があって親子が別々に暮らしてきたケースもある。 佐藤 [全文を読む]

佐藤浩市 役者は一息でバーベルを上げるような無酸素運動

NEWSポストセブン / 2016年07月22日07時00分

最初の台本だと、新聞社に勤める印刷工で、隣の主婦の子供を誘拐する役で、毎日睡眠誘導剤や精神安定剤をバリバリ?むような少し病んでる人間でした。それで、もう一回やるとなった時に読み返してみると、違うんじゃないかなと。 ごくごく普通にそこにいる人で、表層的な生き方からはそういう病みが見えない人。その方がこの役って面白いと思って阪本さんと話をして、普通に働く人にな [全文を読む]

佐藤浩市 三國連太郎とちゃんとお芝居したかった

NEWSポストセブン / 2016年07月11日16時00分

演者であることを優先するがゆえに、ルールを破れる人を子供の頃から見てきたので、僕としてもやっぱり、演じるということは己に正直であることなんだと思っています。ただ僕は苦労知らずなものだから、それに対する表現の仕方がちょっと稚拙だったところはありますが」 2004年のNHK大河ドラマ『新選組!』では芹沢鴨、公開が控える映画『花戦さ』では千利休と、かつて三國が [全文を読む]

佐藤浩市 デビュー作で共演した若山富三郎の厳しい教え

NEWSポストセブン / 2016年06月27日16時00分

子供の頃から根底に出役というのがあったとしても、口にしなかった。できなかった。というのは、近所の方だろうが小学校の同級生の親御さんであろうが、みんな『どうせ役者さんになるんでしょう』って。そう言われることへの反発があったわけです。 ただ、映画は好きだったので何らかの形で携わりたいという気持ちはありました。それで映画の学校に通って、フィルムの編集の勉強をし [全文を読む]

佐藤浩市が亡き父・三國連太郎への思いを語る

Smartザテレビジョン / 2015年06月16日06時00分

俳優としてこれまでさまざまな役を演じてきたそのルーツは、子供のころに訪れた亡き父・三國連太郎さんの映画の撮影現場だったという。 忙しくてあまり接することのない父は、自分が何をやっているのかを息子に見せたかったのかもしれない。そんな撮影現場の風景は子供ながらに強く印象に残ったのだとか。 そんな父が90歳で大往生したのは2年前の4月のこと。気持ちの上では覚悟は [全文を読む]

石原さとみ 「もうすぐ子供が生まれます」双子のおばさんに!

WEB女性自身 / 2014年07月26日22時00分

石原が「もうすぐ兄に子供が生まれるんです。しかも双子!一気に双子のおばさんになっちゃいます」と笑顔で明かすと、佐藤は「今、生まれれば、(20年の)東京五輪が子供の記憶に残ります。みなさん、子作りを計画しているなら今ですよ!」と呼び掛けた。 この日は、他にも柄本時生(24)、川口春奈(19)、千葉雄大(25)、李闘士男監督(50)が登壇。(撮影/小山伸正) [全文を読む]

佐藤浩市 父・三國連太郎さんの納骨と墓を巡りトラブル発生

NEWSポストセブン / 2014年04月11日16時00分

佐藤は3人目の妻・B子さんとの間の子供だ。 松崎の墓に入れるのが自然だと考えていたA子さんは、「それではお任せします」と、佐藤に三國さんの遺骨を任せるしかなかった。 「A子さんは泣く泣く決断したと思いますよ。東京に佐藤さんが新しくお墓を建てることになれば、そこには佐藤さんのお母さんも入る可能性も高いでしょうし、そうなれば自分はその墓に入ることはできないでし [全文を読む]

佐藤浩市、松田兄弟、宇多田ヒカル…七光りと言わせない「二世」の努力

NewsCafe / 2013年08月17日12時00分

[女性/40代/会社員]■子供の頃に父親三国に捨てられるような形で別れる。学生時代に役者になると報告しても、そうかと一言だったそうだ。佐藤は自身の努力で役者と認められる存在になる。ついに三国との共演でお互い感じる物が。[男性/50代/その他]【2位】宇多田ヒカル(ミュージシャン・親=藤圭子)(22.6%)■彼女の楽曲が好きです。歌うまいし全然二世芸能人っぽ [全文を読む]

