伝説 聖徳太子に関するニュース

2016年に原発事故、日本沈没… 怖すぎて封印された聖徳太子の未来予言

ハピズム / 2013年04月28日21時00分

このように、何かと謎の多い聖徳太子、一体どのような人物だったのだろうか?■聖徳太子の超人伝説 聖徳太子(574年2月7日~622年4月8日)は、用明天皇の第二皇子として生を受ける。生まれた場所は宮中の馬小屋の前だったため厩戸皇子(うまやどのおうじ)と呼ばれていた。 馬小屋といえば、イエス・キリストも馬小屋で生まれている。そのため、聖徳太子はキリストの生まれ [全文を読む]

2016年に東京壊滅、人類滅亡!? 封印された「聖徳太子の予言」に戦慄!

tocana / 2015年04月23日17時30分

伝説として語り継がれるエピソード 聖徳太子の神秘的な力を伝える伝説は多い。・生まれてすぐに言葉を発し、幼少の頃、すでに国内外の学問を修め、高僧の域に達した天才児だった・1度に10人の話を聞くことができた・馬に乗って空を飛び、富士山の頂上に登った など。 さらに、こんなエピソードもある。 587年、神道を奉ずる物部氏と、仏教を奉ずる蘇我氏との武力闘争が激化 [全文を読む]

“読むプラネタリウム写真集” シリーズ最新刊『夜空と星の物語 日本の伝説編』発売

PR TIMES / 2016年10月24日11時21分

株式会社パイ インターナショナル(豊島区)は、2016年11月11日(金)に書籍『夜空と星の物語 日本の伝説編』を刊行いたします。[画像1: http://prtimes.jp/i/12505/200/resize/d12505-200-904065-0.jpg ]浦島太郎と出会ったすばる、火星にまで届いていた聖徳太子の名声、怠け者を追いかけるオリオン座… [全文を読む]

「かぐや姫」静岡県富士市だけ伝承が異なるのはなぜ?

WEB女性自身 / 2013年06月06日07時00分

【富士市の『かぐや姫』は、月ではなく富士山に帰っていく】光る竹の中から現れ、やがて月へ帰っていく『かぐや姫』伝説。誰でも知っている話だが、富士山のお膝元、静岡県富士市では、ちょっと異なるエンディングになっているという。「このあたりでは、かぐや姫は月ではなく、富士山へ帰っていくと伝えられています。市内にある『竹採公園』の竹林の中には、『竹採塚』と呼ばれる場 [全文を読む]

聖徳太子が建てた華道の聖地。京都のおへそ「六角堂」を往く

まぐまぐニュース! / 2017年05月19日23時06分

そんな時に桓武天皇が祈ったところ、六角堂が北へ15メートル動いたという伝説があります。この時に一つだけ残った礎石がこの石だということです。江戸時代までは六角通りにあったそうで、明治時代になってから境内に移されたと伝わります。六角堂は京都のほぼ中心に位置することから、この石をへそ石と呼ぶようになったそうです。 女子にも嬉しい「縁結び」にもご利益あり 縁結びの [全文を読む]

SMAP解散と天皇「生前退位」の奇妙な共通点! そして聖徳太子の予言「2016年クハンダ襲来、東京壊滅」とは?

tocana / 2016年08月18日07時00分

■聖徳太子が予言した日本の破滅 聖徳太子は誰もが知る日本の聖人だが、未来を予言する能力まで持っていたという伝説がある。事実、『日本書紀』にはこう記されている。「厩戸皇子、壯(そう)に及びて未然を知ろしめたもう(太子、これから起こることを予知する)」 つまり、太子が予言者であったということは、日本の正式な歴史書が証明しているといえるのだ。 その予言を記録した [全文を読む]

これが出来たら聖徳太子超え!? 耳から脳を目覚めさせる新感覚動画が公開中

Entame Plex / 2015年09月08日11時22分

とはいえ、画面が再び4~9分割になると、その内容もなんとなくわかり、“聖徳太子が10人の言葉を聞き分けた”なんて伝説も可能なんだなと思わず納得。そして、ちょっと耳が慣れてくると人間思わず頑張りたくなるもので、再び約50分割された画面の聞き分けに再挑戦してみるだが……もちろんわかるわけもないが、それでも確かに脳が活性化された気がするのだからあら不思議。ぜひ、 [全文を読む]

