のり 古市憲寿に関するニュース

電車にベビーカーで乗ると白い目で見られる社会。古市憲寿氏が提唱する“保育園義務教育化”とは?

週プレNEWS / 2015年10月31日06時00分

しかし社会学者の古市憲寿(のりとし)氏は、景気悪化や年金破綻、下流老人など私たちの将来を脅かす根っこにこの問題があると、著書『保育園義務教育化』で指摘する。初めての“保活”に直面する週プレNEWSライターが古市氏を直撃した。 ―本の中でも「子供より猫が好き」と言ってはばからない古市さんですが、待機児童問題に関心を持ったきっかけは? 古市 確かに、僕はもと [全文を読む]

高橋源一郎(小説家)×古市憲寿(社会学者)が、京都精華大学で対談 ― 2月16日(土)岡本清一記念講座『現代における「自由」とは何か』 ―

@Press / 2013年01月29日10時30分

<古市憲寿 (ふるいち のりとし)> 社会学者。東京大学大学院博士課程在籍。有限会社ゼント執行役。 慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員。 若者の生態を的確に描出し、クールに擁護した著書『絶望の国の幸福な若者たち』で注目される。著書に『希望難民ご一行様』など。近著に若手起業家をスケッチしながら日本人の働き方を問い直した『僕たちの前途』がある。 ■「岡本清一 [全文を読む]

古市憲寿が語る社会と女性「今の日本は子育てがまるで罰ゲーム」

WEB女性自身 / 2014年09月15日06時00分

隔週連載〈中山秀征の語り合いたい人〉、今回のお相手は、若者の立場から社会を鋭く読み解く社会学者の古市憲寿(のりとし)さん(29)。現代日本を取り巻くさまざまな問題を根本から考える。 中山「社会学から現代日本を生きる女性の問題について伺いたいんですが。あるランキングを見ると、働く女性の悩みでいちばん多いのは『子育て支援』だそうです。ずっと言われてますけど、な [全文を読む]

社会が母親や子供に冷たいのは「乳幼児教育」のせい? 古市憲樹の考えとは

anan NEWS / 2015年08月05日12時00分

◇ふるいち・のりとし 1985年1月14日生まれ。東京都出身。東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。株式会社ぽえち代表取締役。『ワイドナショー』『とくダネ!』でコメンテーターを務める一方、内閣官房「クールジャパン推進会議」委員などの顔も持つ。 ◇『国家がよみがえるとき 持たざる国であるフィンランドが何度も再生できた理 [全文を読む]

古市憲寿「東京五輪はおじさんたちが夢見ようとしてるだけ」

WEB女性自身 / 2014年09月15日06時00分

隔週連載〈中山秀征の語り合いたい人〉、今回のお相手は、若者の立場から社会を鋭く読み解く社会学者の古市憲寿(のりとし)さん(29)。現代日本を取り巻くさまざまな問題を根本から考える。 中山「日本は景気をよくしないといけないという部分もありますよね。それに関しては東京オリンピックが鍵になると思うんですが、どう思いますか?」 古市「2020年までは景気は上向くと [全文を読む]

古市憲寿が語る“時代が女性を求めている理由”

WEB女性自身 / 2014年09月15日06時00分

隔週連載〈中山秀征の語り合いたい人〉、今回のお相手は、若者の立場から社会を鋭く読み解く社会学者の古市憲寿(のりとし)さん(29)。現代日本を取り巻くさまざまな問題を根本から考える。その、締めくくり編だ。 中山「今日はいろいろな社会の問題について伺って、あらためて社会は一つ一つを切り離せないというか、つながっているんだな、と感じました」 古市「社会ってさまざ [全文を読む]

フォーカス