報道ステーション 報ステに関するニュース

視聴率好調でも危惧される新『報道ステーション』。気になる変化に懸念の声…

週プレNEWS / 2016年04月22日06時00分

リニューアルスタートとなった『報道ステーション』(テレビ朝日系)が上々の滑り出しを切っている。初回4月11日の視聴率が12.0%、翌12日はなんと、14.1%! だが、TV業界関係者の評判は芳(かんば)しくない。 「硬派なイメージがなくなった印象。軸がなくなったというか、番組がフワッとした感じになってしまった。トップニュースもゴールデン街の火事や保育園問題 [全文を読む]

朝日新聞の次は『報道ステーション』がやられる!? 古舘降板、番組終了も

リテラ / 2014年10月15日20時30分

次のターゲットはどうやら『報道ステーション』らしい。朝日新聞バッシングがなかなかおさまらない中で、今度は系列のテレビ朝日の看板番組『報ステ』とキャスターの古舘伊知郎が激しい批判にさらされ、安倍政権からのプレッシャーで番組打ち切り、古舘の降板までが取沙汰される事態になっているのだ。 始まりはその朝日問題、慰安婦報道の検証番組をめぐる批判だった。朝日新聞が吉田 [全文を読む]

年間7億円の収入を失っても大丈夫!? 『報ステ』を辞めた古館伊知郎の皮算用

tocana / 2016年01月20日20時00分

古館伊知郎の『報道ステーション』(テレビ朝日系)の降板が決まり、後任には同局の富川悠太アナウンサーが決定した。降板理由などが取り沙汰されているが、同時に古館の今後にも注目が集まっている。中には収入減を心配する声もあるが、実際のところはどうなのか。 「今後についてはまだ白紙なんだと思いますが、収入面に関しては心配ないでしょうね。『報ステ』はもちろん、それ以前 [全文を読む]

古舘氏、報ステ時代からすっかり変身 森元首相持ち上げ、ニコニコ五輪音頭

J-CASTニュース / 2017年07月25日19時30分

古舘伊知郎氏時代の「報道ステーション」(テレビ朝日系)といえば、安倍政権への批判的な姿勢で鳴らした。ところがそんな古舘氏が、当時からは考えられないようなイベントに出演し、一部で驚きが広がっている。「『東京五輪音頭―2020―』という、新たな音頭が登場いたしますけど、もちろん昔をベースとした......」 丸川五輪相に「平身低頭」と自虐 古舘氏がいつもの名調 [全文を読む]

「報ステ」新テーマ曲のためにNYの日本人音楽家が集結

Smartザテレビジョン / 2016年04月11日18時00分

4月11日(月)夜9時54分より、テレビ朝日の富川悠太アナをメーンキャスターにリニューアルスタートする「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、番組のもう一つの“顔”となるオープニングテーマ曲も新装されることが分かった。新テーマ曲は「報道ステーション」のために結成されたスペシャルJAZZバンド、“J Squad”による書き下ろし楽曲「Starting Fiv [全文を読む]

「報ステ」降板の古舘伊知郎が狙うのは来年のNHK紅白の総合司会!?

アサ芸プラス / 2015年12月31日09時58分

ニュース番組「報道ステーション」(テレビ朝日系)のキャスターを務める古舘伊知郎が、来年3月で降板することが決まったという。報ステ以外ではまったく見ることのない古舘だが、まだ61歳と老け込む年齢ではない。唯一のレギュラー番組を失っても大丈夫かと心配になるが、テレビ誌のライターが番組の実情を踏まえて推測する。「少なくとも生活面での心配はまったくないでしょうね。 [全文を読む]

<報ステ降板問題>番組の都合を無視した古賀氏、外部圧力はない踏ん張るテレビ朝日、その意に沿って説明を繰り返した古舘氏

メディアゴン / 2015年04月08日03時20分

両角敏明[テレビディレクター/プロデューサー]* * *3月27日(金)のテレビ朝日「報道ステーション」での古舘伊知郎氏と、この日最後の出演となったコメンテイター・古賀茂明氏のやり取りが話題となっています。筆者はたまたま生で視ておりましたが様々な思いが去来しました。筆者はニュース番組に近い番組のディレクターやプロデューサーのひとりであったこともあり、コメン [全文を読む]

