父親 梅宮アンナに関するニュース

「子育てはストレス」梅宮アンナさん「14歳の娘と別居」 法的に問題ないの?

弁護士ドットコムニュース / 2016年02月22日10時33分

たとえば、父親が単身赴任などで子どもと別居していることもありますし、子どもを全寮制の学校に入れる親もいるわけです。 別居しているからといって監護教育していないことにはなりません。梅宮アンナさんも娘さんとほぼ毎日会って、塾の送迎や食事もしているなら、親権者として監護教育を果たしていないとは言えないでしょう。 また、監護教育は他人に委託することもできますから、 [全文を読む]

梅宮アンナの“老化”現象にファンも動揺「クラウディアに似てきた」

デイリーニュースオンライン / 2015年09月01日07時00分

そして梅宮と言えば、やはり実の父親・梅宮辰夫(77)が思い出される。娘を溺愛していることで知られているが、とうとう昨年はその度々過ぎるスキャンダル報道に「もう疲れました」と漏らしている。父親を老け込ませた娘自身にも老いの魔の手がやってきたということであろうか。何歳になってもなお梅宮らしく、元気に恋愛スキャンダルをふりまいてほしいものである。 (文/勝島薫 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】梅宮アンナ「男に車から突き落とされた」激白 「私は“ドM”」にパパの胸中は?

TechinsightJapan / 2016年07月27日23時21分

MCの長谷川豊がこれにはさすがに父親が激怒したであろうと「お父さん怒りましたよね?」と当時の梅宮辰夫の反応を確かめるも梅宮アンナの答えは「いやー、結構ありなんですよ」と意外なものであった。 コメンテーターの玉袋筋太郎や室井佑月から「もしかしてアンナさんて“M”なの?」と問われると、梅宮は待ってましたとばかりに「そうなんです!私“ドM”なんです。ドドドドド [全文を読む]

「娘の荷物を放り出す」「イライラして当たる」梅宮アンナの子育てに非難殺到!

アサジョ / 2016年02月13日09時58分

梅宮家は父親・梅宮辰夫さんの家に三世代で同居しており、家は相当広かったはず。それでも荷物があふれるとはよっぽど片付けができないのでしょうか。娘さんが怒るのは当然ですし、そんな子供の怒りすら受け止められずに取っ組み合いの大ゲンカになったなんて、精神年齢の低さに呆れ果てます」 そんなアンナは現在、近所に部屋を借りて別居状態にある。その理由を「お互いのため」と主 [全文を読む]

女性の上位が入れ替わり「北斗晶」さんが三冠,男性は「つるの剛士」さん今年も強し。 -有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2014【こそだて】

DreamNews / 2014年12月03日14時00分

メディアを通して見るその姿には、父親や母親を始め、見る者や今の時代の家庭や家族を映し出しているとも言えます。実際に子育てをしながら仕事をしている人もいれば、役柄として母親や父親役をしている人もいます。あるいは実際には、しっかりと子育てをしているのに、その気配すら感じさせない人もいます。 今年も北斗晶さん佐々木健介さん夫妻、つるの剛士さんらのイメージが強かっ [全文を読む]

羽賀研二4億円賠償命令で梅宮アンナが黒歴史を掘り返されるとばっちり

アサジョ / 2016年11月04日09時59分

羽賀とアンナは1990年代に交際し、アンナの父親である俳優の梅宮辰夫は常に交際に反対していたが、2人はペアで全脱ぎ写真集まで発売するなど“バカップル”としてワイドショーや週刊誌を賑わす存在だった。「辰夫さんは言わずと知れた大スターで事業も複数手がけ、アンナさんは超お嬢様として育ちました。その育ちの良さのせいかアンナさんにはガツガツしたところがなく、男運も [全文を読む]

梅宮アンナ「長女との別居」に集まった「育児放棄!」の批判合唱と、アンナが「ひとりになりたい」本当の理由

messy / 2016年02月13日17時00分

そこで他の家族――といっても父親、祖父母くらいになるのだが――が、子と母の間に立つことができれば良いのだが、ひとり親家庭や核家族世帯、長時間労働をする男親、さまざまな事情が立ちはだかる。やはりネックとなるのは金銭面、そして「母子は共に暮らすもの」という“常識”だろう。関係が険悪なまま同居を続け、破綻して事件になってしまう最悪のケースもないとは言えない。親子 [全文を読む]

