四輪 ヤマハ発動機に関するニュース

"要らないけど欲しくなる"バイクの作り方

プレジデントオンライン / 2017年05月12日08時45分

稼ぎ頭は新興国だが、経済が成熟すれば「生活の足」は四輪に変わる。「趣味の二輪」を売り続ける方法とは――。「企業の活路 ヤマハ発動機」。前編「ヤマハの社長がバイクの免許を取った理由」に続き、後編をお届けする。 ■「ヤマハらしさ」を言葉で表現してみろ 現在、ヤマハ発動機の二輪車のラインアップを見ると、14年頃から順次始まったプラットフォーム・モデルの躍進が目立 [全文を読む]

ヤマハの社長がバイクの免許を取った理由

プレジデントオンライン / 2017年05月12日08時15分

主要市場の一つである北米では在庫が飽和し、四輪バギーの事故によるPL訴訟も抱えていた。そのなかで社長になった柳は当時、「業績の立て直しのために2つのテーマを改革の中心に据えた」と振り返る。 1つ目は国内外の工場の集約化や製品のプラットフォーム化を進め、コストを下げる「損益分岐点型経営」を徹底すること、2つ目は「ものづくりにおける『ヤマハらしさ』をあらためて [全文を読む]

ヤマハの幻のスーパーカーと未来のスポーツカーが揃い踏み

clicccar / 2015年12月01日20時33分

●ヤマハOX99-11ボディサイズ(プロトタイプ発表値) 全長:4400mm全幅:2000mm全高:1220mmホイールベース:2650mm車両重量:1000kg ●ヤマハ スポーツライド コンセプト ボディサイズ(東京モーターショー発表値) 全長:3900mm全幅:1720mm全高:1170mm車両重量:750kg こうしてボディ寸法を見比べると、一回 [全文を読む]

幻のスーパーカー「ヤマハ・OX99-11」を間近に見る貴重なチャンス

clicccar / 2015年11月20日19時03分

2013年、2015年の東京モーターショーにおいて、四輪への参入を匂わせるコンセプトカーを出品しているヤマハ発動機ですが、その名前を冠した市販”予定”車は、1992年に発表されたOX99-11(オーエックス・ナインナイン・イレブン)だけ。 いわゆるバブル経済崩壊によりプロジェクト凍結の憂き目にあったスーパースポーツは、2015年に今でも十分に魅力的で、独 [全文を読む]

【東京モーターショー2015】魅惑的な軽量スポーツカー、ヤマハ「スポーツライド コンセプト」

Autoblog JP(オートブログ) / 2015年10月30日06時30分

【ギャラリー】Yamaha Sports Ride Concept: Tokyo 2015 (10枚) ヤマハ発動機は、自動車用部品の開発や製造も手掛けているとはいえ、四輪車よりも主に二輪車事業に重点を置いている。それは現在開催されている東京モーターショーの出展モデルを見ても明らかだ。しかし同社は今回、実に興味深い四輪のスポーツカーも発表し、会場では多くの [全文を読む]

V・ロッシ選手、「YZR-M1」で 2015グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに初参加

Autoblog JP(オートブログ) / 2015年06月30日11時30分

また、前日の MotoGP 第8戦ダッチ TT(オランダ)で今季3勝目をあげたV・ロッシ選手は、その疲れも見せず、創立60周年記念カラーの「YZR-M1」でヒルクライムに出走したほか、四輪のレーシングマシンでデモ走行を行った。 当日は、創立60周年を迎えたヤマハがヤマハレーシングスピリットの軌跡を振り返る歴代レーシングマシンを特設ガレージに展示。かつての [全文を読む]

オークネット総合研究所消費者アンケート結果~第2回バイクユーザー拡大の可能性~

DreamNews / 2015年09月17日14時00分

(図表1) 次にバイクの保有状況を確認したところ、バイク免許保有者(四輪免許除く)が対象にも関わらず、「現在保有している」は35.2%と低く、「過去保有していたが、今は保有していない」36.7%、「一度も保有したことがない」28.2%となった。(図表2) 続いて、バイクに乗らない理由を確認したところ、「事故への不安」25.4%、「利用する機会がない」24. [全文を読む]

オートバイからジェット機へ、ホンダ躍進の影にある本田宗一郎の願い

JIJICO / 2015年05月10日10時00分

二輪で世界シェアトップを占めるほか、四輪、水素燃料電池、太陽光発電、ロボット、さらには飛行機まで手掛け、後発独立系でありながら売上高12兆円の巨大メーカーに成長したホンダの歴史は、チャレンジの蓄積です。 根っからの職人の本田宗一郎氏(1906-1991)は技術開発に専念し、副社長の藤沢武夫氏(1910-1988)に実印と会社経営の全権を一任していたといいま [全文を読む]

トヨタ車のスタイリングを手掛けて来た長屋明浩氏が、ヤマハのデザイン本部長に就任

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年07月17日16時00分

現時点では長屋氏がヤマハのバイクやスクーター、ATV(四輪バギー)、マリン製品など全てのデザインを手がけるのか、それとも四輪車部門のみを担当するのかについては不明。しかし、ヤマハが四輪車の開発に本腰を入れ始めた矢先の就任であることから、今後の動向に注目が集まりそうだ。 ヤマハの四輪車に関する実績といえば、過去にレクサス「LFA」やボルボ「XC90」、フォー [全文を読む]

スズキ会長「おい、この円安、大丈夫か」発言が経済界に波紋

NEWSポストセブン / 2013年05月28日07時00分

米国市場からは昨年のうちに四輪は撤退済み。だから、どれだけ円安ドル高が進んでも、インドのルピー、インドネシアのルピアに対しての円相場に変化がなければ、影響はほとんど受けない。 実際、自動車業界が円安ドル高に沸くなか、スズキは為替でマイナス69億円の減益を計上。それでも最高益を叩き出したことはスズキの新興国ビジネスが軌道に乗ったことを如実に示している。鈴木発 [全文を読む]

フォーカス