仕事 江戸川区に関するニュース

「こどものそばで働くプロジェクト」本格始動~職場に子どもが居てもいいじゃない~

DreamNews / 2016年01月29日18時00分

「江戸川区 地域密着型 子育て支援サイト HUGYUTTO(ハギュット)」https://www.hugyutto.com/PRJ_KodomonoSoba.aspx「こどものそばで働くプロジェクト」詳細https://www.hugyutto.com/PRJ_KodomonoSoba.aspx■プロジェクト概要名称:「こどものそばで働くプロジェクト~職場 [全文を読む]

小池都政は都民ラスト? 完成まで200年の『スーパー堤防』計画で「おしゃれに安全を確保」って…

週プレNEWS / 2017年06月28日17時00分

もしこの人たちを立ち退かせるために行政代執行しようとすれば、それは江戸川区の仕事になる。小池都政、そして都民ファーストの会はそれを黙認するのだろうか。選挙の結果を問わず、これは注視されなければならない。 住民にすれば、小池知事の言うところの「おしゃれに安全を確保」するために立ち退くなど冗談ではない話だ。 (取材・文・撮影/樫田秀樹) [全文を読む]

主婦にオススメのバイト、時給が続々上昇中

NEWSポストセブン / 2017年01月14日16時00分

新年に、新しい仕事を始めようと考える方も少なくないだろう。そんな方にお伝えしたいのが、パートやアルバイトの平均時給がグングン上昇しているということ。ジョブズリサーチセンターによると、3大都市圏(首都圏・東海・関西)の昨年11月度の平均時給は1002円と大台を突破。これは前年同月より21円も高い。3か月連続で過去最高を更新しているのだ。 主婦にとっても、働き [全文を読む]

売れっ子カウンセラーから議員へ。社会起業を志す20代女性議員の挑戦。

政治山 / 2016年09月01日11時50分

私は議員になる前、21歳の頃から約6年間カウンセラーの仕事をしていたのですが、東日本大震災の被災地でカウンセリングをさせていただいた際に、被災者の方とお話をしたときに行政や政治のあり方について考えたんです。 防災や減災についてもっとできることがあるんじゃないかと思いました。それをきっかけに制度や枠組みを作る側に入ってみたいと思うようになったんです。 また [全文を読む]

なぜインド人エリートは西葛西に住むのか #2

文春オンライン / 2017年07月16日07時00分

年金を管理するシステムの開発やメインテナンスなどが主な仕事である。 父親は材木商だった。インドでは公立より私立の学校の方がずっと学習内容の水準が高い。ラジャンは私立学校に通って英語で授業を受けたのでもちろん英語は堪能だが、母語はタミール語だ。隣のケララ州の言語も理解できる。ヒンドゥ語は話すのはそれほど得意ではないが、日本語もかなり上手だから、5つの言語に通 [全文を読む]

住みやすく子育て環境も抜群!平均年齢が低い「江戸川区」の魅力

しらべぇ / 2016年10月24日21時00分

しらべぇ取材班では、過去に江戸川区で仕事をしていた30代女性に話を聞いてみた。(1)地元を離れない人が多い「かつて江戸川区で、民間の教育関連の仕事をしていました。前任者からは「子供が少ないエリアだから、難しいかもね」と言われましたが、調べてみたら23区内でもダントツに子供が多い。ですので、私はお子さんを多く取り込めました。その理由をいくつか挙げますと、まず [全文を読む]

iPhoneアプリ「Sun^^Rice」が9月14日よりiOS10対応版リリース ~『ビンボー暇なし改善プログラム(生産性向上)アプリ』~

DreamNews / 2016年09月15日15時30分

▼ダウンロードページhttps://itunes.apple.com/jp/app/id1095146015?mt=8■アプリの説明仕事を「明日の為になる仕事(Sun^^ワーク)」「今、ご飯を食べる為の仕事(Riceワーク)」の2つに分類して、それぞれ計測(タイマー/後付け回数カウンター)します。アプリで Sun^^ワーク>>>時間を増やす Riceワーク [全文を読む]

