英語 永六輔に関するニュース

クラスメイト久米宏君

クオリティ埼玉 / 2016年07月24日00時25分

1年間限りのクラスで週3回の英語の授業で一緒になるだけだったが、文集を作ったりして当時からまとまりがあったことと、面倒見のよい幹事がいたからこそ続いている「七夕会」だ。経済学科ということもあって女子はクラスにいなかった。20人近く参加していたが、全員が古稀を過ぎ、健康上の理由から欠席者が増えてきた。そんな中で体はピンピンなのにとにかく仕事が忙しくて出席でき [全文を読む]

名曲「上を向いて歩こう」がオリー・マーズとオノ・ヨーコによって新たに生まれ変わり、世界初披露!

okmusic UP's / 2014年02月19日18時00分

この本来の姿を世界へ伝えたい、という思いから、「上を向いて歩こう」の作曲者、中村八大のご子息、中村力丸氏が、日本と欧米の文化に最も精通した表現者であるオノ・ヨーコ氏へ英語詞を依頼。快諾されたオノ・ヨーコ氏の手による英語詞によって、「上を向いて歩こう」の新スタンダード・ナンバー「Look At The Sky」が誕生した。 中村力丸氏は、この「Look At [全文を読む]

クミコ、南こうせつ、西田敏行らと、再生ピアノで復興の希望へと「ツナガル」コンサートを開催

PR TIMES / 2012年04月26日09時40分

<オフィシャルサイト> http://www.puerta-ds.com/kumiko/ <リリース情報> 2012年4月4日発売 IOCD-20342 /シングル・カセットIOSD-20342 ¥1,260 1.きっとツナガル作詞:クミコ,笹森 恵子 作曲:クミコ 2.きっとツナガル(英語ヴァージョン)"(we're not alone) Tsunag [全文を読む]

もう“ドジっ娘”は通じない!雨宮塔子「報道キャスター」復帰に不安の声

アサ芸プラス / 2016年07月20日17時58分

別居後も含めて6度の転居や、現地校に通う子どもたちの先生や父兄とのやりとりなど、自己主張が強いと言われるフランス人に溶け込んで暮らしてきたわけですから、報道の場面でも芯の強いところを見せてくれるのではないでしょうか」(女性誌記者) フランス語だけでなく英語も堪能な雨宮。国際的なニュースの多い今、期待されるところも大きいはずだ。(伊藤その子) [全文を読む]

甥っ子、姪っ子と一緒に聴きたい曲

okmusic UP's / 2016年05月06日18時00分

それに永六輔が日本語詞をつけ、英語の「レッツ・キッス」の発音に掛けて、爽やかな口づけの歌にしました。フィンランド語で「レットキス」は「列になって踊ろう」の意味だそうで、筆者も子供の頃、前の人の肩に手をのせて列になって踊ったことが懐かしい。親戚も家族もみんなで踊って、エンドレスで楽しめそうですよ。(選曲・文/阪口マサコ)■3.「We Are The Worl [全文を読む]

フォーカス