内田樹 ツイッターに関するニュース

慟哭の最終回・・・!雫井脩介著「望み」。話題のうつ脱出レポートコミック「うつヌケ」に内田樹登場!! 『文芸カドカワ』7月号、6月10日配信。

PR TIMES / 2016年06月10日15時01分

今月のおすすめ連載は・・・ 1.雫井脩介の魂ゆさぶるファミリーサスペンス「望み」慟哭の最終回! 2.有栖川有栖の火村英生シリーズ最新長編「狩人の悪夢」謎を秘めた館に招かれたアリスは!? 3.話題のうつ脱出レポートコミック「うつヌケ」は内田樹登場!! どうぞご期待ください。 [画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2425/resize [全文を読む]

内田樹「ツイッターの炎上は出来の悪い芸へのブーイング」

NEWSポストセブン / 2013年08月30日07時00分

思想家の内田樹さんは、炎上をたきつける人たちの行為を「さらけ出すという芸に対するブーイング」だと見ている。 「リスクを冒して常識を逆なでするという“芸”にはそれなりの熟練と計算が要る。素人が簡単に真似できるものじゃない。出来の悪い芸に対して観客がブーイングしているのが炎上なんです。だから、炎上させる側にも加害者意識なんておそらくないです。“くだらない芸で受 [全文を読む]

ネットの悪ふざけ ルール違反ぎりぎりをみせる“芸”の模倣

NEWSポストセブン / 2013年08月29日07時00分

実はそれは、こうした悪ふざけの写真投稿が今の日本の文化風土に合っている証左だというのは、思想家の内田樹さんだ。 「“ルール違反ぎりぎりのこと”をしてみせることが、一種の“芸”としてメディアで注目されていること、それが現象の背後にある事情だと思います。人気のある政治家たち、石原慎太郎、橋下徹、麻生太郎らは、公人なら普通決して口にしないような暴言をあえて吐いて [全文を読む]

SNS 日本や欧米では民主主義さえ後退させると英経済誌分析

NEWSポストセブン / 2012年09月20日07時00分

口々に思い思いの主張を繰り返して意思決定が上手くいかない民主党政権は、未来の日本の政治を暗示しているのかもしれません」 ※週刊ポスト2012年9月21・28日号 【関連ニュース】強制起訴の小沢氏 不正はない、これは民主主義への破壊行為世界をうならせたツイッター創始者、ナイキ創業者の敗者復活橋本治と内田樹が三島由紀夫やピンク・レディーなど語る本小沢一郎氏「検 [全文を読む]

橋下大阪市長「田原さん!! 僕のことを大嫌いな大学教授と直接討論させて」

ニコニコニュース / 2012年01月11日15時52分

橋下氏はツイッターで、思想家で神戸女学院大学の名誉教授・内田樹氏を「夢見る子羊ちゃん」と批判。合わせて北海道大学の山口二郎教授や中島岳志准教授らの名を挙げ、「田原総一朗さん!! 内田氏、山口氏、浜氏、中島氏、その他、僕のことを大嫌いな大学教授と直接討論させて下さい!!」とツイートした。 橋下氏はさらに「あと、香山リカとか言う精神科医と、毎日新聞にしか出て [全文を読む]

フォーカス