内容 報道ステーションに関するニュース

<臭いニオイは元から絶て>テレビ局のスクープ続く森友問題

メディアゴン / 2017年08月07日07時37分

これを異例にも7月27日のフジ系の「直撃LIVE!グッデイ」が、NHKが伝えたとはっきり明示した上で、その内容をかなりのボリュームで取り上げました。重大な事実とは言え、ほぼ全面NHKの引用ですから、フジは珍しいことをやるなという印象を受けました。NHKが伝えたのは、近畿財務局が森友学園の弁護士に対し昨年の2月14日に売買価格を事前提示していたことが関係者へ [全文を読む]

安倍首相が「テレ朝」に激怒。党首討論で何が起きたのか?

まぐまぐニュース! / 2016年06月30日19時30分

毎度のこととはいえ、あまりにも発言内容が子供じみていないか。この人はつねに、他人を引き合いに出して自分を正当化しようとする。まさか、投票日間近にボロを出したくないから、などと本音をもらすわけはないが、もう少しマシな理屈があってもよさそうなものだ。「期日前投票の前にしっかりと議論を終えておくべき」とも言ったが、話にならないこじつけだ。 しかも、菅直人は、首 [全文を読む]

相次ぐキャスター降板の背景にあるもの…問題視すべきはメディア側の自粛と安倍政権の自信のなさ

週プレNEWS / 2016年04月07日10時00分

そこには、〈貴社の11月24日放送の「報道ステーション」において、アベノミクスの効果が大企業や富裕層のみに及び、それ以外の国民には及んでいないかのごとく断定する内容の放送がなされました〉と記され、〈公正中立な番組作成〉を求めています。 これは、まるで「国会で安倍首相が『アベノミクスの効果は出ている』と言っているのだから、その通りに報道しろ。報道する側の主観 [全文を読む]

安倍政権と警察の闇--元TBS政治部記者のレイプ疑惑をもみ消した?「中村格刑事部長」とは何者なのか

週プレNEWS / 2017年06月17日06時00分

その内容は、「中村格(いたる)とは何者なのか?」。そして、「中村格氏の圧力メールはどんな内容か」というものだ。 2015年3月いっぱいで、私はテレビ朝日の『報道ステーション』のコメンテーターを降板した。その2ヵ月前の1月23日のオンエアで、安倍首相が外遊中、「イスラム国と戦う周辺国に2億ドルを出す」と表明したことを批判し、「I am not ABE」と発言 [全文を読む]

「安倍政権のメディア圧力は相変わらずヒドい!」 世界的映画監督・是枝裕和&元経産相官僚・古賀茂明が猛批判

週プレNEWS / 2015年12月03日06時00分

この中でBPOは、高市早苗総務相がNHKを厳重注意したことを「政府が個別番組の内容に介入することは許されない」と批判したのだ。 これに安倍政権が猛反発! 「担当官庁が法に則(のっと)って対応するのは当然」(安倍首相)、「BPOは放送法を誤解している」(菅官房長官)と激しく噛(か)みついている。 こうした政府の主張に対して、断固として異を唱えるふたりの男がい [全文を読む]

露骨なステマで崩れ落ちた「報道ステーション」の信頼感

メディアゴン / 2016年11月06日07時30分

さて、「AbemaTV藤田氏に聞くテレビとニュースのこれから」と題して、ニュースを装ってはいるものの内容は以下のようなありさまだ。・藤田社長によるAbemaTVを、視聴するためのアプリの紹介。・おなじく、アプリが1000万ダウンロードを達成した報告。・誰でも知っているようなおざなりのテレビ発達史(VTR)・AbemaTVが熊本大震災で役立った話(VTR)・ [全文を読む]

