花見 祇園に関するニュース

古都のグルメ。京都ツウが全力でオススメする「定番本場の味」10選

まぐまぐニュース! / 2016年05月20日10時00分

今では日本人の食卓に欠かせないおかずの1つですよね! 土井志ば漬本舗 祇園店 予約:075-525-6116住所:京都府京都市東山区四条通花見小路西入祇園町南側572番1アクセス:祇園四条駅から徒歩5分営業日・営業時間:10:00~20:00定休日:無休 みたらし団子 みたらし団子も実は大昔からある京都発祥の和菓子です。1,500年ほどの歴史を持つ下鴨神社 [全文を読む]

京都の桜を育てて100年、「桜守」佐野藤右衛門が勧める桜の名所

まぐまぐニュース! / 2016年03月13日19時00分

そんなことに想いを馳せながら眺めると自分だけの極上の花見が出来ることでしょう。 京都にはこのように知っていれば無限に感動が広がる場所です。花見1つとっても語りつくせない数々のロマンがあります。一度で全てはお伝えすることが出来ませんので、その奥深い魅力を今後も末永くご案内出来ればと思っています。 次ページ>>現在も第一線で活躍する「桜守」は御歳88歳 佐野藤 [全文を読む]

京都らしさのすべてがある。五感で古都に触れられる花見小路の旅

まぐまぐニュース! / 2017年03月17日01時44分

今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、そのすぐ側を通る「花見小路」が紹介されています。地元の方からも愛される「建仁寺」をはじめ、伝統芸能から近代芸術まで京都らしさのすべてが感じられるこの通り、これからの季節の散策にぴったりですよ。 花見小路とその周辺 花見小路は、北は三条通りから南は建仁寺まで続く約1キロの小路です。祇園など東山区の歓楽街を貫いてい [全文を読む]

京都の桜は「夜」に愛でる。厳選!京都の優美な夜桜ベスト5

まぐまぐニュース! / 2016年03月27日19時00分

二条城はなぜ東に3度傾いて造られたのか? 次ページ>>江戸時代から夜桜で有名なスポットとは? 平野神社 平野神社は江戸時代から「平野の夜桜」として有名な花見スポットです。桜の季節には茶屋も並び夜桜見物の客で賑やかになります。神社境内に咲き誇る桜の下には赤い野点傘が立ち、地面には赤い毛氈が敷かれまさに都のお花見といった雰囲気を楽しむことが出来ます。 平野神社 [全文を読む]

泣ける京都の桜物語。京で愛される桜に隠された5つの感動エピソード

まぐまぐニュース! / 2016年03月17日19時00分

京都の桜を愛でる人達から言わせるとそれは本当の花見とは言わないのでしょう。 近年ソメイヨシノが全国的に枯れてきているという報告があるそうです。そこで初めてソメイヨシノの寿命はだいたい100年ぐらいだということがわかってきたようです。明治以降に彼岸桜と大島桜を交配させて作られたとされるソメイヨシノにはそのものの美しさはあります。しかし城や寺、神社に植わってい [全文を読む]

京都祇園の伝統的“町家”がエルメス期間限定ブティックとして再生

FASHION HEADLINE / 2016年11月02日21時00分

ブティックを構える地は、景観保全修景地区に指定されている祇園の中心を通る花見小路沿い。八坂神社や建仁寺にも程近く、周りには由緒ある茶屋や料亭が立ち並ぶ。ブティックオープンの発端は、建築様式“京町家”が形成された江戸時代中期、同地で創業した大丸が2017年に300周年を迎えるにあたって、失われつつある“京町家”を保存・活用しようと始めた「町家プロジェクト」 [全文を読む]

日本人の桜好みは江戸の歌舞伎が育てた!? 「桜」を扱う歌舞伎の名演目3つ

サライ.jp / 2017年04月04日11時30分

文/鈴木隆祐今年もいよいよ花見シーズンに突入しようとしている。満開の桜は否応なしに私たち日本人の心を浮き立たせるが、“観桜”ということになると、嵯峨天皇が812年3月に神泉苑(京都)にて「花宴の節(せち)」を催したのが始まり。それまで花見といえば“観梅”のことだった。鎌倉〜室町を経て、武士階級にも観桜の風習は浸透したが、庶民に広まったのは江戸期に入ってから [全文を読む]

