感動 永六輔に関するニュース

【エンタがビタミン♪】はなわの実話ソング『お義父さん』 さだまさし思わせる名曲に再生回数5万超の反響

TechinsightJapan / 2017年03月08日19時21分

先日のライブで披露したところ「感動した」という声をたくさんもらい「ママをいつも応援してくれる皆様に、ぜひ聴いてほしいと思い、記念日の今日このブログからYouTubeに公開することにしました」という。 その彼が3月6日には「たったの二日間でなんと再生回数が33000回を超えました。予想以上の反響に驚いています」「皆様からのコメント本当に嬉しいです。ありがとう [全文を読む]

パントマイム歴40年の男が説く「やりきる力」 情熱はすべてを動かす原動力になる

東洋経済オンライン / 2017年05月29日17時00分

「すべては感動からはじまった」と語る藤倉さんのインタビュー。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボによりお届けします。■カンジヤマ・マイムの「おしゃべり」の秘密――心を掴む、「おしゃべりなパントマイム」が好評です。藤倉健雄氏(以下藤倉氏): カンジヤマ・マイムは、現在ぼくAのほか、B、Cと3人のメンバーで、全国各地の学校 [全文を読む]

故・永六輔さん 60年来の仕事仲間と泣き合った最期の日々

NEWSポストセブン / 2016年07月14日07時00分

そんな3人の共演は大きな感動を与えた。 [全文を読む]

萩本欽一が「教科書のような人だった」と語る、コント55号の人気に火をつけた男 【ぼくたちの好きな土8戦争(7)】

AOLニュース / 2016年01月05日18時00分

感動したのだ。こうして『お昼のゴールデンショー』は1968年4月1日に始まる。ニッポン放送の隣にあった有楽町のビデオホールから1時間の公開生放送だ。当時、この時間帯はNET(現:テレビ朝日)の『アフタヌーンショー』が主婦層に人気を得て強力なライバルとして君臨していた。そこで『ゴールデンショー』はもう少し若い層をターゲットに、人気の流行歌手をゲストに迎えフル [全文を読む]

こども電話相談 放送できなかった質問も電話でアフターケア

NEWSポストセブン / 2015年04月03日16時00分

そこまでやるのかとびっくりしましたが、子供たちにとことん付き合う番組の姿勢に感動しました」 答えに窮した場合は「宿題」として回答者本人が調べ、翌週に必ず回答した。番組は常に電話をかけてくる子供たちのことを第一に考えた。 50年前から回答者を務め、味わい深い名回答でリスナーを唸らせた泉福寺住職・無着成恭(むちゃく・せいきょう)氏がこんな裏話を披露する。 「徹 [全文を読む]

「徹子の部屋」が放送40年目突入!

Smartザテレビジョン / 2015年01月30日19時18分

さらに、4年前に亡くなった、相方・坂上二郎との感動秘話も披露。 [全文を読む]

クミコ、南こうせつ、西田敏行らと、再生ピアノで復興の希望へと「ツナガル」コンサートを開催

PR TIMES / 2012年04月26日09時40分

「上を向いて歩こう」を歌唱、2,000人のオーディエンスも巻き込んだ感動の大合唱で幕を閉じた。 また、コンサートの前に行われた記者会見で、「津波によってドロまみれになったピアノも再生できたのだから、街も、人のココロも、きっと再生できるはず。そんな再生への希望と復興への願いが、再生ピアノから奏でられる旋律と私たちの歌によって、ツナガっていけたら」と語っていた [全文を読む]

フォーカス