災いの予兆? 不老不死の薬? 伝説の「人魚」に荒俣宏が迫る

tocana / 2014年03月21日09時00分

これまで「ツチノコ」と「河童」を検証し、3/29 21:00に控えた第三回目の放送ではとうとう「人魚」伝説に荒俣が迫る――。 ■未確認だった人魚の輪郭が浮かび上がる 人魚といえば一般にヨーロッパの幻獣と思われがちだが、実は日本にも人魚にまつわる物や逸話は数多く存在する。たとえば江戸時代に作られた「人魚のミイラ」。これは日本からヨーロッパへと輸出され、世界の [全文を読む]

天皇は3カ月も湯治するほど温泉好き? 裏に血なまぐさい政争も

AOLニュース / 2013年10月21日15時00分

書籍にはこうした伝説のような逸話のある、歴史ある温泉が数々登場。秋の行楽シーズン、温泉に行く際の参考にしてみてもいいかもしれません。 また、この時期の温泉でぜひとも一緒に楽しみたいのが紅葉。温泉は山合にあることが多いため、温泉地の近くには紅葉スポットが多数あります。先の有間皇子のエピソードにも出てきた南紀白浜温泉も、実は周辺に紅葉が楽しめる山があります。 [全文を読む]

「ばばあが不倫して妊娠→スピード出産!?」 誰も知らない本当の「桃太郎伝説」!!

ハピズム / 2013年07月01日17時45分

世の中にはたくさんの伝説や言い伝えがあります。しかし、それがどうして「人々の間で伝わったのか」……。そのことに着目していきたいと思います。 さて、今回取り上げるのは「桃太郎の伝説」です。みなさんは、桃太郎の話が“怪奇現象”の宝庫であることをご存じでしょうか。■なぜ桃太郎は「桃から生まれた」のか?【謎1】赤ん坊の入った桃が川から流れてくるというのは、通常あ [全文を読む]

【動画アリ】2週間で60万再生回数越えの“人魚動画”が話題!! 人魚の予言と歴史

ハピズム / 2013年06月11日21時00分

世界最大級の動物をメインテーマとした番組「アニマルプラネット」の「人魚伝説~失われた真実~」という特集において、グリーンランド近海で人魚の撮影に成功。 小型潜水艦で、海底600メートルを撮影中、突然、「ドン!」という音とともに窓の外から何者かの手が張り付いた。その手には水かきがくっきりとあり、あきらかに人のものではない。 一瞬、手の主の顔が見えるのだが、 [全文を読む]

春めく古都をぶらりと散策。京都通が案内する八坂通りの歩き方

まぐまぐニュース! / 2017年03月04日08時00分

六道珍皇寺 六道珍皇寺は小野篁(たかむら)の冥界伝説が残る寺院です。小野篁は平安時代の貴族で、昼は内裏(天皇の住居)で公務に就き、夜は冥界閻魔大王に仕えていたと言われています。 境内には小野篁が冥府への出入り口として使っていたとされる井戸や閻魔大王像などがあります。お盆の時期は先祖を迎える六道参りや、迎え鐘などで有名です。 八坂庚申(こうしん)堂 金剛寺 [全文を読む]

カグヤ姫には隠し子がいた:684年白鳳大地震の満月津波のかげで/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2017年02月25日07時45分

その到来伝説が日本各地にある。しかし、この移民は、680年、外洋ダウ船によってこそ大規模に可能になった。その船に乗っていたのが、西王母信仰の巫女、カグヤ姫。そして、彼女は天武天皇との間に男の子を産んだ。第二次徐福移民団もちろん中国系移民は、紀元前からいただろう。それ以上にものすごかったのが、六世紀、七世紀の半島系移民だ。仏教からなにから、いろいろ日本に教え [全文を読む]

ミカンはどこからやってきた?:古代渡来人の秘宝/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2017年02月15日06時31分