報道ステーションで古舘氏と古賀氏が口論する放送事故が発生し話題に

秒刊SUNDAY / 2015年03月28日01時24分

テレビ朝日の報道番組「報道ステーション」で、古館キャスターと古賀茂明氏が口論する場面がありネットでも話題となった。口論となった原因は、古賀茂明氏が番組を降板させられたと言う理由に関して一言自分の理論を述べたことで古館キャスターが「承服できない」と反論。お互いの言い分を生放送で言い合うというめずらしい一幕となった。視聴者としてはこれが放送事故のように写ったよ [全文を読む]

俺の後釜がミヤネ? 冗談じゃない! 古舘伊知郎が鬱憤ぶちまけた

リテラ / 2014年12月20日12時27分

思考停止してるんだからな」 ステージの上でそう吠えまくった、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスター・古舘伊知郎。これは、古舘が今年10月に行ったトークライブ『古舘伊知郎 トーキングブルース』での様子。昨日、『報ステ』のあとにこのステージが特別番組として放送されたのだが、その姿は『報ステ』とは激変、怒りと気迫に満ち満ちたものだった。 本サイトでも以 [全文を読む]

古舘伊知郎が『報道ステーション』以外に出演しない理由とは

NEWSポストセブン / 2013年04月10日16時00分

久米の後釜として、古舘が指名され『報道ステーション』がスタートしたのだ。当初は、『おしゃれイズム』も引き続き担当していたが、2005年3月限りで退任。『報道ステーション』1本のみに絞り、それ以降『報ステ』以外の番組で古舘を見かけることはほとんどない。 古舘が『報ステ』以外に出演しない理由はなんなのか。テレビ局関係者が解説する。 「他番組に出演しない理由は、 [全文を読む]

木村拓哉にインタビューした「報ステ」富川悠太アナになぜか猛省を促す声

アサジョ / 2017年04月24日18時14分

4月18日には異例ともいえる報道番組「報道ステーション」(テレビ朝日系)に出演し、独占インタビューを受けた。「テレビ朝日は木村ために関西の夜桜を眺められる庭園を用意し、メインキャスターの富川悠太アナにインタビューをさせました。折良く桜が満開の美しい庭園に、木村は『めちゃくちゃ、報道ステーション』と独特な言い回しで感激。ニュース番組もよく見ていて『報道ステー [全文を読む]

『報ステ』党首討論“1分遅れにブチ切れ“安倍首相がFacebookでさらに番組攻撃! 詭弁と嘘だらけの言い分に愕然

リテラ / 2016年06月23日17時30分

逆ギレクレームに他党攻撃のデマまで撒き散らす......これのどこが「美しい国」の首相の姿なのか? 6月21日にテレビ朝日『報道ステーション』で放送された9党党首会談。収録後、安倍首相が"プッツン"。「ちょっと6時に出なきゃいけないんだよ、飛行機の問題があるから!」とわめき散らしたのだが、議論をダラダラ引き伸ばしたのは安倍首相本人であり、理不尽極まりない逆 [全文を読む]

爆笑問題・太田、古舘の「報ステ」降板を「笑いに飢えていたのでは」

Smartザテレビジョン / 2015年12月27日14時27分

爆笑問題・太田光が、12月27日に放送された「サンデージャポン」(TBS系)の中で、「報道ステーション」(テレビ朝日系)のメーンキャスター・古舘伊知郎の降板報道に触れ、古舘の心境を独自の視点から分析し、おもんぱかった。 番組では、古舘が自ら申し出て12年間務めた「報道ステーション」を来年3月いっぱいで降板するというニュースを紹介。これを受けてスタジオでは、 [全文を読む]