【京都4大桜名所】境内カフェに町家ランチも!人気No.1花見エリア祇園・東山

Walkerplus / 2017年03月17日06時00分

人気寺社の清水寺や高台寺、そして高瀬川沿いのライトアップなど、桜の名所が密集する京都・東山エリア。カフェやランチなどの京グルメも充実するエリアで、この春に楽しみたい魅力ある観光スポットの数々を紹介!■ 1000本以上の桜が咲き乱れる世界遺産へ!京都を代表する桜の名所「清水寺」。歴史的建造物を囲むように、約1500本もの桜が咲き誇る。今年は本堂と西門が工事中 [全文を読む]

きらめく金魚が舞う新感覚お花見「江戸桜ルネッサンス&夜桜うたげ」日本橋でスタート

FASHION HEADLINE / 2014年03月07日12時52分

本物の桜の花は一輪も用いず、桜の美しさを五感で堪能できる新しい花見体験を実現させた。 本展は「ある有力者のもとに、江戸の”かぶき者”から『わたしの屋敷で、江戸で最も早い花見を開催いたします』という招待状が届いた。3月初旬に江戸で花見とは気が早いと思い、半信半疑で屋敷を訪れると…」というストーリー仕立てで構成されている。 会場でまず目に引くのは、京丸山公園、 [全文を読む]

【京都案内】龍馬も通った京の花街「島原」の意外な地名の由来

まぐまぐニュース! / 2017年04月20日01時05分

大夫が活躍した花街・島原 京都を代表するイメージの1つに花見小路や祇園白川の石畳を行き交う舞妓さんや芸鼓さんの姿があります。京都の花であり、妖艶な魅力を引き立てています。 京都の舞妓さん、芸鼓さんは5つの花街のどこかに所属しています。祇園甲部、宮川町、先斗町、祇園東、上七軒の五花街です。上七軒だけは北野天満宮の近くと少し離れた場所にありますが、それ以外の [全文を読む]

そこは一面、美しすぎる白の世界。いつもの京都が幻の絶景雪景色に変身

TABIZINE / 2017年03月06日21時00分

花見のシーズンに賑わう円山公園。花見シーズンと打って変わっての静けさ。全て桜の木ですがこの日だけは雪の花が咲いていました。円山公園といえば、この枝垂桜。これまた美しすぎる。 ここからねねの道を通り、高台寺方面へと歩みます。霊山観音様。 八坂の塔。五重塔もばっちり雪化粧。 階段を下り、風情がある町並みが続く二年坂方面へ。特にここは外国人の観光客で賑わうエリ [全文を読む]

エルメス祇園店、ヨウジヤマモト写真展などファッション好きにオススメしたい話題のスポット【お出掛けまとめ/ファッション編】

FASHION HEADLINE / 2017年01月06日12時00分

■京都祇園のエルメスが“おとぎの森”へ新装、ハートを散りばめた限定「カレ」にハート型のオレンジボックス 京都・祇園の花見小路に今年7月31日まで期間限定でオープンしているエルメス祇園店では、季節や時節に合わせてエルメスのものづくりの精神や世界観を伝えるイベントを展開している。エルメスのアイコンであるスカーフの「カレ」にフォーカスしたイベントや限定アイテム [全文を読む]

製造500本限定“寿司”のための日本酒「SUSHISAKE 神鶴 純米大吟醸」 海外のみならず、国内の料亭や寿司店でも販路を拡大

@Press / 2016年01月28日11時00分

更に現在、日本国内からも注目が高まっており、京都祇園の花見小路の料亭をはじめとした老舗の料亭や寿司店などで「SUSHISAKE」を取り扱う店舗が増加しています。「SUSHISAKE」特設ページhttp://www.tsurumi-jp.com/sushi_sake/index.html■2016年はTPPで関税撤廃など、高まる日本酒の輸出量を更に後押しす [全文を読む]

宇治茶の祇園辻利、限定パッケージの「五山送り火セット」を8月1日より販売

PR TIMES / 2015年08月01日10時36分

冷水で簡単に淹れられるティーバッグタイプの水出し冷煎茶と、宇治抹茶の風味濃厚なクリームを祇園花見小路の石畳をイメージしたせんべいでサンドしたぎおんの小路をセットしました。 [画像: http://prtimes.jp/i/11317/1/resize/d11317-1-541551-0.jpg ] ■商品概要 価格 :1,134円(税込) 販売期間 :20 [全文を読む]

「LUMIX SZ7」の20倍ズーム撮影を YouTube上でリアルに体験!LUMIX presents「舞妓とめぐる<20倍楽しい>京散策」京都の魅力を20倍ズームで本物の舞妓がご案内!

