オーディション 帝国劇場に関するニュース

滝田栄 レ・ミゼ主演の14年間は毎日がタイトルマッチだった

NEWSポストセブン / 2014年10月10日07時00分

ロンドンで大ヒットしたミュージカル『レ・ミゼラブル』の日本版が公演されるにあたり、すべてのキャストがオーディションで選ばれるというのは1980年代半ばの商業演劇の世界では大ニュースだった。1987年の日本初演で主役のジャン・バルジャンを射止めた役者の滝田栄が語る言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 [全文を読む]

「ディズニー・ハワイアンコンサート」ディズニー映画最新作『モアナと伝説の海』にて日本版モアナ役声優 屋比久知奈の出演が決定!

PR TIMES / 2017年03月26日10時27分

日本公開から12日間で、動員160万人、興行収入20億突破という記録的大ヒット上演中のディズニー映画最新作『モアナと伝説の海』公開記念として開催される本コンサートに、日本版モアナ役の声優を務めた屋比久知奈の出演が決定した!ディズニー・ヒロイン史上最大級のオーディションを見事勝ち抜き、今回の大役を手にした実力派だ。映画は現在も大ヒットを続けており、本コンサー [全文を読む]

ダイアモンド☆ユカイ 『ミス・サイゴン』出演叶えた1年の自主練

WEB女性自身 / 2017年03月12日06時00分

芸歴30年、オーディションを受けて得た大役だった。オーディションまで1年かけてダンスの自主練習。ビデオを何度もコマ送りで見ながら、動きを身につけた。 「舞台での踊りもお芝居もほとんど素人でしょ。おまけに何を習得するにも人の10倍の時間がかかるタイプだし」 地道な練習を積んで、晴れて帝国劇場のステージのど真ん中に立った。 初めてのミュージカルを終えるや、次の [全文を読む]

市村正親が語る“最後に成功をつかむ”心の持ち方

WEB女性自身 / 2016年10月23日06時00分

■「毎日オーディション、毎日が初日」の気持ちで! 「お客様は高いお金を払って、その日を見に来てくれる。僕が何公演やっていようが関係ないですよね。そこでお客様に『市村いいな、面白いな』というふうに思ってもらわないと。今日うまくいかないと明日の仕事がなくなっちゃう。だから毎日が初日ですし、毎回オーディションのような気持ちです。全力でやらないとダメ」 ■ ちょ [全文を読む]

市村正親の劇団四季デビュー「志望は群集の役だった」

WEB女性自身 / 2016年10月22日06時00分

そのタイミングでバレエの先生から劇団四季のオーディションに誘われたんです」 中山「四季に入りたかったわけではなかった」 市村「そうだね(笑)。それで、イエス・キリストの最後の7日間を描いた『イエス・キリスト・スーパースター(注:現在は『ジーザス・クライスト・スーパースター』)という作品のオーディションを受けて、役柄の第一志望は『群衆』、第二志望は『使徒』。 [全文を読む]

百恵と淳子、大本命はアグネスだった

アサ芸プラス / 2013年01月17日09時59分

オーディションを勝ち抜いてきた人たちは、私たちとは目線が違っていました。アグネスにしたって、祖国を離れて日本に来ているという決意がありましたよ」 あべは73年5月に「コーヒーショップで」でデビュー。同じ月に百恵も「としごろ」でデビューを飾る。 当時のテレビ界は局ごとに新人オーディションがあり、これを通過しないと歌番組に出られない。あべはデビュー日の近い [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宮澤佐江「リアル2歳」姿公開 芸能界11年目の決意「もう少し頑張ってみる。“誰かのために”」

TechinsightJapan / 2017年04月03日16時30分

2006年2月26日に「第二期AKB48追加メンバーオーディション」で合格して二期生による「チームK」として4月1日に公演デビューしたのが芸能活動の始まりだった。 1日には彼女と「心友」の交流が続く大島優子や秋元才加をはじめ当時の二期生たちがSNSで「11周年」の気持ちを綴っている。そんななか宮澤佐江にとっては「芸能という世界」で過ごした11年という思いも [全文を読む]

三浦春馬の艶やかな“キンキーブーツ”姿が解禁に!

