所属事務所 田原俊彦に関するニュース

「痛々しい」田原俊彦、生き残りかけ必死 ジャニーズを怒らせ芸能界を干された“過去”

Business Journal / 2015年06月22日23時00分

「田原さんは過去に所属事務所をはじめとする芸能関係者の反発を呼ぶような言動を繰り返し芸能界の辛酸を舐めているので、同じヘマはしないと思います。ただ、もう50歳を過ぎている。田原さんの持ち歌のほとんどがハードな振り付けですし、それが持ち味。あとどれだけがんばれるかは体力勝負です。後は、パフォーマンスではないところで生き残りをかける。今もバラエティー番組で準 [全文を読む]

田原俊彦は売れない女優にハメられた!? 田原の意外な一面を音楽関係者が語る

tocana / 2015年04月05日09時00分

これに対して、所属事務所と田原は「普通の友達である」ことを強調、男女の仲ではないとコメントしている。田原をよく知る音楽関係者はこう話す。 「TVでの田原は素っ頓狂に見えるけど、あれはすべて演じているキャラなんです。カメラが回っていない所では至って冷静で真面目。だから、今回の密会騒動も女性側から強く言い寄られた可能性が高いと思いますよ」(音楽関係者) ネッ [全文を読む]

赤西仁がジャニーズ独立してもオリコン2位獲得 2つの考察

NEWSポストセブン / 2014年08月27日11時00分

そのため、以前ほどは旧所属事務所側の思い通りにいかない面も出てきた側面もあるでしょう」 [全文を読む]

田原俊彦 「副社長から直筆の手紙が…」ジャニーズ復帰もある?

WEB女性自身 / 2013年08月06日00時00分

その席で、元所属事務所であるジャニーズ事務所の副社長・メリー喜多川氏から直筆の手紙が届いたことを明かした。 同イベントでは、二択で主人公との合致度を答えるコーナーも。“どんな逆境でも絶対に諦めない自信がある”という質問では、“YES”と返答。「諦めたら、ジャニーズを辞めたときに完全に消されて木端微塵になっていた」と振り返った。 最近届いた副社長からの手紙に [全文を読む]

忽然と消えた「脱退ジャニーズの今」を大追跡!(5)朝ドラ俳優・浅香航大も元Jr.

アサジョ / 2017年03月13日06時00分

「ジャニーズだけでなく芸能界一般として、所属事務所を辞めて芸能活動を再開するには、最低1年間は活動休止期間を置くというのがこれまでの暗黙のルールでした。以前は、ジャニーズを辞めたあと、なかなか就職ができずホストになる人もいましたね。ですが最近は、自己発信をするためのツイッターやユーチューブなどのツールがあり、事務所に所属しなくても個人でできるようになってき [全文を読む]

長谷川アナ降板?「失言」で大損害を受けた有名人

日刊大衆 / 2016年11月23日22時00分

番組は翌週に謝罪し、あびるの所属事務所は無期限の活動休止を発表した。あびるが逮捕されなかったのは「自白だけでは証明は無理」「被害届が出ていない」などの理由からだそうだ。その後、あびるはなんとか復帰している。 おごりや慢心によって生まれてしまう失言だが、芸能人だけではなく我々一般人にも、取り返しのつかないことになる危険性は十分にある。くれぐれも注意しておきた [全文を読む]

能年玲奈はあまちゃん過ぎた?事務所独立もデッドロード突入

しらべぇ / 2016年05月24日17時30分

■ホットロードではない、デッドロードだ芸能界を振り返っても、このように所属事務所とタレントが揉めることは少なくない。俳優の野久保直樹は2009年に、当時所属していた事務所に無断でブログを新規開設、芸能活動休業の要因になった。他の有名どころで言えば、眞鍋かをり、爆笑問題、田原俊彦など、さまざまなビッグネームが挙げられる。しかも、そのすべてが一時的に「干される [全文を読む]

“事故物件”能年玲奈に残された3つの道 大穴はオフィス北野へ移籍でタレントデビュー!?

日刊サイゾー / 2016年04月21日17時00分

しかし、能年がテレビに起用されないのは、現・所属事務所のレプロエンタテインメントが絡んでいるとの情報もあります」(芸能記者) レプロは、能年のほかに、新垣結衣、長谷川京子、清水富美加、マギー、吉川ひなの、高田延彦などが所属しているバーニングプロダクション系列の芸能事務所。過去には、時任三郎も所属していた。 「芸能界では、ヘタに独立をすると干されるというのは [全文を読む]

筆頭はやはり福山雅治!?ミュージシャンと役者の両立について考えてみた!

日本タレント名鑑 / 2016年02月24日10時52分

両立のカギはラジオやバラエティ? 福山さんは、役者として所属事務所のオーディションを受け、映画『ほんの5g』で富田靖子さんの相手役としてデビュー。当初は音楽活動を優先し、役者としての仕事は断っていたそうですが、役者としても活躍するミュージシャンARBの石橋凌さんが出演するという理由から、ドラマ『あしたがあるから』に出演。その後『愛はどうだ』で挿入歌も担当 [全文を読む]

安室奈美恵、事務所と確執&独立騒動で、出演激減&批判急増? カギはファンクラブ?

Business Journal / 2014年08月20日01時00分

今月発売された「週刊文春」(文藝春秋/8月14・21日号)で、所属事務所であるライジング・プロとの確執が報じられた歌手の安室奈美恵。記事によれば今年5月、安室はデビュー以来22年間も所属する事務所の幹部に独立を主張。6月には、新しい個人事務所・ステラ88を立ち上げ、専属契約期間について印税配分や報酬アップを掲げた提案書を突きつけ、現在双方の代理人が話し合っ [全文を読む]

"ホタテマン"逝く 安岡力也の男気あふれる一生

日刊サイゾー / 2012年04月13日08時00分

酒と食と女をこよなく愛した力也さんに合掌!(文=本多圭)※画像は『豪快さん~嵐のカツ丼』【関連記事】・「芸能界には戻らない」ついに収監された押尾学 出所後に待ち受けるのは遺族による民事訴訟・「田原俊彦の二の舞か......」赤西仁 コンサート中止は芸能界追放への布石か・2度スピード違反のキムタクをCM起用し続けたトヨタの"自殺行為"・所属事務所が大混乱の小 [全文を読む]

フォーカス