水谷豊 渡哲也に関するニュース

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

ご存知、警視庁の「特命係」を舞台に、超人的な頭脳を持つ杉下右京(水谷豊)とその相棒が、鑑識課の米沢守(六角精児)らと協力しながら、難事件を解決する。所属部署ではないものの、その事件は捜査一課の扱いであり、事実上の警視庁捜査一課ドラマである。 そのフォーマットは、元祖バディもののシャーロック・ホームズとワトソンのスタイルを踏襲しつつも、世相を反映したリアリ [全文を読む]

石原裕次郎、藤田まこと、水谷豊…「刑事役」人気ランキング!

NewsCafe / 2013年11月30日12時00分

※回答総数…722件【1位】水谷豊(20.9%)■「刑事貴族」の水谷サン、好きだなぁ! 相棒もはまり役!![女性/30代/専門職]■「熱中時代」からのファンだから。[女性/20代/会社員]■右京さんにしか見えなくなってしまいました。[女性/50代/専門職]【2位】藤田まこと(14.3%)■いちばん正統派の刑事。[男性/30代/専門職]■一番似合う。庶民的な [全文を読む]

「ギャラは水谷豊より上だった」自分にもスタッフにも厳しかった渡瀬恒彦さん、その後釜は……?

日刊サイゾー / 2017年03月29日07時00分

実際、渡瀬さんのギャラは、あの水谷豊さんよりも高かったですから。それもご本人はわかっているから、ギャラ以上の仕事を、ということで、若手の教育もやっていたようです」(芸能事務所関係者) 渡瀬亡きあと、東映も次の柱を探さなければならない。 「水谷さんの『相棒』(テレビ朝日系)は別として、渡瀬さんのポジションには内藤剛志さん、内野聖陽さん、上川隆也さんの名前が挙 [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(4)「孤独のグルメ」は松重豊以外に候補が…

アサ芸プラス / 2016年09月13日05時57分

さて、萩原健一と水谷豊のコンビで鮮烈な印象を残した「傷だらけの天使」(74年、日本テレビ系)だが、水谷が演じたショーケンの弟分・アキラには火野正平が予定されていた。「すでに売れっ子だった火野のスケジュールが折り合わず、松田優作が旧知のプロデューサーに『いいのいるよ』と紹介したのが水谷だったそうです」(シナリオライター) 以来、優作と水谷は親友の間柄が長く [全文を読む]

「あぶない刑事」2016年公開で緊急アンケート、「俺たちが好きな刑事」ベスト10

アサ芸プラス / 2016年01月01日09時58分

現在放送中の「現役」では、四代目相棒に反町隆史を据えて始まった「相棒14」の杉下右京(水谷豊)が7位にランクイン。「反町はいいのですが、脚本が悪く視聴率が伸び悩んでいますね。水谷は四代目相棒に竹野内豊を推していたそうで、このままの視聴率が続けば早期交代もありえます。初代の寺脇康文は退職、二代目の及川光博は異動、三代目の成宮寛貴は逮捕でしたから、四代目の反 [全文を読む]

あのモンスター視聴率ドラマ「伝説の最終回」(7)“珠玉の最終回ベスト5”を早送りプレイバック

アサ芸プラス / 2013年11月08日09時54分

この主演の水谷豊の独特のセリフは当時、多くの子供にマネされたものである。 最終話では、生徒ひとりひとりに通信簿を渡しながら言葉をかける姿が強く印象を残した。また、黒板に大きな字で「さよなら」と書き記し、涙を浮かべながら「さあ、大きな声で読んで見ろ!」と子供たちに復唱させるシーンも名場面だ。 【2】「白い巨塔」(フジテレビ系、78年6月3日~79年1月6日、 [全文を読む]

フォーカス