人生 40代に関するニュース

【40代女性】大人の魅力を増すために身につけたい10の習慣

Fuminners / 2016年11月18日12時35分

さらに、会話の中で「今の時代」を感じさせる彼らのライフスタイルを知ることができますし、相手にとっても人生の先輩と交流する貴重な機会となります。趣味の場などに積極的に出かけて、人間関係を“下に”広げてみましょう。3. 女形のつもりで”女らしく”振る舞う「女性ホルモンが減少してくる40代こそ、女らしさを楽しめるようになってくる時期」とは横森さんの言葉。40代 [全文を読む]

アデランス調べ “初挑戦”したいもの 「ふるさと納税」「北陸新幹線」「格安スマホ」

@Press / 2015年04月06日21時00分

(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)■年齢と男の挑戦意識は関係あるのか?・攻める男は何歳になっても楽しい?“人生の楽しさに年は関係ない”21%・攻める男のモテ期は永遠に終わらない?“モテ期に年は関係ない”18%・男が人生で一番カッコいい時期は?「40代」の声が最多数!30~79歳の男性1,000名(全回答者)に対し、様々な視点から、人生で最良の時期はい [全文を読む]

30代から60代の男女300名を対象とした『リタイアしてからの人生に関するアンケート調査』について

PR TIMES / 2012年04月25日17時49分

ソニー生命調べ/30~60代の男女300名にアンケートリタイアしてからの人生を充実させる活動に約6割が「楽しみ」と回答就活、婚活、その次は「リタ活」の時代が到来!~各世代とも早期からの準備意識高まる~4月から新年度を迎えたビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。春は新しいスタートの季節。そして“これから”に思いを馳せる時期でもあります。私たちの社会が長 [全文を読む]

電通、清原、SMAP、乙武――2016年を振り返る~河崎環、おおたとしまさ、田中俊之、常見陽平座談会【後編】

プレジデントオンライン / 2016年12月29日14時45分

どのタイミングで子供を産むかを自分で決められるようになれば、人生の選択肢が広くなります。子供を自分のリソースで育てるのか? チームを組んで育てるのか? 男性も女性も80年というスパンで人生をデザインするようになっていくでしょう。 ■若い頃に勝ってしまうのは、実は苦しいこと 【田中】僕の2016年のキーワードは「清原問題」。これはかなり衝撃でした。スポーツ選 [全文を読む]

結婚してもしなくても悩む!? 萬田久子、大竹しのぶ、岸惠子…豊潤な23人の「40代からの生き方」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月05日11時00分

先が見えても見えなくても「これでいいのか? どうすればいいのか?」と改めて人生を問い直してしまう。 そんな時期には人生の先輩の話を聞きたくなる。『40代からの「私」の生き方』(伊藤愛子/ポプラ社)では、草笛光子、佐伯チズ、前田美波里、中村玉緒、岸惠子、阿川佐和子、萬田久子、大竹しのぶ、桐島洋子、吉行和子、稲葉賀惠…そうそうたる顔ぶれの先輩たち23人が、自身 [全文を読む]

大石静 40代に恋の助言「オスを押し倒したっていい」

WEB女性自身 / 2016年05月18日06時00分

「つらい人生にも灯台のような明かりがあると、ちょっと報われますよね。『コントレール』で描いているのは、 特別 な明かり。ドラマという虚構の中で、忘れていた胸キュンを思い出してもらえれば、ちょっとした救いになるかなと思います」 こう語るのは、ドラマ『コントレール〜罪と恋〜』(NHK・金曜22時〜)の脚本を担当する大石静さん(64)。彼女は、これまでも『セカン [全文を読む]

後悔しない人生を送る!30代のうちにやっておきたい10のこと

TABIZINE / 2016年01月31日07時30分

30代を通り越した人生の先輩たちに聞いた“30代のうちにやっておきたいこと”をお伝えしていきます。 自分の人生の核を知る 自分の人生の核を知らずに生きていくのは、砂漠の真ん中で地図をなくしたも同然。30代になると、自分という人間が昔よりもはるかにリアルに見えてきます。そのありのままの自分を受容していくのです。すると、自分にとってベストな生き方が見え始めま [全文を読む]