Smartザテレビジョン / 2016年03月26日19時15分

高い歌唱力を武器に「デスノート The Musical」('15年)のL役で評判を集め、来月、帝国劇場にて主演ミュージカル「1789−バスティーユの恋人たち−」が控える小池と、主演映画「進撃の巨人」('15年)が大ヒット、卓越した歌とダンスで舞台での評価も高く、ブロードウェイミュージカル初挑戦となる三浦が初タッグ! ヒロインのローレン役には、抜群の歌唱力で [全文を読む]

シンディ・ローパーが全曲書き下ろし!トニー賞受賞の話題のブロードウェイミュージカル「Kinky Boots」が日本人キャストで今夏、初上演!!!

PR TIMES / 2016年02月10日09時36分

シンディ・ローパーのパワフルで最高に魅力的な書き下ろしの楽曲の数々が大きな話題を集め、今もなおブロードウェイで人気を集める大ヒット作品になっています!!音楽・演出・振付はそのままに、主演のチャーリーとローラには、高い歌唱力を武器に「デスノート The Musical」のL役で評判を集め、今年、帝国劇場にて主演ミュージカル「1789−バスティーユの恋人たち− [全文を読む]

女装の三浦春馬に出会って小池徹平が再生!? 全曲シンディ・ローパーが作詞作曲ミュージカル上演

dwango.jp news / 2016年02月09日17時03分

ヒロインのローレン役には、抜群の歌唱力で舞台女優として幅広く活躍しているソニンが決定した他、ミュージカル女優としてのキャリアを着実に重ねている玉置成実などオーディションによって選ばれた魅力ある実力派俳優たちが集結。Kinky Boots ブロードウェイプロデューサーである川名康浩氏からは、『本作が世界に向けて伝えてきたのは、” You change the [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「ラフルアー宮澤エマ」DAIGOさんに励まされました!

アサ芸プラス / 2015年08月28日17時57分

これじゃ絶対に芸能界で生き残れない」と思った時に、宮本亜門さんに「ミュージカルのオーディションを受けませんか?」ってお声をかけていただいて。そこから少しずつミュージカルの舞台に立てるようになったんです。テリー よかったよね。でなきゃ、バラエティで、ずっとおじいちゃんの話ばかりしてなきゃいけなかったかも(笑)。宮澤 もちろん、バラエティのお仕事は楽しいし、好 [全文を読む]

「すべてご破算」水谷豊の娘・趣里と破局報道 “すっぽかし俳優”田島優成の大きすぎる代償

日刊サイゾー / 2013年05月11日12時00分

トップコートとの契約が切れても、本人にその気があれば、近い将来、大きな舞台のオーディションを通過するなどして表舞台に戻ってくるはずですよ」(同) 先月の新国立劇場に続いて、出演者の病気やケガで帝国劇場の『レ・ミゼラブル』、東京芸術劇場の『おのれナポレオン』が休演になるなど、このところ“不運”が続いている演劇界。こうしたトラブルも「ライブならでは」と割り切れ [全文を読む]

プレミアムヘアケアブランド『アジエンス』 すみれさん、チャン・チュンニンさんが出演の新TVCM「美の競演」篇 2013年 1月30日(水)から全国でOA開始

PR TIMES / 2013年01月29日09時24分

新TVCMでは、姉妹役を決める舞台オーディションという設定の中、すみれさんとチャン・チュンニンさんが、アジエンスの提案する、東洋人ならではの「奥深いツヤ」、そして世界に誇れる黒髪を讃えた美しい女性を体現しています。是非とも、美しいすみれさんとチャン・チュンニンさんが競演する、アジエンス10周年の新TVCMにご期待ください。尚、2013年1月29日より、アジ [全文を読む]

「またジャニーさんの気まぐれか」“中国版ジャニーズ”構想にファンは冷静

サイゾーウーマン / 2012年05月09日08時00分

社長自ら中国に赴いてオーディションを行い、相応しい人材が発掘できれば新ユニットを結成したうえで、11月に帝国劇場で開催される舞台『JOHNNY'S World』に出演させることも視野に入れているという。(画像はこちら) ジャニーズ事務所と中国といえば、最近では近藤真彦のパンダ誘致活動に絡んだ動きが印象的だが、それ以前にも2008年に嵐が、2011年にはSM [全文を読む]

フォーカス