政権圧力はあったのか? 古舘伊知郎ら降板キャスター「最後の発言」

まぐまぐニュース! / 2016年04月10日19時30分

【今週の<TVウォッチ>】 創刊号は特別の内容でお届けします。 このメルマガ創刊のきっかけとなった出来事の1つに、各局の辛口コメンテーターが一斉に降板するということがありました。NHKクローズアップ現代の国谷裕子、報道ステーションの古舘伊知郎、そしてTBS「NEWS23」の岸井成格、膳場貴子の各氏です。それぞれ、最終出演の機会に、番組を去るに当たってのコ [全文を読む]

<日本人の弱いところを突かれた?>ショーンK詐称疑惑の学歴にある妙なリアリティ

メディアゴン / 2016年03月16日21時42分

また「報道ステーション」(テレビ朝日)は、発売前の週刊文春の記事「TPP立役者に重大疑惑 甘利明大臣事務所に賄賂1200万円を渡した」の内容を許可なく使用し報道した、として抗議されている。さて、筆者がショーンK氏を初めて見たのは、その「報道ステーション」のコメンテーターとしてである。コメント内容についてはどうこう言うまい。第一印象は「こう言う人物をどこで見 [全文を読む]

経歴詐称に整形疑惑まで…トンデモ男・ショーンKに芸能界からも批判の声

デイリーニュースオンライン / 2016年03月16日16時50分

■”コメント内容の薄さ”に関係者も疑問 川上氏の詐称は”学歴”だけにはとどまらなかった。文春誌上では学生時代に付けられたあだ名”ホラッチョ川上”を取り上げ、嘘で塗り固められた川上氏の正体に迫っている。 ・学位取得したというテンプル大学卒業は嘘 ・ハーバード・ビジネス・スクールの同窓会名簿に彼の名前は存在せず ・本名はショーン・マクアードル川上ではなく「川 [全文を読む]

「放送弾圧」に警鐘を鳴らしたBPOに、脅しをかけた自民党議員の正体

まぐまぐニュース! / 2015年11月12日20時00分

これについて、BPOは「個々の番組の内容に介入する根拠がない」と指摘した。放送法は「放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによって、放送による表現の自由を確保する」という原則を定めている。これを誤解しているというのだ。 「放送の不偏不党」「真実」や「自律」は、放送局に課せられた義務ではない。この原則を守るよう求められているのは、政府などの公権力である。 [全文を読む]

報道ステーションで古舘氏と古賀氏が口論する放送事故が発生し話題に

秒刊SUNDAY / 2015年03月28日01時24分

通常このような番組内で、本来議論すべき内容を逸脱し、話を展開することは異例で、ある意味「放送事故」と捉えてもおかしくないような状態だった。―事前に深い闇があることを匂わす古賀氏《恵村順一郎さん》報道ステーションレギュラーコメンテーター(月~木)降板発表。番組リニューアルというが実質は更迭。26日限りです。昨年10月の番組審議会(テレ朝の組織)で見城徹委員長 [全文を読む]

BPO放送倫理検証委員会、テレビ朝日『報道ステーション』「川内原発報道」に関する意見を公表。「客観性と正確性を欠き、放送倫理に違反している」

PR TIMES / 2015年02月09日14時41分

---------------------------------------------■ 概要--------------------------------------------- テレビ朝日の『報道ステーション』(2014年9月10日放送)で、川内原発をめぐる原子力規制委員会の記者会見での質疑応答の内容を誤って伝えた事案。原子力規制庁から出された [全文を読む]

安倍首相、詐欺幇助罪で告発…選挙中も森友・加計問題説明せず、自民圧勝でよいのか

Business Journal / 2017年10月21日18時00分

【『報道ステーション』での質疑応答内容】後藤謙次コメンテーター:「総理にお伺いしたいのですが、この森友・加計学園というのは、最高責任者としての結果責任が問われている。森友問題については交渉経過を総理の指示によって検証する、そういうお考えはないのでしょうか?」安倍首相:「まず森友学園の問題ですが、私が(籠池氏と)1回もお目にかかっていないということは、これは [全文を読む]

宇賀なつみの結婚が、櫻井翔と小川彩佳の恋路の追い風に!

