金曜日 報道ステーションに関するニュース

「報ステ」に熱い空気!寺川綾がスポーツキャスターに

Smartザテレビジョン / 2016年04月09日05時00分

4月11日(月)より装いも新たにスタートする、テレビ朝日・富川悠太新キャスターによる「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、競泳元日本代表の寺川綾が金曜日のスポーツ担当として出演することが決定した。帯番組でのスポーツキャスターのレギュラーは今回が初となる。 番組では競泳はもちろん、野球、サッカー、オリンピックなど幅広いジャンルのスポーツニュースを“アンカー [全文を読む]

古舘伊知郎「報ステ」降板に、宮根誠司が“後釜”画策か!?

アサ芸プラス / 2015年12月28日17時59分

いまは大阪で月曜から金曜日まで『ミヤネ屋』があるし、毎週日曜日はフジテレビの『Mr.サンデー』がある。だから、このタイミングで古舘の降板を知った宮根としては複雑な心境だと思います」「ミヤネ屋」放送中には「ミヤネ屋は16時に終わるから、新幹線に乗れば22時の放送に間に合うやん」と話した宮根。これにはさすがにコメンテーターから「ムリ、ムリ」とのツッコミが入った [全文を読む]

宮根が「カトパンに嫉妬してた」古舘が暴露

日刊大衆 / 2016年10月27日10時00分

放送時間は金曜日の22~24時。まさに『報道ステーション』(テレビ朝日系)の裏番組に位置しており、オープニングで古舘伊知郎(61)は「今、ちょうどラジオブースの中のちっちゃな画面で『報道ステーション』を見てるんだよね」とトーク。まだ、染みついた体内時計は抜け切っていないことを明かしていた。 実は、近日に放送が予定されている『ボクらの時代』(フジテレビ系)で [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】古舘伊知郎 『報ステ』ラストコメントに水道橋博士「今後の展開が楽しみ」

TechinsightJapan / 2016年04月01日14時30分

3月25日、古舘伊知郎が『報ステ』で最後の金曜日に迎えたみのもんたは「キミのプロレス実況は凄かったもんなー」と舌を巻いていた。31日には演歌『浪花節だよ人生は』の一節を用いながら「死んでまた再生します! みなさん、本当にありがとうございました!」と頭を下げたが、次に姿を見るときはどのような形になるだろうか。 (TechinsightJapan編集部 真紀 [全文を読む]

早朝女子アナの“セレブな午後”を大追跡!(1)テレ朝・宇賀なつみアナはかなりの酒豪?

アサ芸プラス / 2016年06月04日09時57分

特に金曜日は、自宅でワインを3本以上空けることも珍しくないそうです」(前出・テレ朝関係者) 人気アナが自宅で酒浸りになるのも無理はない。“朝の顔”にはストレスが付き物だからだ。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が解説する。「遅くとも、番組が始まる2時間前には局入りしなければならない女子アナは、出勤時だけタクシーの利用が許されますが、帰りは普通に電車を使いま [全文を読む]

『NEWS23』膳場貴子と岸井成格が最後の放送!「直接圧力はなかった」という岸井に代わり鳥越俊太郎が官邸のやり口を暴露

リテラ / 2016年03月26日08時00分

そういうジャーナリズムの姿勢を貫くとうことがますます重要になってきているなと感じています」(岸井成格) しかし、金曜日は放送時間が短いため、特集コーナーもなし。先日、『報道ステーション』(テレビ朝日)が緊急事態条項の危険性、ヒトラーと安倍首相の符号を指摘するという渾身の特集を放送したが、それとくらべると食い足りなさが残ったのは事実だ。しかも最後の最後に星浩 [全文を読む]

膳場貴子 「NEWS23」産休でTBSとの「クビ切り」攻防戦!

