坂本龍一 映画音楽に関するニュース

坂本龍一&東京フィル「Playing the Orchestra 2014」をWOWOWで生中継!

PR TIMES / 2014年04月02日19時04分

「生中継!坂本龍一 Playing the Orchestra 2014」4月4日(金)夜7:00[WOWOWライブ] ※生中継 4月1日からスタートした、坂本龍一が東京フィルハーモニー交響楽団と共演する「Playing the Orchestra 2014ツアー」の4月4日東京・サントリーホール 大ホールの模様をWOWOWで生中継する。 昨年5月、坂本龍 [全文を読む]

坂本龍一が告白、『戦場のメリークリスマス』から『レヴェナント』までの音楽の道のり

Movie Walker / 2016年04月20日13時32分

世界的ミュージシャン、坂本龍一。いや“ミュージシャン”という枠を超えた活動の幅広さや人間力は言うまでもないが、映画音楽については、『戦場のメリークリスマス』(83)で華々しくキャリアをスタートさせ、世界への道を切り開いたパイオニアである。そんな坂本が、第88回アカデミー賞でレオナルド・ディカプリオが悲願の主演男優賞を受賞した『レヴェナント:蘇えりし者』(4 [全文を読む]

坂本龍一に密着700日「母と暮せば」制作現場も

Smartザテレビジョン / 2015年11月05日00時17分

WOWOWではドキュメンタリー番組「ノンフィクションW 坂本龍一の700日 ~MUSIC, ART & LIFE」を11月28日(土)に無料放送する。 本番組は、“世界のサカモト”こと坂本龍一に700日にわたって密着。 大病を乗り越え、札幌国際芸術祭2014でのゲスト・ディレクター、12月公開の山田洋次監督作品「母と暮せば」の映画音楽などの活動を追い、音楽 [全文を読む]

坂本龍一プロジェクト、トリビュートの名盤が高音質化

dwango.jp news / 2014年08月28日13時25分

坂本龍一プロジェクトによるブラジル音楽の巨匠アントニオ・カルロス・ジョビンへのトリビュート3部作が、DSDマスタリングによるハイレゾ音源ほか待望の日本初配信が実現した。ジョアン・ジルベルトらとともに1950年代後半にボサ・ノヴァを生み出したアーティストの一人であり、『想いあふれて(Chega de Saudade)』や『イパネマの娘(Garota de I [全文を読む]

坂本龍一、病み上がりで挑んだ映画音楽「死ぬ覚悟だった」

ORICON NEWS / 2017年08月29日17時04分

音楽家の坂本龍一(65)が29日、デジタルガレージ『ファーストペンギンアワード 2017』を受賞し、都内で行われた授賞式に出席。賞の理念にちなみ、これまで「リスクを冒して挑戦したこと」を問われると、2014年の咽頭がん手術直後に取り組んだ映画『レヴェナント:蘇えりし者』(アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督)の音楽への思いを改めて振り返った。 【写真】トーク [全文を読む]

坂本龍一さんインタビュー「ゴールは『賞』ではない」

まぐまぐニュース! / 2016年08月11日12時00分

ミュージシャン、作曲家、編曲家、ピアニスト、とさまざまな肩書を持つ音楽家、坂本龍一さん。1990年に活動の拠点をニューヨークに移して以来、日米で活躍している。この度、音楽を手掛けた、日本の映画界の巨匠、山田洋次監督と、女優、吉永小百合さんがタッグを組んだ作品「母と暮せば」が昨月、映画祭「第10回JAPAN CUTS !~ジャパン・カッツ!」(ジャパン・ソサ [全文を読む]

WOWOWオリジナルドキュメンタリー 坂本龍一、最新楽曲を含む3曲を番組内で演奏!!

PR TIMES / 2015年11月25日11時29分

[画像: http://prtimes.jp/i/1355/2980/resize/d1355-2980-500823-0.jpg ] WOWOWでは、坂本龍一に700日に及ぶ密着取材を敢行。 大病を乗り越え、自らのビジョンを追求する希代のクリエイターの姿をつぶさに追ったドキュメンタリー「ノンフィクションW 坂本龍一の700日 ~MUSIC, ART & [全文を読む]

『戦メリ』のテーマ流れ、坂本龍一の“いま”を捉える…『Ryuichi Sakamoto: CODA』予告編公開

CinemaCafe.net / 2017年09月21日10時00分

2012年から5年間という長期間に渡る密着取材によって実現した、世界的音楽家・坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』。ワールドプレミアを果たしたヴェネチア国際映画祭でも大好評を博した本作から、坂本さんの“いま”を捉え、 繊細な“音”が“音楽”になる瞬間を捉えた予告編が到着した。 坂本さんの代表作にして、映画音楽家とし [全文を読む]

坂本龍一ドキュメンタリー、“自然の音”を探求する姿とらえたポスター&場面写真公開

映画.com / 2017年09月12日09時00分

[映画.com ニュース] 日本を代表する音楽家・坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画「Ryuichi Sakamoto: CODA」のポスタービジュアルと場面写真が公開された。雨の音を録るためにバケツを被った坂本の姿など、“自然の音”を探求する独創的な製作風景を切り取っている。 1952年に東京・中野で生まれた坂本は、70年代後半に音楽グループ「イエロー [全文を読む]

坂本龍一追ったドキュメンタリー、ベネチア映画祭出品決定!

