テレビ 井上公造に関するニュース

<「諸事情により…」で反省>高橋維新、初テレビ出演で芸能人のスゴさを思い知る

メディアゴン / 2017年01月07日07時40分

高橋維新[弁護士/コラムニスト]* * *筆者・高橋維新は先日、テレビに出ました。2017年1月3日に放映された日本テレビ『諸事情により・・・』という特番です。お話をもらったのは、去年の11月頃だったでしょうか。女性AP(アシスタント・プロデューサー)さんから、私の勤務する法律事務所に直接電話をいただきました。『諸事情により・・・』は、様々な業界の裏事情を [全文を読む]

芸能リポーターに"スクープ"が集まるワケ

プレジデントオンライン / 2017年10月05日15時15分

僕の場合は、テレビやラジオで話すか、あるいはSNSで発信するか。本当は、情報はすべてタイムリーに出したいんです。ただ、僕の場合は既存メディアで仕事をしている人間なので、なるべく自分が持っている情報は番組内で話すようにしています。とはいえ、番組出演まで黙っていると追いつかれる可能性のあるものは、SNSを使って早めに情報を出します。 表現の仕方も、工夫が必要。 [全文を読む]

井上公造、遂に自らが離婚危機との噂! 大炎上の予感も

tocana / 2017年02月04日08時00分

本当に離婚となった時に、井上氏はテレビで新ネタとして“披露”するのか? ワイドショーでは相変わらず存在感を見せている井上だが、その裏ではいまいち元気がないのだとか。 「やはりASKAの問題が大きい。ASKAが逮捕されたことをいいことに、本人から個別に聞かせてもらっていた新曲を勝手にテレビで公開してしまったのだから。この行為にはASKAも怒り心頭で、訴訟も視 [全文を読む]

芸能界からもマスコミからも非難噴出! 記者転身のオモロー山下は「どうせすぐ辞める」!?

日刊サイゾー / 2017年06月21日07時00分

ダウンタウンの松本人志は18日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』で「こいつと飯食いに行くことはもうないよね。こいつの前で変なこと言われへん」とキッパリ。芸人としては12年前に“終わっている”と認識していたという。 ナインティナインの岡村隆史も自身のラジオ番組で、山下から芸人を辞める連絡があったといい「これはもはや、犬になりよった。いろんなことを山下に言 [全文を読む]

“洗脳”否定インタビューのオセロ・中島知子、松竹クビで芸能界復帰は絶望的に

日刊サイゾー / 2013年04月09日09時00分

同居していた自称・霊能者の女性による洗脳騒動で芸能活動を休止し、先日2年ぶりのテレビ出演となる『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)で胸中を激白したお笑いコンビ・オセロの中島知子。所属事務所の松竹芸能は6日、同日付でマネジメント契約を解除したことを発表した。 同社は、マスコミ各社に送ったファクスで「弊社に無断で、新聞やテレビの取材を受け、出演したことは、 [全文を読む]

木村拓哉に隠し子!? 業界騒然の怪文書と、井上公造氏をめぐる16年前の“奇妙な符合”とは

日刊サイゾー / 2017年02月19日12時00分

それ以前に暴発があっても全然おかしくはない」という、推測にすらなっていないものだった しかし、こちらの情報源は、いまやテレビで有名人となった井上公造氏だった可能性があるのだ。実は当時、筆者は同紙のスポーツ担当記者で、芸能面に協力していたリポーターが井上氏だったことを知っている。そして編集部が1面ネタの強化のため井上氏に協力を要請、定期的に編集部に足を運んで [全文を読む]

「ゲス不倫唯一の生存者」アンタッチャブル・柴田英嗣の業界評がダダ下がりしている舞台裏

サイゾーウーマン / 2016年12月20日16時34分

12月15日放送の日本テレビ系『ダウンタウンDX』で、芸能リポーター・井上公造氏から「今年の起きた騒動の中で、一番儲かった男性」とお墨付きを受けた柴田は、「(騒動の影響だけではなく)実力もあるよ! 絶対実力もある!」と必死に便乗商法を否定した。テレビ関係者は「柴田の現在のレギュラー番組は11本。今年の“ゲス不倫”で唯一の生存者といっていいでしょう」と語る [全文を読む]

ASKA新曲を無断公表した井上公造氏、著作権法違反で懲役5年以下も…『ミヤネ屋』も

Business Journal / 2016年11月30日20時00分

そのASKA容疑者と昨年12月以降、しばしば個人的に連絡を取り合っていたという芸能レポーターの井上公造氏は、28日放送のテレビ番組『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)に出演し、昨年12月にASKA容疑者から送付されたという未発表の楽曲を公開。同番組は「独占入手 ASKA元被告 “新曲”」というテロップと共に放送した。 この井上氏の行動についてASKA容 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】べッキー来月には復帰? 「24時間マラソン→武道館でイッテQメンバー出迎え」説も

TechinsightJapan / 2016年04月27日12時35分

これにより一連のベッキーの不倫騒動は決着し、「早ければ来月にもテレビ番組に復帰するのではないか」と見ている。 また『羽鳥慎一モーニングショー』水曜コメンテーター・浜田敬子氏はAERA編集長という立場から、やはりベッキーの所属事務所社長が週刊文春編集部へ出向いたことに大きな意味があると話す。ベッキーがテレビから姿を消してから、ありとあらゆるマスコミが彼女への [全文を読む]

