新曲 井上陽水に関するニュース

井上陽水、アルバム「UNITED COVER 2」7月29日(水)発売 !

PR TIMES / 2015年07月28日18時44分

その他、「シルエット・ロマンス (大橋純子 1981年)」、「リフレインが叫んでる (松任谷由実 1988年)」、「有楽町で逢いましょう (フランク永井 1957年)」、「夜霧よ今夜も有難う (石原裕次郎 1967年)」など時代を越えて愛される名曲のほか、ボーナストラックとしてオリジナルの最新曲でTV番組「ブラタモリ」(NHK)テーマソング、「女神」「瞬 [全文を読む]

井上陽水、ポリドール(現・ユニバーサルミュージック)に40年ぶりに復帰

okmusic UP's / 2015年06月18日20時00分

さらには、ボーナストラックにてオリジナル最新曲、NHK『ブラタモリ』テーマソング「女神」「瞬き」までも収録した、贅沢なポップ・カヴァー・アルバム。 井上陽水は、史上初のミリオンヒットであり、日本音楽史に残る名盤『氷の世界』のリリースの40周年をして開催された長期にわたる全国ツアーが今年3月に大盛況のうちに千秋楽を迎えた。上質な大人のカヴァーアルバムとともに [全文を読む]

井上陽水が娘・依布サラサに初の楽曲提供!

okmusic UP's / 2013年05月04日18時00分

井上陽水の長女で音楽・タレント活動中の依布サラサが、5月29日(水)より新曲「キャッホー」の配信をスタートさせる。井上陽水作曲、依布サラサ・井上陽水作詞のこの曲は、KBC九州朝日放送が例年行っている「水と緑のキャンペーン」2013年度テーマソングとして作られた。現在、依布は福岡のテレビやラジオを中心に活動を行っている。2011年の東日本大震災後に、自身のひ [全文を読む]

全員水着でセクシーパフォーマンス!恵比寿★マスカッツが生着替えも!?

ザテレビジョン / 2017年08月20日20時14分

ライブでは、明日花キララ扮するCHAMPAGNE KING(シャンパン・キング)が9月6日(水)にシングルCDとして発売される新曲「ASKA金(アスカマネー)」を初披露すると、スペシャルゲストのMC漢a.k.a.GAMIとDJ BAKUが登場。ライブタイトルにもある“ペロ”で観客とコール&レスポンスを行い、会場は大いに盛り上がる中、こちらも初披露となる新 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ハマ・オカモト絶賛 吉澤嘉代子と藤原さくらの「溢れ滲み出る才能」

TechinsightJapan / 2016年06月12日20時00分

その彼が5月18日に『ハマ・オカモト(hama_okamoto)ツイッター』で「昨夜、天才の曲に参加しました」とつぶやいたのが吉澤嘉代子の新曲レコーディングについてだ。 さらに6月9日、吉澤嘉代子と藤原さくらそれぞれに「素晴らしいミュージシャンやエンジニアに囲まれて、好きな時に好きなように曲を出して欲しい」と期待を寄せている。藤原さくらは現在、月9ドラマ『 [全文を読む]

クウチュウ戦 フリーライブ詳細発表!『夢の中へ』のカバーも披露

dwango.jp news / 2015年11月30日13時27分

タイトルに“プレビュー&more!”とあるように、『Sukoshi Fushigi』収録の新曲群をいち早くライブで体感出来るのは勿論のこと、定番の人気曲、初披露の新曲、更に井上陽水の『夢の中へ』のカバーも披露し、こちらも動画サイトにアップされることが決定している。 少し不思議なクウチュウ戦の“今”がコンパクトに体感出来るお得感満載のフリーライブ、ワクワク [全文を読む]

浜崎あゆみ、椎名林檎らが参加する宇多田ヒカルのカバーアルバム“13の解釈“はファンに受け入れられるのか?

メンズサイゾー / 2014年11月12日15時05分

特に、最近では新曲の売り上げ不振が叫ばれ、ゴシップネタばかりが話題になる浜崎はなんとかこれで名誉挽回できるといいのですが」(芸能関係者) さらに、今作の発売日には宇多田のベストアルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1&2』の24bit/96kHzのハイレゾ音源(スタジオ音源に近い高音質の音楽データ)も同時リリースさ [全文を読む]

中森明菜 孤高の歌姫の「光と影」(4)この子はスターになるよ!

アサ芸プラス / 2014年08月26日09時58分

ベストの目玉として、6月にレコーディングした新曲「SWEET RAIN」が含まれていることが発表された。ただし、収録時の写真などは一切、公表されていない。あるいは休止以前の未発表作を「新曲」と称したことも、十分に推測できる。 それでも、明菜の歌声に高い関心が寄せられたことは事実である。 「皆さんがおっしゃる“黄金の10作”を含め、聴きたい人が多いのはあり [全文を読む]

藤澤ノリマサ、5周年記念コンサートで3つのニュースを発表

okmusic UP's / 2013年06月19日08時00分

新曲「Period.」を初披露し、同曲を含むシングルを9月25日に発売すること、11月からの全国ツアー開催、9月に滋賀県・びわ湖ホールと東京・日本武道館で開催される「テニプリフェスタ2013」参加という3つのニュースを発表した。 【その他の画像】藤澤ノリマサ満員のオーチャードホールの幕が静かに開くと、板付いた藤澤がライトで浮かび上がり、井上陽水の名曲「少年 [全文を読む]

