存在 聖徳太子に関するニュース

2016年に原発事故、日本沈没… 怖すぎて封印された聖徳太子の未来予言

ハピズム / 2013年04月28日21時00分

今から約1300年前、日本にも偉大な予言者が存在した。「冠位十二階」、「十七条憲法」で知られる飛鳥時代の偉人、聖徳太子。歴史の教科書でもおなじみで、日本の紙幣は一時、千円札、五千円札、1万円札の肖像画は全て聖徳太子だった時があったほどだ。その名を知らない者はいないだろう。 だが最近では、お札に使用された誰もが知っている聖徳太子の肖像画が実は、本人の顔ではな [全文を読む]

聖徳太子は存在しなかった!? 我らが習った日本史はデタラメだった?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年09月13日05時50分

あれ、そういうことじゃないかな? 文=奥みんす [全文を読む]

「かっこよすぎ!」進研ゼミに掲載されている歴史上の人物が話題に

秒刊SUNDAY / 2013年04月23日10時28分

(画像)こちらは、今やその存在がすっかり薄れてしまった聖徳太子。投稿によれば、こちらはベネッセコーポレーションで行なっている通信教育講座「進研ゼミ」の教材に採用されているものだそう。今では、一昔前に教科書や1万円札に採用されていた聖徳太子の肖像も本人ではないとまで言われ、すっかり影が薄くなったものの、同教材では若いころを描いているのか今風のちょっと鋭さのあ [全文を読む]

2016年に東京壊滅、人類滅亡!? 封印された「聖徳太子の予言」に戦慄!

tocana / 2015年04月23日17時30分

今から約1400年前、日本には偉大な予言者が存在した。 聖徳太子(574年2月7日~622年4月8日)は、飛鳥時代に推古天皇の摂政として活躍した政治家で、「冠位十二階」「十七条憲法」を制定した人物。その名を知らない者はいないだろう。しかし、今では彼の存在すらも疑われ、かつて日本の紙幣に使用された太子の有名な肖像画も、実は本人ではないという説が出るほどに、謎 [全文を読む]

徳川綱吉 教科書記述一変、生類憐みの令は慈愛の政治と評価

NEWSポストセブン / 2013年04月14日07時00分

親書を託した聖徳太子も存在が疑われているから、将来の教科書では名前そのものが消えているかもしれない。 一方、歴史研究の成果で、逆に評価が上がった人物もいる。 関ヶ原の戦いで西軍を組織した石田三成について、1988年版では〈五奉行の一人石田三成は、小西行長らとはかって家康の排斥をくわだてて挙兵し〉と悪役臭が漂うような表記になっていたが、現在は〈豊臣政権を存続 [全文を読む]

バーで「あちらのお客様からです」とやっていそうな有名人、2位はトレエン斎藤、1位は…

Woman Insight / 2017年04月16日17時00分

■「あちらのお客様からです」とやっていそうな有名人ランキング (c)shutterstock.com 5位 福山雅治 バーで飲んでいる姿が目に浮かぶし、「あちらのお客様からです」をやっても嫌味にならない貴重な存在かも。 4位 明石家さんま 世代が世代だけに、やっていそうですが、それもすべてネタとしてTVでしゃべっちゃいそうですよね(笑)。でもイヤじゃない [全文を読む]

日本人が箸を横に置くのは霊界との「結界」を意味していた!? 知られざる箸文化の奥深さを徹底解説

tocana / 2017年02月24日17時00分

それもそのはず、当時の日本には祭祀に用いられた「折箸(おりばし)」は存在したが、食事は専ら手づかみで食べられていたのだ。「手づかみの食事スタイル」は、隋の風習からすると「原始的で野蛮な国」と思われる恐れがあったのだ。隋との外交・貿易は当時の国家の最優先事項であったため、そのように見なされたら一大事である。 そこで、聖徳太子は箸を使う文化をまず朝廷に広めた [全文を読む]

「かぐや姫」静岡県富士市だけ伝承が異なるのはなぜ?

