帝国劇場 王家の紋章に関するニュース

少女漫画『王家の紋章』がLINEスタンプとなって5/30登場!原作の名シーン24種を“アニメーション”で再現

@Press / 2017年05月30日11時30分

2016年8月には東京都・帝国劇場にて豪華スタッフ、豪華キャストらによるミュージカルとなって上演。さらに、2017年4月から東京都・帝国劇場、大阪府・梅田芸術劇場メインホールにて、初演から1年を待たずしてミュージカルが再演され、いまなお大きなご指示をいただいております。キャロルやメンフィス、イズミルら人気キャラクターが美麗な着色のフルカラーで、原作の名シー [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宮澤佐江『王家の紋章』のキャロル姿 元SKE矢方美紀が興奮「こやつめ!!」

TechinsightJapan / 2017年04月18日20時34分

同ミュージカルは演出:荻田浩一、主演:浦井健治により2016年8月から帝国劇場で上演、今年は帝国劇場(4月8日~5月7日)と梅田芸術劇場(5月13日~5月31日)で再演される。彼女が4月16日、『宮澤佐江 sae_3830 Instagram』にて舞台と同じ姿で「5月末まで頑張ります!!」と決意を示したものだ。 「私はキャロル! アメリカ人のキャロル・リー [全文を読む]

浦井健治×平方元基の恥ずかし(!?)対談「それバラすのやめて~!」

週刊女性PRIME / 2017年09月09日05時00分

今後はミュージカル『レディ・べス』(10月8日~11月18日帝国劇場/11月28日~12月10日梅田芸術劇場メインホール)、ミュージカル『舞妓はレディ』舞台版(’18年3月博多座)に出演。12月21日には、めぐろパーシモンホールで平方元基プレミアムコンサートを開催。 (取材・文/井ノ口裕子 撮影/森田晃博 ヘアメイク/Emiy) [全文を読む]

ミュージカル「アルジャーノンに花束を」2017年3月上演!新たなメインキャスト・矢田悠祐から目が離せない!!

PR TIMES / 2016年12月26日12時29分

2017年2月8日に2ndシングルとなる「晴レ色メロディー」がリリースされる!演出は『王家の紋章(帝国劇場)』でも大好評を得た荻田浩一が初演・再演時に続き、再び担当。音楽は、昨年、奇跡の再結成を遂げたクライズラー&カンパニーのキーボード奏者であり、近年はアニメ・ドラマ・舞台と幅広く注目を集める斉藤恒芳が、前作に続き新しい音楽観で舞台を彩る。そこに新たなキャ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大島優子、宮澤佐江と密着ツーショット「一生 あなたの幸せを願うわ」

TechinsightJapan / 2016年08月14日17時18分

宮澤佐江は8月5日から帝国劇場で上演開始したミュージカル『王家の紋章』でヒロイン・キャロル役を演じている。公演期間中の8月13日に26歳となった彼女を大島優子が祝福、『大島優子(Oshima__Yuko)ツイッター』で「一生あなたの誕生日をお祝いするわ、そして一生のあなたの幸せを願うわ」と全力で気持ちをぶつけた。 すっぴんと思われる頬を形が変わるほどくっ [全文を読む]

『王家の紋章』主演に挑む浦井健治 公式本には自作の童話も

WEB女性自身 / 2016年08月05日06時00分

僕を見ていて育ててくださる方たちを大切にしなければ」 04年に東京・帝国劇場でのミュージカル『エリザベート』のルドルフ皇太子役で注目を浴びた。その帝劇の大舞台で8月5日から初めての単独主演に挑む。人気少女漫画が原作の『王家の紋章』で、古代エジプトの少年王・メンフィスに扮するのだ。 「シルヴェスター・リーヴァイさんの楽曲、荻田浩一さんの演出という黄金タッグ! [全文を読む]

俺様すぎるファラオとの時空を超えた愛! 連載40周年を迎えた『王家の紋章』がついにミュージカルに!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月10日15時00分

圧倒的スケールのためか実写ドラマ化、映画化などの話が不思議となかった『王家の紋章』ですが、2016年8月に帝国劇場にて初のミュージカルが上演されることが決定しており、ファンの中でも注目を集めています。 漫画の設定としては古代エジプトのファラオであるメンフィスの墓を発掘調査のために暴いたアメリカの大富豪リード家が王家の呪いを受けて、神殿の祭祀でありメンフィス [全文を読む]

宮野真守、恋愛観&子役時代を赤裸々告白!「チマタの噺」

CinemaCafe.net / 2017年08月29日12時15分

ミュージカル「テニスの王子様」や帝国劇場で上演された「王家の紋章」イズミル王子役など舞台俳優としても活動。音楽アーティストとしても16作のシングルと6枚のアルバムを発表、日本武道館、横浜アリーナなどで単独公演を行うなどの実績を誇る。 今回はそんな宮野さんを招いてのトーク。鶴瓶さんが面白いと認める声優である宮野さんが、どん底の子役時代から学生時代のやっちゃっ [全文を読む]

人気声優と笑顔、土屋太鳳に「羨ましい!」

日刊大衆 / 2017年04月26日07時05分

土屋はミュージカル『王家の紋章』を見に帝国劇場を訪れ、インスタに会場で撮影した写真を3枚投稿。どの写真にも、土屋による350文字以上のコメントが添えられている。まず1枚目は、この舞台に出演している、声優の宮野真守(33)が写る垂れ幕の写真。土屋は「ウルトラマンゼロシリーズに出演した時からずっと尊敬しているかた」と、コメントで宮野への思いをつづっている。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宮澤佐江「リアル2歳」姿公開 芸能界11年目の決意「もう少し頑張ってみる。“誰かのために”」

TechinsightJapan / 2017年04月03日16時30分

4月8日より帝国劇場で再演が始まるミュージカル『王家の紋章』でキャロル役を務める宮澤佐江。女優やタレントとして活躍する彼女が4月1日、『宮澤佐江 sae_3830 Instagram』にて「芸能という世界に入って、今日で11年です」と振り返るとともに幼少時の可愛い姿を公開した。 宮澤佐江は昨年の4月1日、AKB48劇場で開催された『チームK 2期生10周年 [全文を読む]

城田優らミュージカル界を牽引する4人が考えていること

NEWSポストセブン / 2016年08月14日16時00分

8月5~27日まで帝国劇場(東京・日比谷)にて上演。美しく若きエジプト王“メンフィス”役で主演。【浦井健治(うらい・けんじ)】1981年8月6日生まれ。東京都出身。2000年に『仮面ライダークウガ』で俳優デビュー。2004年『エリザベート』ルドルフ皇太子役に抜擢。以降ミュージカルからストレートプレイまで、数々の話題作に出演。読売演劇大賞最優秀男優賞など多数 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】新妻聖子が“革命的な決断”を実行「これ頑張って守る」

TechinsightJapan / 2015年11月02日11時25分

来年、2016年8月には帝国劇場で上演予定の舞台版『王家の紋章』でキャロル役(宮澤佐江とWキャスト)を務める。今回の「革命的な決断」によってさらに素敵なパフォーマンスが期待出来そうだ。 ※画像は『新妻聖子(seikoniizuma)ツイッター』のスクリーンショット。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

フォーカス