内情暴露された『報ステ』古舘伊知郎、本音は「もうやめたい」!? 打ち切り問題が再浮上か

日刊サイゾー / 2015年04月01日13時00分

27日放送のテレビ朝日系ニュース番組『報道ステーション』で、元経済産業省官僚の古賀茂明氏が自身の降板をめぐり古舘伊知郎キャスターと激しく応酬する一幕があり、波紋を広げている。 同日がコメンテーターとして最後の出演となった古賀氏は、中東情勢について意見を問われると、突然「テレビ朝日の早河(洋)会長や古舘プロジェクトの佐藤(孝)会長の意向で、今日が最後(の出演 [全文を読む]

古舘伊知郎が「燃える闘魂」でイキイキした同期3人定年の宴

NEWSポストセブン / 2015年03月04日07時00分

そして80人近くの出席者の視線が集まる入り口から登場したのは、同局の看板番組「報道ステーション」のメインキャスターを務める古舘伊知郎(60)だった。 実は古舘はこの会の主役の3人とは1977年のテレ朝同期入社。自身は1984年に退社してフリーとなったが、かつて苦労を分かち合った「同期の桜」を祝うべく、「報ステ」の本番直前の忙しい合間を縫って駆けつけたのだ。 [全文を読む]

テレ朝・宇賀なつみ 『報ステ』降板後に朝番組抜擢も正念場

NEWSポストセブン / 2014年04月02日16時00分

テレビ朝日の『グッド!モーニング』は、『報道ステーション』のスポーツコーナーでサラリーマンから人気の高い宇賀なつみアナを司会に抜擢した。テレビ局関係者はこう話す。 「朝の民放ニュース戦争は、『めざましテレビ』が断トツでトップ。頻繁に視聴率2ケタを取っており、他局の追随を許していません。これは、ひとえに加藤綾子アナ、生野陽子アナという2大人気女子アナのおかげ [全文を読む]

「わかったように話すのは危険」久米宏が「報ステ」古舘について初めて語った

アサジョ / 2017年10月17日18時14分

これまで同居人(奥さん)にしか話してない」と前振りして、「自分が辞めたら、その枠にだれか入りますよね」と後継番組「報道ステーション」について語り始めた。「(報ステの)1日目と2日目は観なかった。肉体的にも精神的にも限界を感じていたから番組を降りたけど、3日目に観たとき、正直、辞めなきゃよかったという気持ちは少しはありましたね。もうちょっと続けてればよかった [全文を読む]

テレ朝・小川彩佳アナ、ミニスカ衣装で太もも露出! テーブルの下にファン釘づけ

メンズサイゾー / 2017年08月01日17時00分

現在、小川は局の看板ニュース番組『報道ステーション』のサブキャスターを担当。スタジオに華を添えるだけでなく、取材に奔走し、番組を支えている。バラエティにほとんど出演しない彼女は、マジメでインテリなイメージが強く、視聴者からの好感度も高い。 女子アナといえば、同性から反感を買うケースもあるが、落ち着いた雰囲気で主婦層からも支持されている小川。しかし、ネット [全文を読む]

“熱盛ジャパン”稲葉篤紀の侍監督を後押し!? 『報ステ』スポーツコーナーの攻めの姿勢

日刊サイゾー / 2017年07月28日19時00分

これ、『報道ステーション』(テレビ朝日系)を見ていないとワケがわからない。 稲葉といえば、2014年シーズン限りで現役を引退した後、翌年から『報道ステーション』のプロ野球コメンテーターに就任。野球シーズンは、ほぼ週1ペースで出演を続けている。そして、このスポーツコーナーで今季から始まった新ミニコーナーが「きょうの熱盛」だ。 野球ニュースの名物コーナーといえ [全文を読む]

第15回「2016テレビの記憶」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月28日18時39分

■4月 新装開店『報ステ』から見えるリア充感この4月はNHKや民放各局でニュース系番組のキャスター交代が相次いだが、テレビ朝日の『報道ステーション』も、12年間続いた古舘伊知郎サンから、メインキャスターが同局の富川悠太アナウンサーに交代した。リニューアル最初の印象は、とにかくスタジオの雰囲気が明るかった。富川アナは生粋の体育会系の好青年だし、小川彩佳アナは [全文を読む]

フォーカス