なぜインド人エリートは西葛西に住むのか #1

文春オンライン / 2017年07月15日07時00分

声をかけたら、三十何人も集まってきてびっくりしたよ」 彼らはコンピューターの2000年問題に対処する仕事をするために日本にきていた。西暦2000年になるとコンピューターの年号認識に不具合が生じるのではないかと懸念され、金融機関などが対応に追われた。このとき活躍したのがインドのITサービス企業から大手企業に派遣された技術者たちで、大手町、茅場町、神谷町など都 [全文を読む]

東京・江戸川区が熟年向けOZmagazine発刊、新シニアに送付も

HANJO HANJO / 2015年10月10日09時45分

区内の書店などで販売するほか、仕事中心から生活中心へとシフトする新シニアである64歳の区民へ順次送付していく。 江戸川区は人口68万人。子育て世代が多い一方で、65歳以上の熟年世代が約14万人住んでおり、人口の2割を占めている。同誌はこうした世代が地域生活を楽しむための情報誌として制作された。 「大人のための江戸川区案内」をテーマに、レトロ居酒屋や葛西での [全文を読む]

がんばるママの新時代を解決するヘアサロンあなたの髪はダメージで泣いていませんか?ジャルダン独自の技術による「髪質改善」ヘアエステを体験してくださるメディア&ブロガーを大募集

DreamNews / 2015年03月12日13時00分

そんな葛西エリアに店を構えるこのサロンでは、育児や家事、仕事をがんばるママを応援しています。(コンセプト)「これからは、女性がより一層がんばる時代。子育てに、仕事に、家事に、やることがいろいろ……。でも、どんなに忙しくても美しくいたいのが女心ですよね。私も現在4人の子どもを育てています。ジャルダンは、そんな女性を応援するこれからのヘアサロンなんです。」ジャ [全文を読む]

YOUが衝撃告白「芸能人じゃなきゃもっと路上でチューしてる」

モデルプレス / 2017年08月15日16時00分

子どもの頃から風鈴工場のお手伝いが日課だったため「普通に土日休める仕事がしたい」と考えていたが、次第にモノ作りに興味を抱き、大学を卒業すると家業の道へ。3年前に工場の大黒柱だった父・裕さんが急逝。以来、女性ながらに4代目として懸命に篠原風鈴を支える日々を過ごすが、「風鈴のどこが好きかはわからない…」と率直に話す。 風鈴というと古風なイメージがあるが、密着 [全文を読む]

上司に潰されそうなキミへ…5月病で「会社に行きたくない」→退職に陥らないために

Business Journal / 2017年05月10日06時00分

慣れない環境での生活や仕事も1カ月を過ぎ、慣れ始める人がいる一方で、「会社に行きたくない」「なんとなく気分が憂うつ」と心身の不調を訴える人も少なくない。 また、4月から5月にかけては気候の変動も大きく、“気の病”にかかりやすい時期とされる。なぜ、人は5月病になるのか。 東京大学付属病院分院神経科勤務、立教大学コミュニティ福祉学部教授などを経て東京・江戸川区 [全文を読む]

笑点・山田隆夫 「座布団運びながら死ねたら本望ですよ」

NEWSポストセブン / 2016年07月10日16時00分

慰謝料と2人の娘の養育費の負担が重くのしかかり、次第に仕事もなくなり、「どん底」状態に陥った。 そんなとき声が掛かったのが座布団運びの仕事だった。28歳のときだ。以来、仕事が安定し、今の夫人とも知り合って再婚し、新たに子供も2人持った。 「それもこれも座布団運びのおかげ。この仕事を始めてから、失われていた運を取り戻したんです」 今、山田は『笑点』以外に、単 [全文を読む]