アサ芸プラス / 2016年01月16日09時57分

時を同じくして今度は金曜日のアンカーを務める、毎日新聞特別編集委員・岸井成格氏(71)が、3月末で同番組を降板するとの一報が別のスポーツ紙で伝えられ、混迷ぶりに拍車がかかっているのだが、TBS関係者が舞台裏を明かす。「安倍政権は、官邸を通じてNHKの報道に苦言を呈したり、テレ朝の『報道ステーション』に『偏向報道だ!』とクレームをつけたりと、マスコミに厳し [全文を読む]

菅官房長官がNEWS23岸井の勉強会にこっそり...古賀茂明らが証言する安倍政権の圧力、狡猾なやり口

リテラ / 2016年01月16日08時00分

古賀氏が菅官房長官について語ったのは、「週刊金曜日」(金曜日)2015年12月25日・1月1日合併号に掲載された鼎談でのこと。この鼎談には、古賀氏のほかに評論家の佐高信氏、上智大学教授の中野晃一氏が参加。最初に話題に挙がったのは「放送法遵守を求める視聴者の会」による『NEWS23』(TBS)のアンカー・岸井成格氏に対する意見広告についてだったが、まず、こ [全文を読む]

古舘伊知郎 「報ステ」降板の真相は妻が突きつけた離婚届

NEWSポストセブン / 2016年01月14日07時00分

夜遅くの生放送なので、月曜日から金曜日まで平日の夫の帰宅はいつも深夜。自宅に帰れない日も少なくない。土日も資料の読み込みや取材、他の仕事などで家を離れることも多かった。 「しかも、影響力の大きい人気報道番組のキャスターの仕事は想像を絶するほどのプレッシャーです。帰宅するときの古舘さんはいつも疲労困憊だったそうです。とても家のことを顧みるような余裕はなく、家 [全文を読む]

TVでリアルに視聴者が好きな番組、女子アナは?ランキング

週プレNEWS / 2015年11月04日11時00分

「毎週月曜から金曜日の21時から放送している情報番組なんですが、社会性のあるニュースはもちろん、お色気ネタも豊富。それに対して、アクの強いコメンテーターが辛口の意見を言ったりするので、見ていてスカッとするんです」 そして、TV評論家・朝日氏がプッシュするのは『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。 「元サッカー日本代表の前園真聖(まさきよ)がタクシーの運 [全文を読む]

欧州の失敗に目をつぶる「軽減税率」論のうさんくささ

ニューズウィーク日本版 / 2015年04月09日13時09分

渦中の報道ステーションで古賀氏の降板騒動があった先月末の金曜日。別番組だったのですが偶然にも、同局からワタクシ宛へ出演のオファーがありました。先約がありどうしてもスケジュールが合わず、後ろ髪を引かれる思いでお断りをいたしました。 世論は一斉に番組当事者の一挙手一投足に注目し、同局が官邸の意向に甘んじたといった風向きになりました。ただ、国際金融に長年携わって [全文を読む]

<テレビの役割にカウンター・デモクラシーを>テレビ朝日・早河洋会長が古賀茂明氏を「あってはならない件」と切り捨て

メディアゴン / 2015年04月02日20時05分

早河洋会長は、政治家からの圧力は「一切ありません」とし、「古賀氏は金曜日のゲストコメンテーターで、有識者をその都度呼んできた」4月の年度替わりに際し、コメンテーターの人選も含めた内容の刷新を指示したが「固有名詞を挙げて議論したことはない」そうである。テレビ朝日は大変良い放送局である。上層部が現場に不必要に口出しはしないと言うルールがきちんと守られているから [全文を読む]

『報道ステーション』で古賀茂明が「官邸の圧力で降板」の内情暴露! 古舘が大慌て

リテラ / 2015年03月28日13時30分

「古賀さんは金曜日に時折出てくださって、私も勉強させていただいている中で、4月から番組の様相が変わっていく中でも、古賀さんに機会があれば、企画があうなら、出ていただきたいと相変わらず思っていますし、古賀さんがこれですべて何かテレビ側からおろされるということはちょっと古賀さん、それはちがうと思いますよ」 しかし、古賀氏はひるまない。「いや、でも古舘さんおっし [全文を読む]

<中森明菜『紅白歌合戦』出演の謎>その謎を解き明かしてしまったNHKの密着ドキュメンタリー

メディアゴン / 2015年01月10日17時19分

現場から生中継する映像を、筆者はNHKの『ニュースウォッチ9』で見ていた。1月9日金曜日の夜のことである。見終わると、いつもならテレビ朝日の『報道ステーション』に変えるのだが、どのみち冒頭は膠着状態のパリのレポートだろうと思ったので、そのままNHKを見ていた。すると、中森明菜の歌声が聞こえてきたので、筆者は吸い寄せられるようにテレビの前のソファに座って離れ [全文を読む]

フォーカス