アサジョ / 2017年05月14日10時15分

「宇賀アナは入社直後から『報道ステーション』のレギュラーを5年間務めていましたが、業務内容は気象キャスターとスポーツキャスターのみで、番組の看板となるサブMCは務めていないのです。それが今回の結婚により報道番組で重宝される“主婦目線”を獲得。しかも伴侶が親会社の朝日新聞社員ですから、サブMCとして『報道ステーション』に復帰する可能性が出てきました」 その「 [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

■「2016テレビの記憶」6位発表! 前回のアンケートの内容は、「あなたにとって、2016年で最も印象に残ったテレビ番組とその理由を1つだけ教えてください」というものでした。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。 では、まずは6位の発表から始めます。え? 随分、中途半端だって? まぁ、要は投票数が1票の番組がたくさんあったんです。とはいえ、どれも [全文を読む]

25年間続く鉄道DVDシリーズが映画化 全国の32館のイオンシネマで2017年2月18日公開決定

@Press / 2016年12月09日13時00分

<作品概要> タイトル : 劇場版 列車大行進~日本を駆ける列車たち~ 公開日 : 2017年2月18日(土) 鑑賞料金 : 一般 1,500円/小人 1,000円 上映時間 : 60分(予定) ナレーター: 沢城みゆき 公開場所 : 全国のイオンシネマ32館にて公開 配給/宣伝: ビコム株式会社 製作 : ビコム株式会社 公式サイト: http://d [全文を読む]

古舘伊知郎が『あさイチ』でワイドショー進出を宣言!? 権力に媚び弱いものいじめに走るメディア状況を変えられるか

リテラ / 2016年08月07日22時00分

その内容が安倍政権の宣伝機関となってしまった最近のNHKではほとんど見ることのできない、攻めたものだったからだ。 まず、井ノ原快彦が現在の日本に「戦争へ向かう」空気があることをはっきりと指摘、NHK解説委員の柳澤秀夫は「右から左にきたものをそのまんま『こうですよ』って垂れ流すのは、ぼくらの仕事を果たしていないと思う」と自局の批判とも受け取れるようなジャーナ [全文を読む]

フジテレビ包囲網?ショーンK“学歴詐称問題”を巡って各局が批判合戦

デイリーニュースオンライン / 2016年03月17日16時50分

これを受けて、川上氏は15日にホームページを更新し、「私のホームページ上の『英文』履歴書末尾に一定期間記載されていた内容に間違いがあり(責任の一端は私にあるのですが)本情報が各方面に引用されることで各関係者様に大変な誤解とご迷惑をおかけしておりました」と謝罪した。 また、活動自粛にあたり、4月から放送予定だった報道&スポーツ番組『ユアタイム』(フジ系)の出 [全文を読む]

【政権批判】古舘伊知郎ら辛口TVキャスターが続々と退陣するワケ

まぐまぐニュース! / 2016年02月22日19時30分

3つの番組には最近、政権や自民党から報道内容に対する注文が相次いでいた。 14年の衆院選前には、「NEWS23」に生出演した安倍晋三首相が、街頭インタビューの声に偏りがあると批判し、「報ステ」のアベノミクスの取り上げ方を自民党が文書で批判、「公平中立」を求めた。昨年4月には、「クロ現」と「報ステ」の内容をめぐって自民党が局幹部を事情聴取。「直接の原因ではな [全文を読む]

2015年まぐまぐ大賞&MAG2 NEWS賞が発表!栄冠はどのメルマガに?

まぐまぐニュース! / 2015年12月30日23時00分

メルマガのご紹介、受賞者コメント、各メルマガの内容を取り上げたMAG2 NEWS人気記事などとともにこの1年を振り返ってみましょう。それでは、まぐまぐ大賞2015、栄えある総合大賞1位のメルマガは……。 総合大賞1位 『ロシア政治経済ジャーナル』 モスクワ在住のアナリスト・北野幸伯さんによる、世界情勢解説メルマガ。テレビや新聞が決して伝えない“世界外交の [全文を読む]

フォーカス