人生 山口智子に関するニュース

桐谷美玲「30歳までに子供産みたい」が炎上したワケ|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年02月25日12時00分

私は、『子供のいる人生』とは違う人生を歩みたいなと」と述懐し、子供のいない人生を望んで、実際にそのようにしているというエピソードを公開しています。 逆に、さらに女優の小泉今日子女史が、子供が欲しかったけど、もうけることが叶わなかった、ということを切々と述べる場面があり、これはこれで、価値観と境遇と結果という、非常に悩ましい取り合わせが存在していることも分か [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

なぜなら、世の大半の役者たちは、ハマり役すら見つからずに役者人生を終えるのだから。■山口智子の抜けた穴 このまま、連ドラ界は山口智子サンの時代がしばらく続くと思われたその時――事態は思わぬ方向に進む。 なんと、『ロンバケ』を最後に山口サンは唐沢寿明サンとの結婚生活に比重を移し、しばらくテレビから離れるという。 人気女優を失った連ドラ界はどうなるか? だが、 [全文を読む]

山口智子の産まない告白で「子なしハラスメントが落ち着く」

NEWSポストセブン / 2016年02月26日07時00分

(中略)私は子供のいる人生とは違う人生を歩みたいなと。だからこそ、血の繋がりはなくとも、伴侶という人生のパートナーを強く求めていました》《ずっと、子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも一片の後悔もない。夫としっかり向き合って、二人の関係を築いていく人生は、本当に幸せ》 赤裸々な、しかしショッキングな言葉が並ぶのは、『FRaU』3月 [全文を読む]

山口智子「親になりたくない」告白にあった少女時代のトラウマ

WEB女性自身 / 2016年02月25日09時00分

私は、『子供のいる人生』とは違う人生を歩みたいなと》 『29歳のクリスマス』『王様のレストラン』でヒロインを演じ、人気絶頂となった31歳で、俳優・唐沢寿明(52)と結婚した山口。 「しかし96年の『ロングバケーション』以降、彼女はなぜか連続ドラマ出演から遠ざかりました。その理由についてはさまざま報じられましたが、いちばん多かったのが『子作り・不妊治療のため [全文を読む]

子どもを産むことは、義務でも務めでもない。産まない選択をした著者が一石を投じる『わたしが子どもをもたない理由(わけ)』

PR TIMES / 2017年05月22日06時00分

少し前に、女優の山口智子さんが「子どもをつくらない人生を選択した。夫婦2人の生活はほんとうに幸せで、一片の悔いもない」と発言したことがニュースになりましたが、女性にとっては、「子どもをつくる・つくらない」は、社会からの無言の圧力になっているのではないでしょうか。「自分のために生きる」と言うと「身勝手」と感じられるのかもしれませんが、人生の道筋を決めるのも、 [全文を読む]

「子供を産めないことに泣き叫んだ」有働由美子を勇気づけた「子供を産まない選択をした」山口智子の強い言葉

リテラ / 2016年05月23日13時00分

今年2月、「FRaU」(講談社)のロングインタビューで女優の山口智子が「私は、子供のいる人生じゃない人生がいい」「子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも、一片の後悔もないです」と告白して反響を呼んだが、他方、現在47歳の有働は"産めない"ことに悩んできたというのだ。 有働によると、まわりの友人たちが結婚ラッシュを迎えたときにも出産 [全文を読む]

【ウラ芸能】山口智子、あの告白で失ったもの

NewsCafe / 2016年02月26日15時00分

デスク「女優、山口智子(51)の『子供いらない』告白が波紋を広げてるな」記者「1996年のドラマ『ロングバケーション』」(フジテレビ系)の大ヒットでトレンディドラマの女王と言われた山口ですが、ファッション誌『FraU(フラウ)』(講談社)3月号で、『子供は望まなかった』とプライベートについて赤裸々に語っています」デスク「それを受けて、ほかの女性誌や東京新聞 [全文を読む]

かんき出版『わたしが子どもをもたない理由』販売開始

イクシル / 2017年06月06日09時00分

著者はベストセラー『家族という病』で知られる下重暁子さん株式会社かんき出版(本社:千代田区 代表取締役社長:齊藤龍男)は、子どもをもたない選択をしながら輝く人生を送っている著者「下重暁子」さんが「子どものいない生きかた」についてまとめた『わたしが子どもをもたない理由(わけ)』を全国の書店・オンライン書店等(一部除く)にて2017年5月22日より販売開始しま [全文を読む]

蓮舫氏「やんちゃで逃げきれない女性は叩かれ続ける」

NEWSポストセブン / 2016年08月26日07時00分

『FRaU』のインタビューで、《子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも一片の後悔もないです》と、高らかに宣言したのだ。 そしてもう1人はNHKの有働由美子アナウンサー(47才)だ。司会を務める『あさイチ』で「ようやく出産の可能性を諦めて、やっとひとりで生きる自信が出てきた」などと語った。それは、「とんでもない間違いをしたのではない [全文を読む]

「子どもが欲しくない女性はこの世にいるはずがない!」 多様性を認めない社会の抑圧を考える

ウートピ / 2016年03月23日21時50分

主体的に人生を歩むとは、どういうことなのか。これらをテーマに語りあうイベントが、新宿眼科画廊にて行われた。主催は、現代美術彫刻家で文筆家の柴田英里氏。ゲストにフランスで同性婚をしたタレント・文筆家の牧村朝子氏、ゲイの夫を持つ中村うさぎ氏の2名を招いて行われたトークの模様をレポートする。「子どもを産まなかった人生を後悔していない」発言の余波まずは柴田氏が、山 [全文を読む]