映画.com / 2017年07月29日04時00分

[映画.com ニュース] 日本を代表する音楽家・坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画の正式タイトルが「Ryuichi Sakamoto: CODA」となり、11月に公開されることが決定。あわせて、第74回ベネチア国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門に出品されることが発表された。同映画は、坂本が2013年にコンペティション部門の審査員として参加し [全文を読む]

坂本龍一に5年間密着したドキュメンタリー映画が 第74回ベネチア国際映画祭へ公式出品決定!

okmusic UP's / 2017年07月28日14時30分

世界的音楽家である坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画の正式タイトルが『Ryuichi Sakamoto: CODA』に決定! 11月4日(土)より、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開される。また、本作が8月30日(現地時間)にイタリア・ベネチアで開幕する第74回ベネチア国際映画祭の<アウト・オブ・コンペティション部門> [全文を読む]

音楽家、そしてアーティストとしての坂本龍一に迫る。『美術手帖』5月号は「坂本龍一」大特集!

PR TIMES / 2017年04月17日15時24分

美術手帖5月号は、1978年のソロデビューからその音楽活動のみならず、様々な空間芸術にも取り組んできた「坂本龍一」の表現史を大特集。[画像1: https://prtimes.jp/i/10983/47/resize/d10983-47-280996-0.jpg ]1978年の音楽家としてのデビュー以降、YMOでの活動そして現代音楽や映画音楽の分野のみなら [全文を読む]

坂本龍一に5年間密着したドキュメンタリー映画公開決定

okmusic UP's / 2017年02月26日15時00分

坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画『RYUICHI SAKAMOTO DOCUMENTARY PROJECT(仮題)』が公開されることが決まった。【その他の画像】坂本龍一本作は2012年から5年の長期間に渡る本人への密着取材によって実現したもので、併せて幼少からの膨大なアーカイブ素材も映画を彩っている。大病(2014年)を経て、過去の旅路を振り返りながら [全文を読む]

「おかえりなさい、教授!」坂本龍一 独占ロングインタビュー

PR TIMES / 2016年04月15日16時59分

本日よりエンタメステーションにて公開 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する、エンタメ情報サイト「エンタメステーション」は世界で活躍するミュージシャン・坂本龍一氏の独占インタビュー記事を本日4月15日(金)と16日(土)の前・後編の2回に渡って公開いたします。 [画像1: http://prtimes.jp/i/14577/14/resi [全文を読む]

坂本龍一の『千のナイフ』は若き日の“世界のサカモト”を露わに【ハイレゾ聴き比べ vol.4】

okmusic UP's / 2016年04月01日20時00分

それならば、それを実践してみようと推薦音源を見渡すと、坂本龍一の『千のナイフ』があった。これは後のイエロー・マジック・オーケストラ(以下、YMO)につながる作品で、“元祖テクノポップ”の側面もあるアルバムである。検証するには持ってこいだ。TEXT:帆苅智之【その他の画像】坂本龍一■日本を代表する現代音楽家坂本龍一に関する説明は“世界のサカモト”と言えば十分 [全文を読む]

坂本龍一、山田洋次監督と映画音楽で仕事復帰 音楽業界が大注目!

tocana / 2015年08月07日10時00分

音楽家の坂本龍一が、12月公開予定の映画『母と暮せば』(山田洋次監督作)の音楽を手掛けることが分かった。 坂本は自身のサイトで昨年7月から、中咽頭癌の治療のため、療養に専念していたことを告白。一年の休養を経て体調は回復傾向にあり、今後は「家でできる作曲の仕事を優先するつもり」とし、「復帰後第一弾には、日本映画の大御所である山田洋次監督の『母と暮せば』の音楽 [全文を読む]

坂本龍一未発売楽曲コンピ、ジャケットを公開

dwango.jp news / 2014年11月25日17時03分

10年間で坂本龍一が書き下ろした未発売のリリース音源を集めた貴重なコンピレーション・アルバム、「Year Book 2005-2014」の収録楽曲とジャケット写真が発表になった。様々な企業、美術館、テレビ番組、映画音楽など、それら未発売の曲が聴けるのはこのアルバムだけ。ひと味違った教授のオリジナル楽曲が堪能できる。全30曲収録。2015年1月17日(教授の [全文を読む]

坂本龍一、自身の誕生日である1月17日に2枚組コンピをリリース

okmusic UP's / 2014年11月10日17時00分

坂本龍一が自身の誕生日でもある来年1月17日に、コンピレーション・アルバム『Year Book: 2005-2014』をリリースすることが分かった。【その他の画像】坂本龍一本作は2005年から2014年の10年間で坂本龍一が書き下ろした未発売のリリース音源を集めた貴重なコンピレーション・アルバムであり、様々な企業、美術館、テレビ番組、映画音楽など、それら未 [全文を読む]

坂本龍一、未発表楽曲を集めたコンピ発売

dwango.jp news / 2014年11月10日12時25分

2005年から2014年の10年間で坂本龍一が書き下ろした未発売のリリース音源を集めた貴重なコンピレーション・アルバムが来年1月17日に発売が決まった。 様々な企業、美術館、テレビ番組、映画音楽など、それら未発売の曲が聴けるのはこのアルバムだけとなる。ひと味違った教授のオリジナル楽曲が堪能でき、最新のタイアップ楽曲、洋服の青山CM楽曲も収録される。・FM4 [全文を読む]

坂本龍一氏、「放射線治療拒否」の飛ばし記事を一蹴 海外も批判的に報じる

NewSphere / 2014年07月11日11時38分

世界的な音楽家で作曲家の坂本龍一氏(62)が木曜日、自身のがんを公表した。当面の間、活動を休止し治療に専念することになる。 【坂本氏のがん公表】 坂本氏は6月上旬、喉に違和感を覚え、同月末に中咽頭がんであるとわかったという。中咽頭がんは喫煙との関わりが深いとされる。坂本氏も長年愛煙家であったが、胸の痛みをきっかけに9年前に鍼治療で禁煙に成功、以来一度も喫煙 [全文を読む]

フォーカス