高嶋ちさ子 家族に関するニュース

「つまんねぇ番組!」毒舌暴走・高嶋ちさ子 “ネットの書き込み”に怯えていた過去

メンズサイゾー / 2013年06月26日18時00分

25日深夜に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)にヴァイオリニストの高嶋ちさ子(44)が出演した。今年1月に出演したときは、「せっかち女」として登場した高嶋だが、今回は「さっぱりきっぱり女」として、秋元梢(25)、DJ KAORIとともに出演。相変わらずの暴走ぶりを見せ、話題を集めている。 番組冒頭、「前回の放送では反響が多く反省している」と [全文を読む]

「一生抱っこさせねぇよ」高嶋ちさ子の次男の胸キュン毒舌

アサジョ / 2017年06月03日18時14分

5月31日に放送されたバラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)にバイオリニストの高嶋ちさ子がゲスト出演。そこで披露された8歳になる高嶋の次男の発言が話題を呼んでいる。 番組内で、2児の母親である高嶋は子育てについて言及。「長男はすごく優しくて主人にそっくり。次男は私にそっくりできつい目をしている」と紹介したあと、次男の毒舌エピソードを明かした [全文を読む]

高嶋ちさ子、乱暴な面あるが家族思い ママ友評判も良好

NEWSポストセブン / 2017年02月12日07時00分

2月5日に放送された『題名のない音楽会』(テレビ朝日系)で、中国人の男性ピアニスト、ラン・ラン(34才)と共演したバイオリニストの高嶋ちさ子(48才)。その美しい音色に視聴者からは絶賛の声が上がった。 ツアーの真っただ中だが、合間にイベントやラジオ、バラエティー番組に出演する多忙ぶり。バイオリニストとしてはもちろん、歯に衣着せぬ発言でも各方面から引っ張りだ [全文を読む]

「清原逮捕」「乙武不倫」「ホラッチョ」「保育園落ちた日本死ね」……ガジェット通信記事で振り返る激動の2016年!その2

ガジェット通信 / 2016年12月25日07時15分

週刊文春に元少年A・酒鬼薔薇聖斗の写真つき記事 ネットで住所がほぼ特定される!? http://getnews.jp/archives/1404045 また、2月に大炎上したのはバイオリニストの高嶋ちさ子さん。2月12日東京新聞に掲載された「高嶋ちさ子さんの子育て日記」で、約束を守らない子供のゲーム機をバキバキに折ったと語り写真を掲載、『Twitter』 [全文を読む]

高嶋ちさ子、運動会の順位で子供からお金をとりあげることも

WEB女性自身 / 2016年11月05日21時00分

ヴァイオリニストの高嶋ちさ子(48)が11月5日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」に出演し、高嶋家の厳しい家族ルールを語った。 ■電化製品は夜7時まで 「(息子が)小学1年生と4年生なので、1年生(の息子)を8時にはベッドにいかせたいんですね。そうすると、7時にはご飯が終わって、お風呂に入って、日記書いたら、もう(この時間になる)。ゲームも絶対ダメです [全文を読む]

奏でる家の音楽会「弦楽四重奏fiola」出演の無料コンサート 2014年1月25日(土)開催(お知らせ)

PR TIMES / 2014年01月10日10時36分

出演は、【弦楽四重奏 fiola】(高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト」やオーケストラ、ライブサポートなど、さまざまなジャンルで活躍するメンバーが集まり結成した、いま注目の弦楽四重奏)、【ハープ】小林秀吏、【コントラバス】増田美貴。 ■第二部は、お子さま向けのヴァイオリンのレッスン体験。目の前で演奏したヴァイオリニストたちが指導します。 >>イベントサイ [全文を読む]

千野志麻元アナ“ド派手”なスーツで名門小の入学式に出席

WEB女性自身 / 2016年04月13日06時00分

その近くで凜々しい表情を浮かべていたのは、次男(6)が晴れて入学することになったバイオリニストの高嶋ちさ子(47)夫妻。今年2月、「しつけのため」と息子に罰を与える 鬼ママ 教育論を新聞インタビューで展開し、物議を醸した。 ――難関を突破してのご入学、おめでとうございます。「アハハ、そうですね。母親としては嬉しいです」――子育て法が「少々やりすぎでは?」 [全文を読む]

炎上ブーム時代のテレビ作り『だからデザイナーは炎上する』

メディアゴン / 2016年03月01日07時30分

「STAP細胞」や「五輪エンブレム」は言うまでもなく、SMAP独立、高嶋ちさ子ゲーム機破壊、桂文枝不倫、狩野英孝二股・・・などなど。いずれも問題それ自体というよりも、いわゆる「ネット炎上」ということで注目を集めることさえある。狩野英孝二股騒動にいたっては、渦中の加藤紗里の言動が「炎上商法」と言われ、それ自体が炎上し、良い意味でも悪い意味でも話題となっている [全文を読む]

フォーカス