WEB女性自身 / 2013年06月06日07時00分

【あの葛飾北斎の『富嶽三十六景』は、じつは46枚存在する】富士山が描かれた葛飾北斎の名画『富嶽三十六景』。その名のとおり、当初は36枚の連作だったが、あまりの人気により『裏富士』と呼ばれる10枚が追加発表された。結果、46枚のシリーズに。 【『どっこいしょ』のルーツは、富士登山!?】かつて、富士登山者は白い衣服を身にまとい、八角のつえを突き、「六根清浄( [全文を読む]

聖徳太子 実在疑問で教科書での存在が年々薄くなっていった

NEWSポストセブン / 2013年04月13日07時00分

実は、これまでも聖徳太子の存在感は年々、薄くなっていた。歴史教科書の最大手・山川出版社の教科書の過去と現在の記述を見比べてみれば、違いは一目瞭然だ。いまから25年前、1988年の教科書では、〈推古天皇は、翌年、甥の聖徳太子(厩戸皇子)を摂政とし、国政を担当させた〉となっていたが、今年度の教科書では、〈推古天皇の甥の厩戸王(聖徳太子)らが協力して国家組織の [全文を読む]

日本人の先祖はユダヤ人だった! TVスタッフが口止めした真実

ハピズム / 2013年03月17日17時00分

彼女はある時TVのインタビューの途中で、言ってはいけないと(指導する見えない存在から?)言われていたことをうっかり喋ってしまった。だが、スタッフが撮影したビデオを再生してみると、音声だけが消えていた。その口止めされた内容は、古代イスラエル人が日本に渡来したという話だった。私はそれを聞いて「やっぱり」と思ったものだった。 [全文を読む]

小中学校で「聖徳太子」や「鎖国」が消える?そのワケは?

JIJICO / 2017年03月06日09時00分

また「幕府の対外政策」とする理由として、長崎でのオランダ船、中国船との貿易のほか、朝鮮からは通信使の来日と対馬の宗氏による貿易、琉球からは慶賀使・謝恩使の来日と薩摩藩との関係、さらに蝦夷地では松前氏がアイヌと交易をしていたなど、長崎以外にも外国との窓口が存在したということが、理由として上げられています。 しかし、朝鮮の通信使と琉球の慶賀使は将軍の代替わり [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】戦火を乗り越えた浅草寺の聖観音菩薩

GOTRIP! / 2017年01月25日16時30分

あまりに身近な存在になっているものは、じつはその全容がまったく知られていなかったりもします。たとえば、雷門で有名な浅草寺もそのひとつです。 浅草寺には、今日もたくさんの参拝客が訪れます。老若男女問わず、誰しもが熱心に手を合わせています。 ですが浅草寺の御本尊は、有史以来たった数人しかその姿を確認していません。 ・御本尊を目撃した現代人はいない 日本国内の「 [全文を読む]

爆笑確実!『ご長寿早押しクイズ』復活にファン歓喜

しらべぇ / 2016年12月10日19時00分

常人では思いつかないような珍回答・名回答が連発されたため、『からくりテレビ』の人気を牽引する存在に。さらに笑いの能力が高い解答者を招き王者を決める「名人戦」も開催し、名物出演者も誕生。そのカオスな解答ぶりは番組MCの明石家さんまも「お笑い芸人でも勝てない」と舌を巻くほどの面白さだった。ところが一部から「高齢者を笑いものにするな」とクレームが入ったことや、下 [全文を読む]

中国のスマゲー「陰陽師」が日本でも大人気、でも「陰陽師」って何?―中国メディア

Record China / 2016年10月20日00時50分

では、古代の日本において、実際の陰陽師とはどんな存在だったのだろう? 陰陽師とは? 日本では、陰陽師は飛鳥時代から存在し、律令制下において中務省の陰陽寮に属した官職の1つだった。陰陽五行思想に基づき、陰陽道から学んだ占術や風水によって、天体観測や暦法制定の職務を行っていた。その後、本来の律令規定を超えて占術や呪術、祭祀を司るようになった。そして中世以降、民 [全文を読む]

