内田樹 映画に関するニュース

内田樹×白井聡 ベストセラー論客が暴く、戦後日本人の精神構造 「トップが大人への成長を放棄、日本は“子供と老人しかいない国”になってしまった」

週プレNEWS / 2015年05月24日06時00分

著者は内田樹(たつる)氏と白井聡氏の人気論客ふたりで、憲法改正、集団的自衛権の行使容認、原発再稼働など、ここ数年、日本が直面する諸問題について「戦後の歩み」という視点から分析し、警鐘を鳴らしている。 戦後日本は「対米従属を通じて対米自立を実現する」という「葛藤」の中で成長してきた。だが、ここ10年、日本は葛藤を捨て思考が停止していると、ふたりは怒りを露( [全文を読む]

内田樹×白井聡 ベストセラー論客が怒りの対談!「安倍外交は思考停止状態の“葛藤なき対米従属”。自ら進んで愚鈍化している」

週プレNEWS / 2015年05月23日06時00分

憲法改正、集団的自衛権の行使容認、原発再稼働など、ここ数年、日本が直面する諸問題について「戦後の歩み」という視点から分析し、警鐘を鳴らす内田樹(たつる)氏と白井聡氏の対談本『日本戦後史論』(徳間書店)が注目を集めている。 戦後70年の節目で大きな政策転換を図ろうとする日本の「今」を、世代の異なる人気論客のふたりはどう捉えているのか? * * * ―まずは、 [全文を読む]

竹宮惠子×内田樹が語る!「天才が感染する」オープンソースの効用とは?

Woman Insight / 2015年01月29日21時00分

★前回の記事はコチラ→ 竹宮惠子×内田樹が語る!マンガ発展の背景には戦争の○○があった! 最近、ビジネス用語としてもよく耳にするようになった「オープンソース」。この言葉、元々はコンピューター用語。「いろいろなレシピを無料で誰でも使えるように共有すること」を指します。たとえば、マンガを描くときに新しい表現を誰かが発明したら、その技術をみんなが真似をする、と [全文を読む]

【「竹と樹のマンガ文化論」発売記念】竹宮惠子×内田樹のトークショーにご招待!

Woman Insight / 2014年12月12日16時00分

『風と木の詩』『地球へ…』などで知られるマンガ家であり、京都精華大学学長である竹宮惠子さんと、思想家・武道家であり、マンガを愛してやまない内田樹さんの対談による、マンガ文化の歴史と未来を語り起こした新書『竹と樹のマンガ文化論』が、このたび発売になりました! マンガがいかに独自の発達をしてきたか、といった文化としての側面から、BLのはしりとして名高い作品『風 [全文を読む]

内田樹×イスラーム法学者・中田考が語るテロとの戦い 「戦争に前のめりな政治家たちには絶望的な気分になる」

週プレNEWS / 2016年01月09日06時00分

中東で、そして世界で起きていることをどう捉え、日本はテロとの戦いでこの先、どんな選択をすべきか? 日本で唯一のイスラーム法学者である中田考(こう)氏と、フランス現代思想が専門で中田氏との共著『一神教と国家』(集英社新書)もある思想家の内田樹(たつる)氏が前回記事(テロに揺れる世界を語る「一方が悪で一方が正義というような単純な話ではない」)に続き、語り尽く [全文を読む]

内田樹×イスラーム法学者・中田考がテロに揺れる世界を語る「一方が悪で一方が正義というような単純な話ではない」

週プレNEWS / 2015年12月24日06時00分

中東で、そして世界で起きていることを僕らはどうとらえ、日本はテロとの戦いでこの先、どんな選択をすべきか? 日本で唯一のイスラーム法学者である中田考(こう)氏と、フランス現代思想が専門で中田氏との共著『一神教と国家』(集英社新書)もある思想家の内田樹(たつる)氏が語り尽くす! *** 内田 共和党の大統領候補、ドナルド・トランプが「アメリカにはイスラム教徒 [全文を読む]

今あらためて選びだす、日本の“イチバン”/表紙&インタビュー『はやぶさ』主演渡辺謙【GQ JAPAN最新号】

PR TIMES / 2012年02月24日14時29分

- 注目の論客、内田樹の「廃県置藩」論!- 映画『はやぶさ』主演の渡辺謙、 日本発のハリウッド俳優が語る日本的ではないことの意味とは?『GQ JAPAN』4月号は、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」をテーマにお届けします。中国やインドなど新興国の波に押され、“イチバン”でなくなってしまったいまの日本。まもなく震災から1年、豊かな未来をつかむべく、世界に誇れる [全文を読む]

【祝!直木賞】「作家になる気はなかった」西加奈子、ずっとなりたかった職業とは?

Woman Insight / 2015年03月05日21時00分

私は正直、その作品が非常に観てみたいです!(五十嵐ミワ) ★前回はコチラ→ 【祝!直木賞】西加奈子に聞く、5%の喜びが支えた「サラバ!」誕生秘話 『サラバ!』西 加奈子/著(小学館/1,600円+税) http://www.shogakukan.co.jp/pr/saraba/ 【あわせて読みたい】 ※イケメンがひたすら〇〇する“イケメソ男子”写真集が発売 [全文を読む]


映画作家・想田和弘さんの最新刊『カメラを持て、町へ出よう 「観察映画」論』(知のトレッキング叢書)が7月24日(金)に発売! 論客でもある著者の独自の方法論とは?