PR TIMES / 2012年03月06日16時41分

本キャンペーンコンテンツでは、本物の舞妓が京都の6ヶ所の名所(祇園花見小路、建仁寺、八坂の塔、清水寺、即成院、辰巳大明神)を舞台に、見逃しがちな風景・ポイントを「LUMIX SZ7」の20倍ズーム機能で撮影していくゲームが楽しめます。祇園で人気の舞妓・彩乃さんの案内に沿って、YouTube上で京都の風景をズームしたり、上下左右に動かしたりして、指定されたポ [全文を読む]

エルメス祇園店で“時”を感じる新イベントがスタート、新作ウォッチも先行発売

FASHION HEADLINE / 2017年06月03日14時00分

京都・祇園の花見小路に期間限定でオープンしているエルメス祇園店(京都市東山区祇園町南側570番地8)が6月21日まで、時計にフォーカスしたイベント「TIME, A HERMES OBJECT」を開催中。 「Hウォッチ」や「ケープコッド」を始め、多くのアイコニックな腕時計を創出してきたエルメスにとって、「時間」もまたオブジェクトの一つ。今回のイベントでは、時 [全文を読む]

【京都観光】祇園や八坂通も!着物で巡りたい京都らしい人気スポットベスト5

Walkerplus / 2017年05月16日06時00分

定番スポットの周辺にはレンタル店が多数あるので、気軽に利用してみよう!<※情報は京都観光ランキング(2017年3月18日発売号)より>■ <1>風情たっぷりの「花街・祇園」をのんびり散策「花見小路通・西花見小路通」は、風情を感じる町並みが続く祇園のメインストリート。北は三条通、南は建仁寺まで延びる通りに、老舗のお茶屋や本格日本料理店が並ぶ。運がよければ舞妓 [全文を読む]

【京都】今なお残る忠義の証。忠臣蔵ゆかりの名所に義士を訪ねる

まぐまぐニュース! / 2016年12月09日20時00分

住所:東山区東大路四条東入る 時間・料金:園内自由 ● 円山公園 京都市最古の公園 一力亭(いちりきてい) 祇園四条の交差点から八坂神社に向かう道の左側の歩道を歩くと四条花見小路へ入る角に赤壁の建物があります。風格あるこの建物が有名なお茶屋さん「一力亭」です。 歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」で大星由良之助(大石内蔵助がモデル)が出入りしていたのがこの一力亭です [全文を読む]

あこがれの祇園エリアで食べたい!必食の京グルメ7選

Walkerplus / 2016年08月26日17時00分

カウンターの向こうに立つ料理長との会話を楽しみながら、揚げたてアツアツの旬の味覚を堪能しよう! ■ まるで宝石箱、色鮮やかな寿司がズラリ 2012年に祇園の路地奥から花見小路沿いに移転した「祇をん 豆寅」。舞妓さんがおちょぼ口でも食べられるようにと作られた、直径3cmほどの豆すしが名物。「豆すし膳」(4536円)には、季節ごとに旬の食材が使用され、魚介や京 [全文を読む]

五感で楽しめる!ふわとろ「石焼親子丼」

ぐるなび / 2016年04月04日15時11分

ゴリ(ガレッジセール)さん、川田広樹(ガレッジセール)さんが「侘家古暦堂・祇園花見小路本店」(京都府京都市東山区)を訪れた。 花見小路沿いにある雰囲気のある外観の同店は、鳥取県・大山にある自社の養鶏場で育てた「侘家鶏」を備長炭でじっくりと焼き上げるだけでなく、良質の素材に一工夫加えた「鴨つくね・バルサミコソース卵黄添え」などの絶品メニューが堪能出来るお店。 [全文を読む]

フォーカス