なぜ「40代は最も危険な年代」なのか

プレジデントオンライン / 2017年03月02日09時15分

■40代は働き方の分かれ目を迎える ビジネスマン人生にもターニングポイントがあります。私は、それが40歳だと考えています。入社してからの約20年間、がむしゃらに働き、会社でもそれなりの評価を得てきたのです。30歳前後で役職に就き、40歳であれば管理職になっている人も少なくないでしょう。そして、定年までの年数は、それからのほうが長いわけです。 ひと昔前なら、 [全文を読む]

【転職希望者のホンネ調査】 仕事や転職活動で落ち込んだときに聴く「癒しソング」上位は、 “恋ダンス”でブレイクの「恋」、応援ソングの定番「負けないで」など。

DreamNews / 2017年02月06日12時30分

自分のやる気次第で人生は作ることが出来る、やり直せると思うから(20代・男性)「Only time」Enya辛いときもそう長くは続かないと思えるから(20代・女性)「空に星が綺麗」斉藤和義地元のことを思い出させてくれて、がんばろうと言う気にさせてくれるから(40代・男性)「フォーカスライト」MAN WITH A MISSON高校卒業式当日、社会人になっても [全文を読む]

人生に悩んだときに観たい。主人公からパワーをもらえる映画3選

TABIZINE / 2016年02月20日07時30分

人生に悩んでいるとき、主人公からパワーをもらえる映画をいくつかご紹介いたします! はじまりのうた (C) facebook/はじまりのうた イギリスからニューヨークにやってきたミュージシャンカップル。ある楽曲がきっかけで恋人は一躍有名になります。しかし、成功とともにかわっていく恋人・・・。けっきょくは浮気をされてしまうのです。さぁ、傷ついたヒロインはどうや [全文を読む]

『コントレール』脚本家・大石静さん 40代こそ女の旬と語る

NEWSポストセブン / 2016年05月16日07時00分

自分の人生を思い返してみても、40代は今より、自信もあり、先への夢もあり、体力もあり、イケイケでした。人生の盛りという感じでしたね」 と言って、顔をほころばす。「ただし、誰もがそうだとは限らないと思います。30代で死ぬほど努力しないとね…」 その当時の作品を聞くと、浅野ゆう子主演で大ヒットした『長男の嫁』(TBS)やNHK連続テレビ小説『ふたりっ子』などを [全文を読む]

「40歳過ぎると人生楽しくなる」はオバサンの強がりだと思ってた

ウートピ / 2016年05月11日20時06分

っていうか我が人生は呪われていると、被害妄想に陥っておりましたよ。本当に「何だか幸せ」な40代そして今、実際に40代になってどうなったかと言えば、毎日一回は、「ああ、何だか幸せだなぁ」と心の中で呟いているシニアにあい成りました。もしかして死期でも近いのかと疑うほどです。で、改めて思ったわけです。先輩たちの言っていたことは本当であったと。確かに体力は落ち、肌 [全文を読む]

阿部寛、「下町ロケット」でアノ人と共演!「今から興奮してる」

Woman Insight / 2015年10月18日11時00分

前編では、阿部さんが考える、ドラマに対する思いや「下町の雑草魂」をお伝えしましたが、後編では阿部さんのロマンや阿部さんの人生の生き方など語っていただきました。 ★インタビュー前編→ 阿部寛インタビュー「プラス思考ばっかりだと良くない。むしろマイナスを学ぶべき」 ★ドラマ詳細→ 阿部寛、土屋太鳳のコメント到着!池井戸潤『下町ロケット』ドラマに Woman I [全文を読む]

