時代劇 福士誠治に関するニュース

イケメン俳優・桐山漣 初連続時代劇でも「女性の扱いは任せて」

WEB女性自身 / 2015年04月13日23時00分

4月13日、都内でNHK木曜時代劇『まんまこと~麻之助裁定帳~』の制作発表会が行われ、主演の福士誠治(31)と、桐山漣(30)、南沢奈央(24)、市川由衣(29)ら共演者が出席した。同作は、『しゃばけ』シリーズで人気の作家、畠中恵氏の新シリーズ。江戸町名主の跡取り息子・麻之助(福士)が、幼なじみの清十郎(桐山)、吉五郎(趙珉和)とともに、さまざまな謎や、揉 [全文を読む]

「鬼平」「剣客」「梅安」その魅力、ここに結集 スカパー!・時代劇専門チャンネル オリジナル長篇時代劇最新作 原作 池波正太郎「闇の狩人」 主演 中村梅雀はじめ、風吹ジュン、福士誠治、津川雅彦が登壇~ 完成披露記者会見・試写会レポート ~

@Press / 2014年09月02日10時30分

スカパーJSAT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:高田真治)と、「時代劇専門チャンネル」を運営する日本映画衛星放送株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉田成道)は、スカパー!・時代劇専門チャンネル オリジナル長篇時代劇最新作『闇の狩人』(原作 池波正太郎)の完成披露記者会見および試写会を、8月28日(木)にイイノホール&カン [全文を読む]

福士誠治が明かす『忠臣蔵の恋』秘話、「武井咲さんの頬を…」

WEB女性自身 / 2017年01月28日06時00分

十郎左さまを遠くから見ているだけで、ホントにドキドキしてきて 」 福士「僕も、きよが帳簿をつけているところを離れて見ている場面は萌えた!こういった片方の思いだけが垣間見える場面は、ある意味、時代劇の醍醐味ですね」 武井「はい。オンエアで見て噴き出しちゃいました。福士さん、なんだ、こんな顔して見てたんだって(笑)」 福士「コラッ!(笑)。『忠臣蔵の恋』は 会 [全文を読む]

NHK「忠臣蔵」に時代劇研究家も仰天 「大奥」まで登場

NEWSポストセブン / 2016年12月13日07時00分

毎年、この時期になると、討ち入りのの話を描いた時代劇『忠臣蔵』が必ずと言っていいほどテレビでやっている。連続ドラマとして今、放送されているのが、武井咲主演のNHKドラマ『忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣』だ。このドラマの展開には、時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんも驚くという。ペリー荻野さんが見どころについて解説する。 * * * そんなわけで『真田丸 [全文を読む]

比嘉愛未のナポリ旅行に「福士誠治とじゃないよね?」とファン不安 親孝行に称賛集まるも特攻服姿披露で元ヤン疑惑浮上?

おたぽる / 2016年04月16日12時00分

「比嘉といえば、過去には妻夫木聡、斎藤工、佐々木蔵之介といった、錚々たるイケメン俳優との熱愛報道が流れるなど、モテモテ女優として知られ、ファンを片時も安心させたことはなかったのですが、昨年にはドラマ『ハンチョウ~警視庁安積班~シリーズ』(TBS)で共演した福士誠治との熱愛報道が流れただけでなく、同年7月に行われたNHKの時代劇『まんまこと~麻之助裁定帳~ [全文を読む]

福士誠治 究極の2択に「その質問は酷ですよ!」

Smartザテレビジョン / 2015年07月07日23時27分

チームワークの良さは現場でも生きているようで、桐山によると「(福士、桐山、趙の)幼なじみ3人のシーンでは、僕が初めての時代劇ということもあって、福士さんを筆頭に『ここのせりふは言いづらいんじゃない?』というふうに気遣ってくれる」という。それを受けた趙が「僕と桐山さんは福士大先生に付いていくだけ。本当に尊敬してます!」と持ち上げると、福士は恐縮しきりだった [全文を読む]

斎藤工 セクシーさの秘密は「半開きの唇」にあるとの指摘

NEWSポストセブン / 2015年05月06日07時00分

ペリーは以前、福士誠治と主演したNHK時代劇『オトコマエ!』(よく考えたらすごいタイトルである)の件で、ご本人に取材したことがあったが、その現場には通常の時代劇取材では見かけない若い女性記者がずらりとそろっていて、びっくりしたものである。 一昨年は雑誌『an・an』でヌードを披露、昨年は、フジテレビ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で上戸彩との不倫ラブに [全文を読む]

福士誠治主演「まんまこと―」制作発表会見!

Smartザテレビジョン / 2015年04月14日00時00分

7月16日(木)からNHK総合で放送される木曜時代劇「まんまこと~麻之助裁定帳~」の制作発表会見が行われ、出演する福士誠治、南沢奈央、桐山漣、趙たみ和、市川由衣、えなりかずき、檜山うめ吉、石橋蓮司、高橋英樹、さらに語りを担当する柳家小さんが登場した。 本作は、「しゃばけ」シリーズで人気の畠中恵の小説「まんまこと」「こいしり」「こいわすれ」が原作。江戸の町名 [全文を読む]

今、時代劇がアツイ理由「自由で気持ちいいくらい楽しめる」

NEWSポストセブン / 2014年09月22日16時00分

このように、時代劇が今年はアツいが、それと同時に漫画原作の時代劇映画やドラマが増えている。コラムニストで時代劇研究家のペリー荻野さんはこう語る。 「題材としてはなんでもあり。男女逆転『大奥』(TBS系)があれば、『JIN』(TBS系)や『信長のシェフ』(テレビ朝日系)などのタイムスリップものもある自由なジャンル。リアルがリアルじゃないから、気持ちいいくらい [全文を読む]

武井咲が描く理想の恋とは? 「男性が気持ち伝えて欲しい!」

WEB女性自身 / 2017年01月28日06時00分

数々の時代劇ドラマに登場し、歌舞伎の舞台経験もある福士。収録現場では先輩として役作りのアドバイスをすることもあった。武井の 名演 について尋ねると 。 福士「忘れもしない!牛天神できよが猛然と走って来る姿。あれは初々しくてとびきりキュートだった。『十郎左さま〜』って叫びながら向かってくる。かわいいな〜って見とれちゃいました」 武井「そうでしょう。着物もピン [全文を読む]

TBSの次はNHK! “低視聴率”でも武井咲はなぜ、主役であり続けるのか

日刊サイゾー / 2016年08月28日12時00分

武井咲が9月24日にスタートするNHK総合の土曜時代劇『忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~』で主演を務める。武井がNHKドラマ、時代劇に出演するのは、2012年の大河ドラマ『平清盛』以来、4年ぶりとなる。ドラマは全20話のロングランで、来年2月まで放送される予定だ。 原作は10年6月から1年間、毎日新聞夕刊で連載された諸田玲子氏の小説『四十八人目の忠臣』で、脚 [全文を読む]

南沢奈央「女優になる前は獣医を目指していました」

Smartザテレビジョン / 2015年07月23日16時34分

演じるお寿ずに共感する部分や趣味の落語と時代劇の関係性について、夏の思い出やこの夏にやりたいこと、そして番組の見どころなどを語ってもらった。――南沢さんからご覧になって、今回演じるお寿ずはどのような女性でしょうか?お寿ずは女性から見てもかわいらしい女性です。真っすぐで思い通りにならないことがあったとしても、自分の気持ちや思いを表に出してしまう。麻之助との婚 [全文を読む]

フォーカス