“不妊症隠し”は的外れ?山口智子の「産まない選択」に共感する同世代女性たち

アサジョ / 2016年02月21日09時59分

山口は夫で俳優の唐沢寿明との間に子供をもうけなかったことについて、「子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました」と“産まない選択”をしていたと明かしたからだ。この山口の発言に対して「懺悔の念を感じる」と言う芸能評論家や「不妊症を隠しているのでは?」と推測するネットユーザーが続出している。「07年に当時の厚生労働大臣だった柳澤伯夫が、自民党県 [全文を読む]

【20代~30代女性の「いい夫婦の条件」に関する実態調査】11月22日は「いい夫婦の日」!パートナー選びのポイント「優しさ」「誠実さ」よりも「居心地」!“未来のいい夫婦”ランキング、1位は杏&東出

DreamNews / 2015年11月09日11時00分

また「はい」と回答した人に『「ここが円満の秘訣」だと最も思うポイントを教えてください(単一選択)』という質問をしたところ、「居心地の良さ(38票)」が「優しさ(24票)」、「誠実さ(16票)」よりも多く回答が集まる結果となり、コメントでは「一緒にいて楽で居心地がよくないと、365日一緒に暮らすことはできない」、「一緒にいたいと思えない人の為に、仕事や家事 [全文を読む]

二大女優に学ぶ、子どものいない人生に必要な何かとは?

ANGIE / 2016年03月06日21時00分

「四十歳を過ぎた私の人生の中で、やり残したことがあるとしたら自分の子どもを持つことだ。時間に限りのあることだから、ある年齢を過ぎた女性なら一度は真剣に考えたことがあると思う。 家族の再生を描いた心優しいこの物語を読んで、私はそんな思いから少しだけ解放された」 当時小泉さんは、少なからず自分の子どもを持たなかったことに後悔を感じていたようですね。 一方、山 [全文を読む]

山口智子の産まない発言で「夫婦だけ」という選択肢に市民権

NEWSポストセブン / 2016年02月27日07時00分

山口さんの告白はこの点を改めて気づかせてくれたのです」 うらやましいのは、山口の自由な人生そのものではなく、「これが私の選んだ人生」と、堂々と言える自信なのかもしれない。 ※女性セブン2016年3月10日号 [全文を読む]

「子供を産んで育てる人生を望まない」と明言した山口智子の潔さが素晴らしい

messy / 2016年02月12日19時20分

彼女にとって唐沢は「夫であり、家族であり、友であり、恋人であり」、つまり人生のパートナーだ。私の人生の責任 [全文を読む]

「恋愛や結婚をすれば幸せになれるという強迫観念は捨てよう」 【アフロの元記者・稲垣えみ子『魂の退社』インタビュー後編】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月20日11時00分

――「50歳、夫なし、子なし、無職でも希望でいっぱい」という稲垣さんの生き方や、山口智子さんの「子どもを生んで育てる人生を望まない」宣言は多くの共感を呼んでいます。同時に論争が起こりやすいテーマでもありますが、そのことについてはどう思われますか。稲垣 私は山口さんと違って成り行き上こうなっただけで、そんな共感を呼ぶほどのことをやってるわけじゃないんですが… [全文を読む]

「正論に頼らず、嫌われる勇気をもつ」仕事と育児を両立するために心がけたいこと

Woman.excite / 2016年04月27日14時00分

(c) llhedgehogll - Fotolia.comたとえば、保育園に入れない「保活」問題、某中学校校長先生の「女性に最も大切なのはふたり以上子どもを産むこと」といった発言や、女優の山口智子さんが雑誌のインタビューで語った「わたしはずっと、子どもを産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも、一片の後悔もないです。人それぞれ、いろんな [全文を読む]

山口智子さんの「産まない選択」に励まされた女性たち〜一方で卵子の凍結保存の推進時代?

ヘルスプレス / 2016年03月31日21時25分

人気女優の山口智子さん(51)が、女性誌『FRaU(フラウ)』2016年3月号のインタビューで「子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも一片の後悔もないです」と告白し、大きな反響を呼んだ。 山口さんは1995年に人気俳優の唐沢寿明さん(52)と結婚。理想のカップルとしての好感度は今も変わらない。結婚後は華やかな芸能界から離れていたこ [全文を読む]

「2人以上産め」校長も安倍首相も...“子育て右翼“が増殖中! 「子を産まない女は女にあらず」「保育園に頼らず自分で育てろ」

リテラ / 2016年03月17日07時30分

先日、女優の山口智子が「子どもをもたない人生を選んだ」と告白し大きな共感を呼んだばかりだが、やはりこの国ではいまだ"子を産まない女は女にあらず"と見なす価値観が蔓延っているようだ。 事実、校長の意見に対し、ネット上では「真っ当な意見」「これが糾弾されるのはおかしい」「一部を切り取って文句言うな。全文紹介しろよ」などと擁護する声も大きい。 まったくふざけるな [全文を読む]

「子を産む責任」という女への圧力。「産まない」選択した山口智子、そして小泉今日子の言葉から考える

messy / 2016年02月17日02時00分

彼女は夫・唐沢寿明(52)とのあいだに子供をもうけなかったことについて、初めて「子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました」と能動的な選択だったことを明言。当サイトでも取り上げたが、当該記事のコメント欄だけでなく、SNS上でも議論が活発化している。これを「逆に“懺悔の念”を感じさせる。若い女性たちに自身の生き方を反面教師にして欲しいという思い [全文を読む]

フォーカス