芸能スキャンダル報道、なぜ激減?どうやって取材?その裏側を、井上公造氏に聞く

Business Journal / 2014年07月07日01時00分

以前はスポーツ紙や週刊誌が競うようにスクープ記事を追い求め、芸能人の自宅前に張り込み直撃するなど取材は過熱し、テレビ各局は連日ワイドショーで芸能ネタを報道していた。そんな芸能報道が減ってしまった背景には、何があるのだろうか? 今回は芸能リポーターとして数多くのテレビ番組などに出演する井上公造氏に、「芸能スキャンダル報道はなぜ減ったのか?」「激変した芸能報道 [全文を読む]

元オセロ中島 復帰騒動の陰で囁かれる”黒幕”の存在

WEB女性自身 / 2013年04月03日07時00分

3月25日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、芸能リポーター・井上公造氏のスクープという形で、中島の肉声が報じられた。さらに28日付のスポニチでは、中島が都内の病院を退院するところを直撃され、自称占い師Iさんとの再会を熱望。翌29日には『ワイドスクランブル』(テレビ朝日系)で独占インタビューが放送された。だが、この突然の復帰騒動には”黒幕”の [全文を読む]

オセロ・中島知子「ヌード復帰もある」、リポーターの発言に関係者激怒

サイゾーウーマン / 2013年01月09日13時00分

SMAP・中居正広がメインを務める『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)、『中井正広のブラックバラエティ』(日本テレビ系)。そのほかには、ネプチューン・名倉潤の『くだまき八兵衛X』(テレビ東京系)、ウッチャンナンチャン・内村光良『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)などだ。さらに、事務所の先輩である北野誠『北野誠のズバリ』(CBCラジオ)なども [全文を読む]

大捜査ワイドTVから消えたオンナたちの真実 あの“失言”で干されたオンナたち

アサ芸プラス / 2012年04月09日11時00分

その点、テレビ、記者会見などでの失言は影響力がやはり大きい。過去には、それをきっかけに人気が急降下したり、しばらく干された面々もいるほどだ。 古くは、95年の山田邦子(51)。90年代前半に多数の冠番組を持ち、女芸人の第一人者となった彼女だが、この年あたりから視聴率に若干かげりが見えてきた。そんな時期にタイミング悪く、テレビ制作関係者との不倫が報じられた [全文を読む]

秋津壽男“どっち?”の健康学「食事制限とトレーニングはどっちがベスト?リバウンドをしないためには継続が鍵になる」

アサ芸プラス / 2017年10月16日09時55分

しかも、今のテレビは食べ物番組であふれており、番組を観ただけで食欲が増してしまう、そんなつらさにも耐えねばなりません。 もし食事制限を続けるなら、糖質は1日1食にするなど、ゆったりした制限を続けることです。糖質ゼロのような食事制限を、長期にわたって続けるのはかくも難しいものです。 対してトレーニングの場合、続けていくとある時点から「つらさ」が「快感」に変 [全文を読む]

井上公造、業界内から信頼失う!?

NewsCafe / 2017年01月24日10時52分

もちろん、一番の汚点は昨年、歌手・ASKA(58)の未発表楽曲を本人の許可なく『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で無断公開してしまった件でしょう」 あれはひどかった! 「井上氏は『僕は公開したほうがいいと思った』と言い訳しましたが、ここで約束を守らない人間だとバレてしまったわけです」 そんなに信用できない人なんだ? 「そう。しかもASKAが井上氏と電 [全文を読む]

加藤紗里、男に買わせた億ションに破局後も居座り続ける強心臓ぶりが凄い

アサジョ / 2016年12月17日18時14分

加藤紗里が12月15日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演し、新たな「炎上ネタ」をまき散らした。それは6股をかけられた元カレ、狩野英孝との破局後に付き合った新恋人とのことだ。テレビ誌記者が振り返る。「この日のテーマは『2016年お騒がせニュース』で、話題をさらった時の人が集結した。加藤も持ちネタの狩野について話し始めました。『(狩野に)6股かけ [全文を読む]

海老蔵会見で分かったリポーターの「質」

NewsCafe / 2016年06月22日15時05分

「約200人の報道陣が集まった会見で質問が許されたのは、井上公造氏(59)ら、テレビの芸能リポーターだけだったのが大きな問題でした。腫れ物に触るようにビクビクしながら質問したせいで、病状の基本的な確認ができなかったんです」(医療ジャーナリスト) 「基本的な確認」ってたとえばどんなこと? 「一番重要なのは、『腫瘍ができたのは左右どちらの乳房か』『乳がんは体 [全文を読む]

愛之助とは別れてない…熊切あさ美の主張に坂上も有吉も苦言

NEWSポストセブン / 2015年06月05日07時00分

5月29日放送の『ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、泣きじゃくりながら「別れてない」と語ったのは“崖っぷちアイドル”の熊切あさ美(34才)だ。 女性セブンがスクープした藤原紀香(43才)と歌舞伎俳優・片岡愛之助(43才)の「同棲愛」に端を発した泥沼破局騒動。2013年2月に交際宣言した愛之助と熊切は、同年夏には歌舞伎座近くの高級マンションで“半同棲”をスタート [全文を読む]

藤原紀香と片岡愛之助は“セフレ”!? 「熊切あさ美との破局」はバーニングの偽装工作か

サイゾーウーマン / 2015年05月29日09時00分

「特に顕著だったのが、『スポーツニッポン』と『スッキリ!!』(日本テレビ系)です。『スポニチ』は『ふたりが急接近しているのは事実』として、片岡が『熊切とは別れた』と周囲に話していると報じました。また『スッキリ!!』では、芸能レポーター・井上公造氏が、片岡本人から熊切との破局報告を受けていると証言しています」(スポーツ紙記者) しかし熊切の所属事務所は、報 [全文を読む]

フォーカス