梅宮アンナ、ガングロギャルの再ブーム狙い? 羽賀研二とのペアヌードには「今思うと斬新」「北川景子とDAIGOやらないかな」

おたぽる / 2016年01月26日09時00分

「14年に、梅宮が一般男性との交際を写真週刊誌に報じられたことに関して、父親の梅宮辰夫が『知らない』『もう疲れた』と発言したことが話題となりましたが、これまでにも数々の恋愛スキャンダルを巻き起こしてきた梅宮が、父・辰夫を最も疲れさせたのは、何といっても羽賀研二と交際していた時期でしょう。梅宮は94年から約5年に渡って、羽賀との交際を続けていたのですが、借 [全文を読む]

辰夫じい「もう疲れました」…梅宮アンナに新恋人発覚のたびに疲弊?

messy / 2014年11月21日17時00分

続けて、「孫にとっては父親がいた方がいいんだろうけどね」としながらも「興味を示さないようにしています。もう疲れました」と本音を漏らした。 かつて羽賀研二と交際していた頃は、辰夫がどれだけ反対しても聞く耳を持たぬほど羽賀に夢中で、「ペアヌード」を撮り出版したこともあるアンナ。今回、アンナの新しい恋になんとも冷めた反応を見せた辰夫だが、親が何を言っても無駄だと [全文を読む]

「人の画像は、私のもの?」梅宮アンナ“ジャイアンナ・スタイル”のおかげで、ブログ収入激増か

日刊サイゾー / 2014年08月01日17時30分

先月23日には、娘の妊娠時、父親の梅宮辰夫らから中絶を勧められていたことを告白し話題に。また、昨年11月にも『離婚をする事は、産んだ瞬間に決まっていた』などと結婚・出産時の不安を赤裸々に綴った。しかしネット上では、『アクセス稼ぎ目的の、切り売り』と悪評も。今回の無断転用騒動も、結果的に相当のアクセス数につながったでしょうね」(芸能ライター) かつて、モデル [全文を読む]

松田聖子、娘・神田沙也加との「確執」まで新曲プロモに利用か…すべて計算尽く

Business Journal / 2017年05月18日21時00分

俳優の梅宮辰夫を父に持つアンナもこれまで、自身の恋愛や出産、離婚などのたびに世間を騒がしてきたが、神田・松田母子の話題について自身のことを重ね、「私も何かと父親にマイクを向けられて、いちいちコメントを求められる。やっぱり子供としてはすごくイヤだ」とコメント。「みんなが思っているような家族じゃないと思う。きちっと親子愛があるだろうし、いちいちうるさいと思う」 [全文を読む]

「高畑裕太は空気が読めない」と指摘した梅宮アンナに「お前が言うな!」の大合唱

アサジョ / 2016年08月27日17時59分

父親である梅宮辰夫の反対を聞かず5年間にわたって羽賀研二と交際し、2人で赤裸々な写真集を出版。破局後、一般人男性と結婚するも2年で破局。その後、プロ野球選手と不貞騒動。そして、ブログやインスタグラムで度重なる炎上騒動。彼女の過去をざっと振り返っても、空気が読めている人の人生とは思えませんからね」(週刊誌記者) 批判されまくった過去がありながら、今なおこうし [全文を読む]

梅宮アンナ、寂しい話題づくり?!

NewsCafe / 2015年11月19日16時00分

「そんなことよりも、最近のアンナといえば、父親の俳優、梅宮辰夫(77)が肺がんだったことでがん家系であることを気にし、女優の川島なお美さん(享年54)が亡くなったり、タレント、北斗晶(48)が乳がんの手術を受けたことでがん検診を受けたことをブログでネタにしたのをテレビのワイドショーに取材してもらっていました」 ちと寂しい話題だ。 「そんな意味から、本人か [全文を読む]

フォーカス