肖像画 聖徳太子に関するニュース

2016年に原発事故、日本沈没… 怖すぎて封印された聖徳太子の未来予言

ハピズム / 2013年04月28日21時00分

歴史の教科書でもおなじみで、日本の紙幣は一時、千円札、五千円札、1万円札の肖像画は全て聖徳太子だった時があったほどだ。その名を知らない者はいないだろう。 だが最近では、お札に使用された誰もが知っている聖徳太子の肖像画が実は、本人の顔ではないという説がでている。そして、今では聖徳太子の存在すらも疑われだしているのだ。このように、何かと謎の多い聖徳太子、一体ど [全文を読む]

聖徳太子は存在しなかった!? 我らが習った日本史はデタラメだった?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年09月13日05時50分

もう少し記憶に残るように勉強しておけばよかったと反省しつつも、「教科書に載っていた肖像画にひげや髪を足しているやつが必ずいたよなあ」とか、「先生のテストに出ない話がおもしろかったな」とか、いろいろと思い出の多い教科だ。 さて、そんな日本史の教科書である。教科書が、数年ごとに改訂されて、世代ごとに使用するものが違うことはさすがに知ってはいた。だが、自分が日本 [全文を読む]

2016年に東京壊滅、人類滅亡!? 封印された「聖徳太子の予言」に戦慄!

tocana / 2015年04月23日17時30分

しかし、今では彼の存在すらも疑われ、かつて日本の紙幣に使用された太子の有名な肖像画も、実は本人ではないという説が出るほどに、謎の多い人物であることが明らかになってきている。【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2015/04/post_6254.html】 今回は太子の謎と予言に迫ってみよう。■聖徳太子のミステリアスな生い立ち 聖德 [全文を読む]

4月から初めて「歴史」を学び始める全国の小学生6年生に 歴史好きになってもらいたい…と、 進研ゼミ小学講座が「しゃべる巻物型 歴史教材」を投入

PR TIMES / 2013年03月14日09時20分

~進化し続ける進研ゼミの付録~肖像画・写真・銅像などの資料をもとに聖徳太子からペリーまで11人の歴史人物の音声を独自に再現4月から初めて「歴史」を学び始める全国の小学生6年生に歴史好きになってもらいたい…と、進研ゼミ小学講座が「しゃべる巻物型 歴史教材」を投入--------------------- 株式会社ベネッセコーポレーションの通信講座「進研ゼミ小 [全文を読む]

「千円札で思い浮かぶ人物は誰?」その答えで年齢がバレます!

Woman Insight / 2016年09月29日07時00分

そして、続いて 「千円札の肖像画」といえば誰が思い浮かぶか、に関するアンケート結果。 皆さんは誰を思い浮かべますか……?(画像は壱萬円札ですが……) 20代は「野口英世」が53.9%と最も高く、30代以上では「夏目漱石」を選ぶ人が最も多い結果となりました。また、50代以上は、4人に1人が「伊藤博文」と回答する結果となりました。 ■千円札で思い浮かぶ人物( [全文を読む]

シャーロットが聖徳太子ゆかりの六角堂で菩薩に感動!

Smartザテレビジョン / 2015年08月31日10時00分

仏教の普及に尽力した聖徳太子は、現代日本における歴史の授業でも必ず取り上げられる偉人として知られるが、その一方で「本当は実在しなかった!?」「旧1万円札に印刷された聖徳太子の肖像画は本人ではない!?」という説も飛び出すほど、謎多き人物だった。 そこで今回は特別に、聖徳太子が593年に建立したとされる大阪・四天王寺のお坊さん・加藤公啓氏を迎え、聖徳太子の謎 [全文を読む]

聖徳太子 実在疑問で教科書での存在が年々薄くなっていった

NEWSポストセブン / 2013年04月13日07時00分

〈『書紀』の記す憲法十七条や冠位十二階、遣隋使の派遣についても、厩戸王(うまやとのおう・聖徳太子)の事績とは断定できず、後世の偽作説もある〉 さらに、厩戸王と聖徳太子は別人とする説や、太子は架空の人物とする説があるとし、旧1万円札の肖像画も本人とする根拠がないと記している。 掲載の理由を清水書院編集部に聞いた。 「近年、『日本書紀』や法隆寺系の史料研究を [全文を読む]

年商45億マダム信子氏の節約術 クリームはチューブ切って使う

NEWSポストセブン / 2012年11月12日16時00分

ソファ、絨毯にいたるまで、全部がヒョウ柄で統一された会長室の棚には「聖徳太子」の肖像画が飾られている。 「昔、(1万円札の)聖徳太子が大好きで、今でも毎日拝んでますよ。追いかけすぎたのか、逃げられましたけど(笑い)。今は福沢諭吉さんを、大事に、大事にしてね、ようやく集まるようになってきた。諭吉さんを集めるには、とにかくムダなものを省くことです。今は電気でも [全文を読む]

フォーカス