商店街 祇園に関するニュース

古都のグルメ。京都ツウが全力でオススメする「定番本場の味」10選

まぐまぐニュース! / 2016年05月20日10時00分

砂糖醤油の香ばしい餡をからめて食べるみたらし団子はモチモチして優しい美味しさですよね! 加茂みたらし茶屋 予約:075-791-1652住所:京都府京都市左京区下鴨松ノ木町53アクセス:京都市バス 下鴨神社前下車すぐ営業日・営業時間:9:30~20:00(L.O.19:30)定休日:水曜日(祝日営業) 次ページ>>健康食品としても人気の「すぐき」って何? [全文を読む]

京都らしさのすべてがある。五感で古都に触れられる花見小路の旅

まぐまぐニュース! / 2017年03月17日01時44分

東西を走る祇園商店街(四条通り)から赤壁のお茶屋さん・有名な「一力亭」の角を南に曲がります。花見小路を真っすぐ5分ぐらい進むと、どん突き(京都の言葉で「突き当り」)に京都最古の禅寺・建仁寺があります。まずこの格式ある禅寺をご紹介しましょう。花見小路の第一の見どころ、建仁寺の魅力 建仁寺 建仁寺は、1202年、鎌倉時代に臨済宗の開祖・栄西(ようさい)によっ [全文を読む]

魔を滅する。豆まきの長い歴史を持つ「京都」の意外な節分

まぐまぐニュース! / 2017年01月27日04時30分

また、両日16:00から祇園商店街・四条繁栄会商店街の振興組合による華やかな豆まきも行われます。 ●日時:2017年2月2日(木)・3日(金) 良縁に恵まれる「恋文」が手に入る神社とは? 須賀神社 須賀神社は平安時代初期に創建されたとても歴史のある古社です。 節分祭では、烏帽子に水干姿、布で顔を隠した懸想文(けそうぶみ)売りが梅の枝を担いで「懸想文(恋文 [全文を読む]

思わず背筋がゾッとする。京都の地名に隠された怖いエピソード8選

まぐまぐニュース! / 2017年05月09日04時30分

今ではおしゃれなバーが立ち並ぶ場所も、昔は…… 縄手通り この通りはこの辺りを東西に走る四条通り(祇園商店街)を境目に名前が変わります。四条通りより南側は、大和大路通りでそれより北側の通りを縄手通りと呼びます。 かつて三条河原は斬首場でした。罪人が首を斬られてさらされる場所です。今は鴨川を一望できる場所にスタバがあり若者や観光客に人気のスポットですがかつ [全文を読む]

祇園の暴走事故 3か月近く経っても被害者補償の話し合い進まず

NEWSポストセブン / 2012年07月06日07時00分

「また来た!」「逃げて!」──白昼の商店街に激しい衝撃音と悲鳴が響きわたった。民家の壁にぶつかり、フロントガラスが粉々になりながらもなお暴走を続ける1台のワゴン車。居酒屋に突っ込み、一度は動きを止めたものの、バックして再び店に突っ込んだ。黒い轍のあとには、電信柱が折れ、幾人もの人が血を流して倒れていた──。 6月26日、大阪市西成区で発生した暴走車による事 [全文を読む]

<中国人観光客が見た日本>福岡でラーメンを食べまくった私、帰国後“ある悩み”に悶々

Record China / 2016年11月30日16時20分

訪れたのは博多で最も古い歴史を持つと言われる上川端商店街。日曜日の午後であるにもかかわらず、多くの店が営業していなかったのが不思議だった。私たちは商店街を一通り歩き、「川端どさんこ」というラーメン店に入ることに。なぜなら、客が一番多かったのがこの店だからだ。 読み通り、「川端どさんこ」のチャーシューはおいしく、かむと口いっぱいにうま味が広がった。使われてい [全文を読む]

エブリスタ発のライトミステリー『京都寺町三条のホームズ』(著:望月麻衣)が第四回「みんなで選ぶ 京都本大賞」を受賞

PR TIMES / 2016年10月05日16時45分

■『京都寺町三条のホームズ』あらすじ京都の寺町三条商店街にポツリとたたずむ、骨董品店『蔵』。女子高生の真城葵はひょんなことから、そこの店主の息子、家頭清貴と知り合い、アルバイトを始めることになる。清貴は物腰は柔らかいが恐ろしく勘が鋭く、『寺町のホームズ』と呼ばれていた。葵は清貴とともに、客から持ち込まれる、骨董品にまつわる様々な依頼を受けるが――■『京都寺 [全文を読む]

「日本のことを好きな国」第1位は微笑みの国!ありがタイその理由

Woman Insight / 2016年08月04日21時00分

日本の魅力がますます広がることを期待したいですね!(深澤 彩) ※20カ国・地域=中国(北京、上海)、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア 【あわせて読みたい】 ※外国人に人気の日本食、「寿司」「天ぷら」をおさえ [全文を読む]

男ふたり旅第2弾!気分は大泉洋な息子【溜池ゴローの子育てコラム】

しらべぇ / 2016年06月15日20時00分

それは、伏見稲荷から出てすぐの商店街にある食堂で売っている「料理」だった。参道を歩きまくったせいか、腹をすかした息子は、その食堂を見つけると大喜びで入っていった。ワシら親子は席に案内され、ある料理を注文した。そして、しばらくすると注文した品がワシらのテーブルに運ばれて来た。■スズメの丸焼きは驚きの美味さ息子が伏見稲荷で食べたかった料理とは......スズメ [全文を読む]

自分もみんなも嬉しい、京都のおみやげ

Woman.excite / 2015年12月04日12時00分

フェアトレードの気骨あるショコラティエ Dari K 観光客が訪れるところではないのですが、三条通の商店街の西友の向かいという地味な場所にあるのが、このDari Kというショコラティエ。フェアトレードに徹底的にこだわったカカオはインドネシア産。瓶に入ったアーモンドショコラの苦味がなんとも言えずに美味しいです。プレゼントにもぴったり。祇園にもお店がありますか [全文を読む]

AV界の生きる伝説“終身名誉処女”つぼみ、地上波登場でネット沸く

メンズサイゾー / 2014年02月06日17時30分

初対面だが、「家からあまり出ない」という引きこもり体質の共通点を持つ3人は、まず商店街でソフトクリームを買って博多の伝統的な祭り・祇園山笠で使われる巨大な神輿を見に行くが、「垂れてきちゃった」とソフトクリームをなめる舌先がスローで強調されていた。 夜はもつ鍋を楽しみ、その後屋台に入っておでんととんこつラーメンを食べるが、当然のようにちくわを食べる辻の口元や [全文を読む]

フォーカス