【速報】オタク川柳決定!「壁ドンをやってくれるのルンバだけ」

秒刊SUNDAY / 2015年03月25日21時41分

・ ありのまま? 姿見せるの? 出来るかよ!(少しも痛くないわ:40代)・ 落ちつけよ なぜ好きなのか 聞いただけ(カバチ:30代)・ 妹の 結婚式に 呼ばれない(ピーター:30代)・ 二児の父 夜に見るのは 二次の乳(がわねり:20代)・ ンゴゴンゴ ンゴゴンゴゴゴ ゴゴゴゴゴ(のんちゃん:30代)・ バレンタイン(笑) 花火大会(笑) クリスマス(笑) [全文を読む]

黒木瞳、大地真央、松田聖子…驚異の"50代"美貌ランキング!

NewsCafe / 2013年10月28日12時00分

現代の"50代"は人生の折り返し地点をようやく過ぎたあたり…一昔前の"50代女性"とは、見た目から差があって当然なのかもしれない。そこでNewsCafeでは「50代になっても美しさを保っている女性芸能人と言えば?」というアンケートが実施されたようだ。ランキングとともに寄せられた声をご紹介しよう。※回答総数…548件【1位】大地真央(57歳)(17.0%)■ [全文を読む]

65歳から稼ぐ人、稼げない人

プレジデントオンライン / 2017年05月11日09時15分

「私の職業人生のなかで、定年とか再就職を考えたことは一度もありません。ずっと面白いことにチャレンジし続けたい。その想いは40代の頃から変わっていません」 慶應義塾大学工学部出身の有賀氏は技術者としてキャリアをスタート。医薬品、食品、半導体工場の設備設計から施工までを一貫して手がけてきた。とりわけ際立つキャリアが、社長賞を受賞した有名アミューズメントパーク [全文を読む]

語っていいとも! 第38回ゲスト・IVAN「男のコから女のコになる時が唯一、生まれて初めて芯がブレた」

週プレNEWS / 2017年03月19日12時00分

だから私の人生、ほんと思うんですけど、結構、図太く生きてきて。短命だと思ってるんですよ。なんか神様って、人に与える幸せの分量がみんな平等に決まってるって聞いて。ただ、その幸せのもらい方が違うだけで。 カート・コバーンとかじゃないけど、若いうちに有名になったり、そういう人たちは幸せをぶわーってもらってるし、そうじゃない平凡な人は少しずつ小まめにもらって長生き [全文を読む]

脚本家・大石静が考える“大人の女性が恋する意味”

WEB女性自身 / 2016年05月18日06時00分

そんな人生の憂さや憂鬱を知る大人が恋をするのは、しんどいこと。でも素敵なことです」 こう語るのは、ドラマ『コントレール〜罪と恋〜』(NHK・金曜22時〜)の脚本を担当する大石静さん(64)。無差別殺人事件で夫を失った文(石田ゆり子)。事件から6年後、切り盛りするドライブイン『コントレール』で出会った暸司(井浦新)は、決して愛することを許されない、夫をあやめ [全文を読む]

クラスの「問題児」はどうなった?その後の人生を調査

しらべぇ / 2016年05月04日17時30分

では、学生時代、クラスで問題児だった人は、その後の人生をどう歩んだのだろうか? しらべぇでは全国の20代~60代の男女に調査を行なった。(1)更生した「堅実に結婚をし、家庭を築いている。 社会的責任を十分に果たしているように感じる」(40代・男性)「恋をしたら、自然と性格や行動も落ち着くようになって、今は結婚をして幸せに暮らしています」(20代・女性)「ま [全文を読む]

人生の先輩から学ぶ 「40代で考えるべきこと」とは?

Woman.excite / 2016年03月01日12時00分

人生は短い」いつもそう思いながら日々暮らしてきたけれど、ある出会いをきっかけに「人生は長い」というポジティブな考えが浮かび、長いからどうしようかと真剣に考えるようになりました。©Subbotina Anna - Fotolia.com先日自分の研究ワークの一部で健康な高齢者の方と多くコミュニケーションを取るチャンスがあり、これをきっかけに私の人生観やこれ [全文を読む]

フォーカス