福山雅治 坂本龍一に関するニュース

嵐の櫻井翔もランクイン! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ベスト20を発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月19日11時50分

総合ランキング1位は、“適切なアドバイスをしてくれそう”、“真面目なことからフランクなことまで何でも教えてくれそう”という福山雅治で、女性、さらに世代別では20~30代を中心に幅広い層からの支持を集めた。2位の武田鉄矢は、ドラマ『3年B組金八先生』のイメージも相まって“先生といえばこの人”、“説得力がある”というコメントとともに、主に40代以上からの得票 [全文を読む]

【タイナビ総研】第2回「ベストエコロジスト2015」発表 第1位にアルピニスト野口健 第2位にはミュージシャンの坂本龍一が昨年から5位繰り上げ 「海外セレブ部門」ではレオナルド・ディカプリオもランクイン!~太陽光発電を検討したユーザー対象の調査結果を発表~

@Press / 2015年07月15日12時00分

「ミュージシャン部門」では2位の坂本龍一のほか、14位に福山雅治、同17位に「Mr.Children」の桜井和寿が選ばれました。●エコロジーを意識した、また貢献したと思われる芸能人、著名人順位/名前/昨年順位/動向1 野口健 2 ↑2 坂本龍一 7 ↑3 吉永小百合 2 ↓4 所ジョージ (圏外) ↑5 レオナルド・ディカプリオ 4 ↓5 孫正義 1 ↓7 [全文を読む]

「この人から教わりたい!」と思う、先生・上司にしたい音楽アーティストTOP20

Woman Insight / 2014年08月18日16時03分

休み明けの勉強や仕事が待っているかと思うと気が重いですが、こんな先生・上司だったら頑張れそう? 旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌『CD&DLでーた』で、10~60代の男女を対象とした、「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ランキングが発表されました! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20 [有効回答者数/n=1858人] [全文を読む]

マット・デイモンわずか13センチの小型人間に!異色作でベネチア映画祭開幕【第74回ベネチア国際映画祭】

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月31日08時30分

最高賞の金獅子賞を争うコンペティション部門には、日本から福山雅治主演・是枝裕和監督の『三度目の殺人』が選出されている。そのほかにも日本勢は、北野武監督の最新作『アウトレイジ 最終章』がクロージング作品、福山雅治が中国人俳優チャン・ハンユーとダブル主演を務めたジョン・ウー監督作『追捕 MANHUNT(原題)』と坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画『Ryui [全文を読む]

【先生・上司にしたい音楽アーティスト】発表。「この人から学びたい!」と思う音楽アーティストは?

PR TIMES / 2014年08月18日11時04分

(調査期間:2014年7月14日~7月15日)●「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20設問:あなたの「先生・上司にしたい音楽アーティスト」と、その理由を教えてください有効回答者数 n=1858人順位:アーティスト名1位:福山雅治2位:武田鉄矢3位:桑田佳祐(サザンオールスターズ)4位:小田和正5位:坂本龍一6位:稲葉浩志(B'z) [全文を読む]

デヴィッド・ボウイについて民主党細野政調会長がコメント「我々の世代ではカリスマ」

東京ブレイキングニュース / 2016年01月16日16時00分

本当にもう私にとってデヴィッド・ボウイの死は、福山雅治の結婚よりもSMAPの解散報道よりも、参議院の維新の党と日本を元気にする会の統一会派結成よりもショックなわけですわ。だから12日の民主党の細野豪志政調会長会見で感想を聞いてみたわけです。だって、ミック・ジャガーもマドンナも弔意を示しているんですよ! 日本の政界からも何かメッセージを出すべきでしょ! と [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】SHOW-YAが『勝手にしやがれ』をカバー。沢田研二の名曲が重厚ロックに。

TechinsightJapan / 2015年05月16日19時25分

カバーアルバム第2弾『Glamorous Show II』では井上陽水『青空、ひとりきり』、忌野清志郎+坂本龍一『い・け・な・いルージュマジック』、福山雅治『Gang★』、浜田省吾『悲しみは雪のように』などにも挑戦している。 ※画像は『twitter.com/KeikoTerada』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 真紀和泉 [全文を読む]

小原礼×屋敷豪太の新ユニット・The Renassanceがファーストアルバムをリリース!

okmusic UP's / 2014年03月11日14時00分

その後、渡米して、グラミー賞歌手ボニー・レイット、イアン・マクレガン等とツアーを共にし、帰国後は坂本龍一のツアーへの参加、福山雅治等のプロデュースを行なう一方、近年では奥田民生のバンドのレギュラー・メンバーとして活動するなど、日本のポップ・ミュージックを創世記から支え続けるベーシストのパイオニア的存在だ。 一方の屋敷は、80年代に"ミュート・ビート““メロ [全文を読む]

フォーカス