周辺 八坂神社に関するニュース

お稚児さんの選び方は?京都通しか知らない「祇園祭」完全ガイド

まぐまぐニュース! / 2016年07月15日14時00分

鉾町とは室町通と新町通の周辺で四条通を周辺に南北に広がるエリアで祇園祭の山や鉾を出す町のことをいいます。前祭(さきまつり)の山鉾巡行で毎年決まって先頭を行く長刀鉾(なぎなたぼこ)は山鉾の中心的な役割を果たします。現在唯一生稚児(いきちご)を乗せて巡行するのも長刀鉾だけです。祇園祭の主役ともいえる「長刀鉾のお稚児祭さん」に関する興味深い話を紹介します。 唯一 [全文を読む]

美の神に縁結びの神、お伊勢さんも!祇園のシンボル「八坂神社」の見どころ

TABIZINE / 2017年05月07日12時00分

朱色の華やかな本殿だけでなく、その周辺にある小さな神社も見逃せない祇園・八坂神社。その存在感とパワーは、京都を象徴する花街にふさわしい、格別のものなのです。 [八坂神社] [All Photos by Haruna Akamatsu] [全文を読む]

春めく古都をぶらりと散策。京都通が案内する八坂通りの歩き方

まぐまぐニュース! / 2017年03月04日08時00分

八坂の塔周辺は祇園と同じように女性が歌舞音曲で男性を楽しませる花街に変貌しました。今はひっそりとした落ち着いた通りですが、戦前までは洛東有数の歓楽街だったようです。 その後、八坂通りとして整備されたのは大正時代なので、少なくとも100年ぐらい前に今の景観がほぼ整えられたことになります。昭和の後期になると、八坂通り周辺はさらに景観整備が進み、男性相手のお店 [全文を読む]

この秋、3時間で巡る!八坂神社・知恩院周辺おすすめ観光コース

Walkerplus / 2016年10月26日19時15分

そこで、この秋に使える、八坂神社・知恩院周辺を巡るモデルコースを紹介しよう!【トータル3時間29分/歩行時間19分/拝観見学料500円)】 ■ <1(所要時間45分)>“ぶぶ家”で彩り鮮やかな漬物が主役のお茶漬けを! 京漬物の人気店である、ぎおん川勝がその味を知ってほしいと手がけるお茶漬け店「ぶぶ家」。定番と旬素材11種の漬物が付く「お茶漬け」(1620円 [全文を読む]

【清水寺&高台寺】京都・東山エリアの桜&名刹おすすめ鑑賞コース

Walkerplus / 2017年03月21日16時00分

市内最古の公園内には、大きなシダレザクラがあり、その周辺では宴会で盛り上がる人が多い。シーズンには、たくさんの露店も立ち並び、神社仏閣とは違った、にぎやかな雰囲気に包まれる。樹齢約90年のヒトエシロヒガンシダレザクラ。のんびり散策して眺めて。■桜DATA/見ごろ:3月下旬~4月上旬、本数:約680本、シダレザクラ、ソメイヨシノなど。【円山公園】住所:京都市 [全文を読む]

【京都】今なお残る忠義の証。忠臣蔵ゆかりの名所に義士を訪ねる

まぐまぐニュース! / 2016年12月09日20時00分

毎年この日には山科の大石神社周辺では「義士まつり」が三十三間堂近くの法住寺では「義士会(ぎしえ)法要」が行われます。今回は主君の敵を討つため熱い思いを秘めつつ、京都で暮らした内蔵助を偲びゆかりの地をご案内します。まずは京都駅から近い来迎院からご紹介しましょう。 来迎院(らいごういん) image by: Flickr 来迎院は皇室の菩提寺でもある泉涌寺(せ [全文を読む]

ド派手な“女装美人”が歌って踊って、お札をばらまく!? 300年以上もの歴史を持つ奇祭にいってみた!

デイリーニュースオンライン / 2015年07月26日11時00分

舞台の周辺にも人だかりが出来ていました。 最近は女装家も流行っているし、綺麗な女装美人を見られるなんて楽しみだなぁ……などと思いながら会場に向かうと、そこにはなんとも驚きの女装美人たちが!! えっ…… 女装美人て…… こういうこと……!? ババーン!! 花柄の着物に、真っ白な顔、真っ赤なほっぺ、わかりやすくベタな女装! しかも、思いっきり“おじさん”ではな [全文を読む]

【世界の美食】祇園・南側で頂く最高の和食、京都市東山区「ぎおん 阪川」

GOTRIP! / 2017年06月04日11時30分

江戸時代、広く祇園と呼ばれていたのは、今の八坂神社周辺である。 当時、江戸幕府からのお墨付きを貰って営業を行っていた日本で初めての公娼地「島原遊郭」よりも気楽に遊べるということで発展した祇園は、今でも多くの人々の保存の努力によって、その町並みが守られている。 特に祇園の南側は、「祇園町南歴史的景観保全修景地区歴史的景観保全修景計画」にもとづいて、多くの人 [全文を読む]

本能寺は「移転先」にあり。今も京都に残る信長由来の地を巡る

まぐまぐニュース! / 2017年06月02日23時12分

秀吉の時代には寺町四条に移っていたそうですが、その周辺が商業の中心地になるに従い、昭和48年に本堂が現在地に移されたとのことです。 大雲院が大昔から存在していたのですが、昭和になって移転してきた場所に祇園閣があったということで、二つの建物には特に関係はないようです。祇園閣の設計者は伊東忠太で、祇園閣は金閣、銀閣に対して、屋根が銅葺きなので「銅閣」などと呼ば [全文を読む]

中国共産党“失脚”幹部が賄賂で買い漁った割烹旅館の行方は

WEB女性自身 / 2015年01月16日06時00分

実際、この邸宅の周辺を取材しても、中国人が出入りする様子はない。女性 管理人 に話を聞いても、「なにも関係ありません」の一点張り。この邸宅の行方は?中国に詳しい評論家の宮崎正弘氏は次のように語る。 「中国共産党による令計画の資産の没収はすでに始まっています。中国国内の預金や不動産なら簡単に没収できますが、中国当局は日本の法律のもと、令一族の弁護士と裁判で争 [全文を読む]

【一石二鳥】ついでに大阪まで楽しむ! 効率のいい「京都オススメ観光ルート」

しらべぇ / 2014年12月03日11時30分

「大阪←→京都間の移動時間は30分ほど」ということを覚えておけば、ホテルを取る際に京都周辺で泊まる場所がなくても、大阪で宿泊するのもアリ。個人的には、大阪の方が安くて泊まれる場所が多いのでオススメです。 ぜひ、京都観光の際の参考にしてみてくださいね! (文/しらべぇ編集部・あすらん http://sirabee.com/author/asuran/ ) [全文を読む]

今、ホットなレストランがまるわかり!! 人気急上昇率!「ぐるなびトレンドランキング」

PR TIMES / 2014年02月28日17時38分

http://r.gnavi.co.jp/c980701/━■2位■━まんぷく市場 宗右衛門町店 [なんば個室焼肉食べ放題]大阪府/道頓堀・宗右衛門町こちらの焼肉食べ放題コースは、黒毛和牛付国産牛焼肉&寿司食べ飲み放題で個室3時間4,480円の特別価格です!http://r.gnavi.co.jp/k865601/━■3位■━馬焼肉専門店 桜とmomiji [全文を読む]

フォーカス