外国人だから見える日本の美点。「和の国」が世界中を感動させる理由

まぐまぐニュース! / 2016年05月23日19時00分

「恩や義理人情」 「大いなる和の国」に存在する「恩や義理人情」の「美徳」を、日系ペルー人のカトリック神父で、戦後の日本で貧民救済事業にあたっていた加藤マヌエルさんは指摘する。 また、日本人が持っている「美徳」のひとつは、「恩や義理人情」です。通算13年ほどの滞在期間中、私は私にできる限りの援助をその当時困っていた方々にしていたのですが、今はその人たちに助 [全文を読む]

日本も外交は得意だった 最初は聖徳太子の時代と井沢元彦氏

NEWSポストセブン / 2015年11月04日07時00分

* * * 日本人は外交下手という一般的な評価は残念ながら存在する。確かに中国や韓国にはやられっぱなし、「南京大虐殺」でも「従軍慰安婦」でも、あまりにも日本外交は後手に回っていることは事実である。 しかし過去をさかのぼってみればそうでもない。日本も外交は得意だった時代はちゃんとある。 その最初はやはり聖徳太子に象徴される対中国外交であろう。日本にとって対 [全文を読む]

大空出版、『聖徳太子は天皇だった』を発売 聖徳太子の実在論争に衝撃の新説!

@Press / 2014年11月06日12時00分

その他にも、『聖徳太子伝暦』をはじめ『上宮聖徳法王帝説』や『扶桑略記』など、聖徳太子の偉業や逸話について記された文献は多く存在していますが、現在ではその多くが後付けの創作とされ、非実在説が説かれるまでに至りました。また、歴史の教科書においても「聖徳太子」から「厩戸皇子」へと表記の変更が進んでいます。 本書では、「万葉史観」によって『日本書紀』が隠蔽した真実 [全文を読む]

【もしも】歴史的偉人がTwitterユーザーだったら…プロフィール欄を考えてみた

しらべぇ / 2014年10月29日20時00分

では、もし歴史に名を残す偉人が現代に存在し、Twitterを使っていたとしたら、一体どのようなプロフィールにするのでしょうか? それを考える前にまず、いまの有名人たちのTwitterプロフィールをチェックしてみましょう! ■孫正義(@masason) 「孫正義です。 Twitterで多くの皆さんと時空を超えて、心の繋がりが広がっていく事に感動しています。初 [全文を読む]

~本格商店街おこしシミュレーションバトル~ 和を以て貴しとなす。『おやじねこ横丁』に聖徳太子ねこ現る!!

PR TIMES / 2013年11月19日18時02分

【開催予定日】2013年11月19日(以後、不定期開催)【おやじねこ横丁とは】~おやじねこ横丁~あなたの街のどこかの脇道を抜けたところに存在する、おやじねこ達の憩いの場。おばはんねこに占領された街並に、かつての繁栄した姿は無く、多くのおやじねこ達は野に下って野生化してしまっていた。ぶらりと通りすがったあなたは、おやじねこ達の世界にどっぷりと巻き込まれてしま [全文を読む]

存在感薄まる聖徳太子 十七条の憲法の功績も否定され始める

NEWSポストセブン / 2013年05月14日16時00分

年々、教科書における存在感が薄くなっているのが「聖徳太子」だ。推古天皇の摂政として国政を担当、冠位十二階や十七条憲法を制定したと私たちが習った聖徳太子像は、今では厩戸王(うまやとおう)という呼び名が強調され、「国政の担当者」から「協力者」へと格下げされている。文教大学付属高校講師で、歴史家の河合敦氏は、聖徳太子が“失脚”した経緯についてこう話す。 「199 [全文を読む]

フォーカス