恵比寿★マスカッツ初ワンマンライブが開催 モノマネ芸人の神奈月も大暴れ

しらべぇ / 2017年08月20日18時00分

■明日花キララは『シャンパンキング』に©sirabee.comライヴでは明日花キララがラッパー『シャンパンキング』としての新曲『ASKA金(マネー)』『A-ZABU』をMC漢やDJ BAKUと共に披露。リリックが綴られ、ヒップホップなノリになった会場がパリピテンションで湧く。■ヘビメタやピアノソロも©sirabee.com由愛可奈はヘビメタメイクで人形と共 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】武田鉄矢、博多時代の“失恋体験”告白「今のストーカーになる青年とは違う」

TechinsightJapan / 2017年05月06日15時32分

彼が新曲『傘がない』(1972年)を出すと、武田らはこれまた若さから「せこいせこい」「傘1本でぐずぐず言わんでいいやない」と陰口を言い合った。 後に海援隊として数々の名曲を生み出すが、武田はそれについて「僕の歌はほとんど“博多のねえちゃん”に振られた時にできた失恋ソング」というのだ。前述の『贈る言葉』は彼が福岡教育大学に合格した頃、天神の喫茶・照和の前にあ [全文を読む]

バカリズムが3年間OLのフリして綴ったブログ原作ドラマ、主題歌は吉澤嘉代子

dwango.jp news / 2017年03月13日11時42分

妄想系個性派シンガーソングライター吉澤嘉代子の新曲「月曜日戦争」が、バカリズム原作、脚本、主演ドラマ「架空OL日記」の主題歌に決定したことがわかった。 吉澤嘉代子は、2014年5月にミニアルバム『変身少女』でメジャーデビュー。父の影響で井上陽水を聴いて育ち、物語性の高い楽曲を次々と発表、独特の世界観に各界からの支持も多い。近年では私立恵比寿中学、南波志帆へ [全文を読む]

音楽配信サービス『mysound』で「夢の中へ/井上陽水」を配信スタート!!

PR TIMES / 2017年02月15日15時56分

新曲情報 「夢の中へ/井上陽水」 アルバム価格:750円 シングル価格:257円 商品URL:http://ymh.jp/prtimes?album&149871 ■【音楽配信サービス「mysound」概要】 「mysound」は、ハイレゾ音源を含む200万曲以上の中から好きな楽曲を1曲単位でダウンロードできる音楽配信サービス。さらに「mysoundプ [全文を読む]

PUSHIM、昭和歌謡&ポップスがテーマのカバーアルバム第二弾を11月に発売

okmusic UP's / 2016年09月13日11時00分

この全てに私自身超える事は出来ませんが、私の世界、そして新曲として聴いて下さい。 [全文を読む]

「人間活動」優先の宇多田ヒカルにエールを送るあの大物ミュージシャン

アサ芸プラス / 2015年07月12日17時59分

やっぱり新曲のプロモーション?」と手厳しいコメントをしたのだ。「和田さんのコメントももっともでしょうが、ホームページをよく読めば『アルバムの完成までにはまだ時間がかかりそう』とありますからね。そんなツッコミがある一方で、音楽業界の先輩たちは宇多田に優しいですよ。宇多田は音楽界において革命的な存在だと思っているミュージシャンが多いんです。井上陽水は以前、『T [全文を読む]

<知ってる曲は良い曲だ>ポール・マッカートニーのカバー曲は絶対に原曲が崩れない理由

メディアゴン / 2015年01月30日01時26分

「聞いたことがない持ち歌は新曲だけ」という、どうやってもセットリストがヒットパレードにしかならない稀有なアーティストなポール・マッカートニーなのです。彼の音楽キャリアは半世紀以上、全て衆人の目の前に晒されてきたのです。逆に考えれば、ポールは、それに耐えられたアーティストと言うことなのでしょう。お正月明けのNHKラジオ「すっぴん」でダイアモンド⭐︎ユカイ氏が [全文を読む]

ゆきりんバースデイにフレンチ・キス新曲発表!

dwango.jp news / 2014年07月15日11時41分

「フレンチ・キス」約2年ぶりの新曲『思い出せない花』(10月1日発売)のリリースが、メンバーでもある柏木由紀ことゆきりんの7月15日の誕生日(23歳)に発表された。45年前日本中を天使の歌声で魅了したベッツィ&クリス『白い色は恋人の色』以降、70年代を爽やかにかけぬけた女性フォーク・シーンを彷彿とさせる、AKBグループでは初めてのフォークソング『思い出せな [全文を読む]

86年の斉藤由貴と浅香唯(2)由貴には歌詞をきちんと伝えるような歌を作りたい

アサ芸プラス / 2013年07月23日10時00分

「だから新曲を出すたび、いつも社内で『イメージが違うね』って言われましたね。どんな曲でも必ず言われるということは、展開としては楽しかった」 最たる例が13作目の「夢の中へ」(89年4月)であろう。井上陽水の名曲を歌った唯一のカバーシングルであるが、大胆なアレンジや振り付けも功を奏し、最大のヒットを記録した。 長岡はサビの「ウッフッフ~」の部分を、由貴がど [全文を読む]

高島彩、義母が代表を務める宗教法人と決別!? 翻意の理由とは

メンズサイゾー / 2012年02月29日19時30分

また、夜の部では北川はユニットを組む岩沢厚治と高島のために作ったという新曲「キミとボク」を披露し、高島が感涙するという一幕もあったという。 ふたりの交際は2005年に番組で共演したことをきっかけに始まったといわれ、度々入籍がウワサされていた。しかし、その度に立ちはだかったのが宗教団体 「かむながらのみち」の教主を務める北川の母親の慈敬(本名・敬子)氏だった [全文を読む]

フォーカス