長引く口内炎に注意!2週間以上治らない場合「口腔がんの恐れ」も

WooRis / 2014年07月25日11時45分

仕事の疲れや睡眠不足などで、気が付けば口内炎ができていたという経験、心当たりはありませんか? そして、“すぐに治るから”と、特別な治療をせず放置している人も少なくないはず。 しかし、通常は2週間程度で治るはずの口内炎が、ずっと口の中に残っていたら要注意です。最悪の場合は“口腔(こうくう)がん”だったというケースもあるようです。 そこで今回は江戸川区歯科医師 [全文を読む]

【シゴトを知ろう】盆栽職人 ~番外編~

進路のミカタ / 2017年06月12日12時02分

まずは業界で有名な盆栽園に菓子折りを持参して伺い、どんな仕事をしているか見学させてもらうのがいいですね。――盆栽職人としての働き方・活動スタイルにはどんなパターンがありますか?大きく分けて盆栽素材生産者、オークション専門業者、海外公演デモンストレーター、盆栽作家の4種類です。生産者は地方の広い土地を生かし腰を据えて素材作りに撤し、オークション専門業者は全国 [全文を読む]

世界を目指すトップアスリート社員の活躍 社内にチャレンジ精神と一体感を生み出す効果 ビーチバレー鈴木千代 フィリピン国内ツアー優勝

DreamNews / 2017年05月12日10時00分

また、社会人としての自覚や、仕事と競技の両立の試行錯誤で培ったチャレンジ精神は、さらに鈴木を強くしています。 世界でのビーチバレーボール人気は高く、競技人口が1,000万人ともいわれる人気競技で、ロンドン大会では最初にチケットが売り切れた種目といわれています。日本では、まだ支援基盤や環境面において世界基準に達していませんが、ビーチバレーの人気は徐々に高まり [全文を読む]

株式会社NAaNA(ナアナ)ではこの度、「株式会社フィールドオフィシャルサイト」を制作し公開されました。

DreamNews / 2017年05月02日10時00分

利用者と施設・経営と調理者の想い(気持ち・ソフト面)を機械設備とレイアウト(ハード面)で表現する、それが弊社の仕事です。使い易さとコスト削減の両立、それと安心のメンテナンスフォロー。それが、ご利用者の笑顔につながる。弊社の主力商品である食器洗浄機をもとに、厨房全体の提案をし、サポートします。○業務内容1、業務用厨房設備の設計・施工2、業務用厨房機械・器具の [全文を読む]

マイホーム購入なら何区?「助成金や保障が手厚い」地域5つ

It Mama / 2017年01月03日21時00分

子どもが小さいうちはママも送り迎えをしないといけないので、仕事を両立していくとしたらかなり負担になりそう。ということで、わが子をどのように育てたいのか? ということも今のうちから真剣に考える必要がありそうです。東京都で「子育てしやすい区」は?おすすめ5つsource:https://www.shutterstock.com/今回は都内だとどこが子育てに良い [全文を読む]

待機児童問題は保育園の数だけが問題じゃない! 激務と薄給で保育士が離職していく苛酷な現実…

週プレNEWS / 2016年04月09日06時00分

遊び相手しながら仕事なんてできないし、昼寝だってせいぜい2時間程度。どうやって仕事しろっていうんですか」 3月になって届いた二次利用調整の結果により、長女が通う園とは正反対にある、遠く離れた新設の小規模保育所に入れることになったというが…。 「毎朝、自転車に長女と次女を乗せ、長女を園に預けた後に次女をまた別の園に預けに行くという、それだけで1時間かかります [全文を読む]

江戸川区との共同編集による60代熟年者向け地域情報誌 『OZmagazine NEXTAGE』江戸川区版10月9日(金)創刊!

PR TIMES / 2015年10月09日15時06分

熟年者へのインタビューでは「仕事ばかりだったので趣味がない」「地元の知り合いが少ない」という声が多く、会社を離れた後で地域になじみにくいという傾向がありました。そのため区では地元を楽しむ情報を提供する地域誌をスターツ出版と共同で編集。まだまだ若く、やる気がある60代を応援し、地元の新しい楽しみ方を提案します。 ◆江戸川区からの発表 いま日本は、世界でも類を [全文を読む]

フォーカス