DreamNews / 2015年07月21日11時00分

内田樹さん推薦!「想田さんのつくるものには生身の血が通っている。だから、彼の言葉は(映画も)脳にではなく、身体にしみてきます。」【著者プロフィール】 想田和弘(そうだ かずひろ) 映画作家。1970年、栃木県生まれ。東京大学文学部卒。スクール・オブ・ビジュアルアーツ映画学科卒。93年からニューヨーク在住。NHKなどのドキュメンタリー番組を手がけた後、台本や [全文を読む]

「CA採用」1位は関西外国語大、「高校からの評価」1位は東北大!AERAムック『大学ランキング2018』発売

PR TIMES / 2017年04月12日15時45分

編集部調べ) ●グローバル力に優れた大学ランキング [留学生派遣数1位]関西外国語大学 [外国人留学生数(学部)1位]立命館アジア太平洋大学 [国際ボランティア参加学生数1位]名古屋商科大学 [外国人教員数1位]立命館大学 ●評価が高い大学ランキング [高校からの評価1位]東北大学 [学長からの評価(教育面)1位]金沢工業大学 ●その他のランキング [就職 [全文を読む]

星野源「伊丹十三賞」受賞に「人生を丸ごと認めていただいたよう」

dwango.jp news / 2017年03月28日10時22分

過去の受賞者には糸井重里、タモリ、内田樹、森本千絵、池上彰、リリー・フランキー、新井敏記、是枝裕和とそうそうたる顔ぶれが。 周防正行、中村好文、平松洋子、南伸坊からなる伊丹十三賞選考委員会は星野源の受賞理由として ―音楽、エッセイ、演技のジャンルを横断し、どこか息の詰まる時代に、エンターテイナーとして驚くような風穴をあけてしまった星野的表現世界に。― と [全文を読む]

京都精華大学「アセンブリーアワー講演会」2016年度後期のゲストが決定 イスラーム法学者の中田 考氏、映画監督の西川美和氏らが登壇

@Press / 2016年09月16日11時30分

著書に『一神教と国家』(2014、集英社新書・内田樹氏との共著)、『イスラームとの講和 文明の共存をめざして』(2016、集英社・内藤正典氏との共著)、『イスラームの論理』(2016、筑摩書房)など。 【西川美和(にしかわ みわ)】 1974年7月8日広島県出身。早稲田大学第一文学部卒。2006年、長編第二作目となる『ゆれる』が異例のロングランヒットを記録 [全文を読む]

京都精華大学、建築家 藤本壮介と建築学科の学生が設計したライブラリースペースで著名人が選んだ本を手に出来る展覧会「本の空間―ざわめきのたび」展、12月18日から開催

@Press / 2015年12月10日10時30分

■展覧会基本情報展覧会名 :本の空間―ざわめきのたび会期 :2015年12月18日(金)~2016年1月23日(土)休館日 :日曜日、12月28日(月)~1月2日(土)、11日(月・祝)、 15日(金)、16日(土)開館時間 :11:00~18:00 ※ただし、初日12月18日(金)は15:00~18:00、 最終日1月23日(土)は11:00~17:00 [全文を読む]

【独占インタビュー】東村アキコの新境地…待望の新作は3/6創刊の『ヒバナ』にて連載決定!

Woman Insight / 2015年02月27日17時45分

本当に、大河ドラマなどで実写化されたところを観てみたいです……! 次回は、創刊雑誌『ヒバナ』と、マンガ家10周年を迎える東村さんご本人に迫ります!(五十嵐ミワ) 『ヒバナ』2015年 4月号 発売日:3月6日(金) 価格:680円(税込み) 発行:小学館 『雪花の虎』ほか、5作品の先行試し読みはこちらから!→ hi-bana.com 【あわせて読みたい】 [全文を読む]

京都精華大学人文学部客員教授に養老 孟司氏と内田 樹氏の就任が新たに決定

@Press / 2014年09月30日14時00分

■養老 孟司(ようろう たけし/1937年11月11日生まれ)解剖学者、東京大学名誉教授http://www.atpress.ne.jp/releases/51734/img_51734_1.jpg [全文を読む]

無煙無臭の火葬炉と焼肉屋さんの無煙グリルはどう違うのか?

NEWSポストセブン / 2012年06月08日16時01分

「映画のロケなんかで、火葬場を使いたいっていう話がよくあるそうなんですが、煙がないから絵にならないんでダメになることが最近は多いらしいですよ」 ※週刊ポスト2012年6月15日号 【関連ニュース】日本の火葬は骨が大切も西洋は短時間で焼き遺骨残す必要なし1箱1000円のたばこ 小津安二郎ほか、著名人が愛したピースの進化形勃起障害から腰痛まで男性特有の病気を [全文を読む]

フォーカス