秦の始皇帝の時代、つまり、紀元前200年頃から、徐福の伝説にあるように、多くの中国系渡来人が日本に押し寄せてきていた。秦氏、と呼ばれる連中だ。もともと多遅守は、自称新羅王子で日本に帰化したアメノヒボコの五代目。彼がマンダリンオレンジ探索を命じられたのも、彼自身が帰化人であったからにほかならない。 秦氏、といっても、さまざまな帰化人部族が、この同じ名で呼ばれ [全文を読む]

鳩のおみくじが可愛い!京都のおへそ 六角堂

GOTRIP! / 2016年12月09日10時00分

平安京を建設する際に、六角通が街路上にあたることを憂いた桓武天皇が遷座の祈願をされたところ、六角堂がひとりでに北へ五丈(15メートル)も動き、その時に街路に残された石という伝説を持っているそうです。 六角堂が昔の町衆の寄り合い所であったことや、ほぼ京都の真ん中に位置していたことから「へそ石」「要石」と呼ばれています。 さて、六角堂を訪れた女性の皆様に、ぜひ [全文を読む]

松下由樹ら“大奥女優”が「大奥」の真実に迫る!

Smartザテレビジョン / 2016年02月29日10時00分

中でも、久保田の心を揺さぶったのが亮朝院にある“大奥女中が愛した伝説の仏像”だ。思わず久保田が涙してしまった仏像にまつわるエピソードとは。 ドラマという形で大奥の世界を現代によみがえらせた“大奥女優”3人を迎え、当時の女性たちの心情にも深く斬り込む今回の「ぶっちゃけ寺」。次々と出てくる“大奥の真実”に、多くの視聴者が常識を疑ってしまいそうだ。 [全文を読む]

有村架純、金髪の現役JK150人に囲まれる!

Movie Walker / 2015年04月27日20時05分

イベントでは、当時、聖徳太子を“せいとくたこ”と読んだ小林の伝説(!?)にちなみ、会場の女子高生たちの持つ“ビリ”エピソードが明かされた。 「常に学年ビリだった成績が、ビリから2番目に上がり母親が泣いて喜んだ」や「数学のテストで0点を取り、周りを見返すために慶応大学合格を目指し猛勉強中」など、やや感動的なエピソードに、有村も「すばらしい!目標を持つのは大 [全文を読む]

世界文化遺産に登録された秀峰の多様な横顔を浮き彫りにする 『知られざる富士山 秘話 逸話 不思議な話』を刊行

PR TIMES / 2013年12月20日11時45分

【もくじ】 第1章 日本人と富士山 富士山のおいたちは? なぜ各地にふるさと富士が? 第2章 自然・動植物 崩れ続ける山? 春に現われる豆薪小僧とは? 第3章 霊山・富士の伝説 聖徳太子も富士に登った? 第4章 歴史と民俗 富士講とは? 富士登山を広めた人物は? 第5章 外国人が見た富士山 開国直後、外国人初の登山者は? 第6章 最高峰に魅了された人々 [全文を読む]

井沢元彦氏 日韓が歴史認識を巡って争う小説を1991年に刊行

NEWSポストセブン / 2013年12月09日07時00分

主任弁護人ないし主任検事役の架空の人物に加え、日本側の立会人である聖徳太子、韓国側の立会人である檀君(朝鮮民族の始祖とされる伝説的な神人)を始め、親鸞、道元、上杉鷹山、太宗武烈王(新羅王。唐と連合して百済を滅ぼし、朝鮮半島統一の基礎を固めた)、李退渓(韓国の朱子とも讃えられる16世紀の大学者)など、様々な歴史上の人物が証人役で登場する。 法廷は、「日帝三十 [全文を読む]

安藤美姫娘の父親は神か宇宙人だった! ロシア隕石との関係も!?

ハピズム / 2013年07月11日09時00分

聖徳太子の母、穴穂部間人皇女は救世観音が口から胎内に入り、身ごもったとの伝説がある。釈迦の母、后マーヤ(摩耶)は、神聖なる白い象が右のわき腹から入る夢を見て釈迦を懐妊したという。聖人とされる人物は、神秘的な存在により妊娠したとされることが多い。■神の子を宿す話 古代から伝わる世界各国の神話においても不思議な妊娠話がある。ギリシア神話では、スパルタの女王で人 [全文を読む]

フォーカス