米倉涼子 山口智子に関するニュース

山口智子ドラマ 大コケもDVD化で再評価される可能性あり

NEWSポストセブン / 2013年01月05日07時00分

希望さえ失わなければなんとかなるというメッセージがいい」(ドラマ評論家・丸山タケシさん) 「私、失敗しませんので」を決めゼリフに米倉涼子(37才)がフリーの外科医を好演した『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)は、最終回に驚異の24.4%を記録。早くも、「『相棒』に次ぐ看板ドラマとしてシリーズ化はほぼ決定」(テレビ朝日関係者)なんて声が聞こえ [全文を読む]

キムタク神通力もはやナシ! 月9視聴率が米倉涼子に完敗

メンズサイゾー / 2012年10月23日15時05分

米倉涼子がクールな女医を演じる本作は、意外にも他作品を圧倒する高視聴率を弾き出した。「若者の恋愛モノやトレンディドラマよりも、警察・医療のほうが手堅く、どこの局も力を入れてやっているのがここ数年の特徴。しかしあまりに似た系統の作品を乱発しているため、マンネリ感も否めなくなっています。同じ警察・医療モノでも、若手俳優をたくさん集めただけでストーリーが薄く、一 [全文を読む]

視聴者FAXを批判した有働由美子に「人のことが言えるか」と総ツッコミ!

アサジョ / 2017年07月31日18時15分

問題となったのは、女優の米倉涼子をゲストとして迎えた「プレミアムトーク」。米倉といえば、主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)での「私、失敗しないので」の決め台詞があまりにも有名。有働アナは番組冒頭で、米倉に当てた視聴者からの質問FAXを読み上げる。その内容は実際の私生活でも米倉は失敗しないのか、という内容だった。 ところが読み上 [全文を読む]

どうなる? フジ“月9”ドラマ 亀山社長は“打ち切り”を全面否定も……

日刊サイゾー / 2016年10月31日18時00分

それをいうなら、同じく初回のリアルタイムで20.4%をマークしたテレビ朝日系『ドクターX~外科医・大門末知子~』(米倉涼子主演)のタイムシフト視聴率は9.5%、総合視聴率は28.3%で、『カインとアベル』とは比較にもならない。ましてや、録画再生での視聴はCMを早送りされる可能性が高く、スポンサーにはメリットがない。 まさに風前の灯火となった“月9”ドラマ枠 [全文を読む]

えっ、松嶋菜々子は12万円!大物美女たちのハイレグ水着テレカが急騰中

アサ芸プラス / 2016年08月05日05時59分

「藤原紀香、米倉涼子、山口智子‥‥男女問わず現在もファンの多い美女タレントたちは皆キャペーンガール出身。今では考えられませんが、ハイレグと言われる大胆な水着で砂浜や海で自慢のプロポーションを披露していた。国会議員の蓮舫もそうですよね」(週刊誌記者) 当時、コレクターアイテムとして隆盛を極めていたのが「テレカ」だが、特に人気のキャンペーンガールたちの水着ショ [全文を読む]

水着姿のキャンギャル 水着審査拒否し合格した後の女優K

NEWSポストセブン / 2016年05月28日16時00分

内田有紀(1993年)、本上まなみ(1995年)、米倉涼子(1996年)が代表的だ。同社はマスコットガールというキャンペーンも展開(2000年にスイムウェアと統合)。こちらからは風吹ジュン(1974年。スイムウェアと兼務)や紺野美沙子(1979~1981年)らが輩出された。 紺野はカメラ好きの叔父の写真出品がきっかけでオーディションを受けることになったが、 [全文を読む]

剛力彩芽は格安料金で使い放題!? 高額ギャラに現場で嘆き節の女優も…

メンズサイゾー / 2012年12月02日08時00分

いまだにテレビ業界は予算縮小の風潮が強いですが、限られた予算の中でフレッシュで知名度のある女優を選ぶ場合、彼女は非常に使いやすいんです」(テレビ局関係者) 発売中の「週刊文春」(文藝春秋)の記事「人気女優“最新ギャラ番付”」によると、一昨年に『家政婦のミタ』(日本テレビ系)が大ヒットした松嶋菜々子(39)は連ドラ主演1話あたり350万円以上、『ドクターX [全文を読む]

小倉智昭氏の安倍氏への謝罪 反韓流デモの再来避けるためか

NEWSポストセブン / 2012年11月24日07時00分

※週刊ポスト2012年11月30日号 【関連ニュース】韓ドラぶっ続けのフジ局内から「まるで韓国のTV局だ」の声若者に“TVはネットよりつまらない”の意識浸透と上智教授米倉涼子 『家政婦のミタ』を見て“ヒット作には理由ある”視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%【プレゼント】『ダウントン・アビー』のアロマキャンドル [全文を読む]

“ご祝儀”が多かったドラマは? 『TOKYOエアポート』初回視聴率から-4.6%

サイゾーウーマン / 2012年11月09日13時00分

『相棒』に次ぐ2位となったのは、18.6%を獲得した米倉涼子の『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)だった。第2回では17.6%と少しダウンしてしまったが、米倉はこれまで、松本清張3部作(『黒革の手帖』『けものみち』『わるいやつら』)や、後に映画化もされた『交渉人~THE NEGOTIATOR~』で主演を務めるなど、同局と“相性がいい”とい [全文を読む]

フォーカス