三國連太郎氏 佐藤浩市の別居息子の運動会訪れ周囲驚かせた

NEWSポストセブン / 2013年04月26日07時00分

生まれてからも、子供の写真を仕事場に持ち込んだりと子煩悩なパパでしたね。周囲には“将来は役者にしたい”なんて嬉しそうに語っていたのを覚えています」(当時を知る佐藤の知人) しかし、その幸せな生活は父・三國さん同様、すぐに崩壊してしまう。1986年3月には別居が発覚。同年9月には離婚と、わずか1年の結婚生活だった。離婚成立後、母に引き取られたBさんは、冒頭で [全文を読む]

三國連太郎さん 役者をやると告げた佐藤浩市に一言「そうか」

NEWSポストセブン / 2013年04月19日16時00分

というのも佐藤がデビューすれば、どうしても「三國の子供」として見られてしまう。しかし俳優の仕事は「一代限り」。自分なりの演技論、文化論を築いていく必要がある。それが三國さんの考えだった。 ※女性セブン2013年5月2日号 [全文を読む]

50才百貨店勤務男 電球の買い忘れを妻から責められ本気で泣く

NEWSポストセブン / 2012年11月30日07時01分

あとドキュメントもの、人物クローズアップ、ニュース、子供向けのアニメ。とにかくテレビを見て泣かない夜ってあるかしらってくらい、ピーピー泣き通しよ。 頭にくるのは、お正月、どっちの実家で過ごすかって相談している途中でもボロボロ泣き出すこと。 泣くってことは、自分の実家に先に行って、年越しもして、オレの顔を立ててくれってことなのよね。卑怯でしょ? 「悪いな」 [全文を読む]

木梨憲武 安田成美と離れて「すっかりホテルの住人」になる

NEWSポストセブン / 2012年06月14日07時00分

スタッフや友人が一緒にいることはあっても、そこに妻・安田成美(45才)や子供たちの姿はなかった。 「ホテルに出入りするときはいつも手ぶらで、従業員も当たり前のように“いってらっしゃいませ、木梨さま”“お帰りなさいませ、木梨さま”っていうんですよ。すっかりホテルの住人になっていますよね」(同ホテル関係者) 都内の高級住宅街にある約400平方メートルもの広大な [全文を読む]

西島秀俊はアルマーニ似合いすぎ!「スーツの似合う俳優」たちのカッコよすぎる特徴

messy / 2017年03月27日20時00分

この会見にナビゲーターとして出席していたパンツェッタ・ジローラモ(54)は、「イタリア人にとって『ジョルジオ アルマーニ』のスーツは憧れ」「子供の頃からファッション誌で見ていたので羨ましい」と語り、西島については「『LEON』(主婦と生活社)の表紙に出てもいいくらいかっこいい! LEONは日本人を表紙に使っていないけど」と絶賛した。 さて、スーツの似合う [全文を読む]

佐藤浩市が「Jimmy―」で“名物P”に! 大竹しのぶ役は池脇千鶴

Smartザテレビジョン / 2017年03月21日06時00分

子供の頃から何をやっても大失敗ばかりの駆け出し芸人・大西は、人気絶頂のさんまと出会い、芸人としての才能が開花する。 唯一無二の存在となり、やがて芸人の域を超え、世界的な画家へと転身、一方、さんまも快進撃を続け、国民的スターへと上り詰めて行く。そんな2人と彼らを取り巻く強烈なキャラクターたちとの15年にわたる交流、そしてうそのようで本当に起こった爆笑エピソー [全文を読む]

岡田准一&宮崎あおいの”2ショット”は?記者落胆の日本アカデミー賞

デイリーニュースオンライン / 2017年03月07日08時00分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

フォーカス