世界 王岐山に関するニュース

中国軍部を抑えきれない習近平に米国激怒。オバマが次に放つ一手とは

まぐまぐニュース! / 2016年04月05日20時00分

津田さんは、その原因となる行動を起こしたある人物の「実名」を挙げるとともに、中国の政治的なもろさにより引き起こされる経済的なリスクが全世界に及ぼす影響、そして統制がとれなくなった軍部に周辺国はどう対応すべきかについて論じています。 中国の混乱はだれが起こしたか? 中国の習近平独裁体制確立が危ぶまれる状況になっている。しかし、この状況を作ったのは、誰なのかを [全文を読む]

中国の機密暴露か。米国に亡命した共産党要人のリークに震える習近平

まぐまぐニュース! / 2016年03月16日20時00分

中国からのキャピタルフライトは年間300兆円とも、600兆円とも、さまざまな説がありますが、いずれにせよ、このまま資金流出が続けば、世界の最貧国レベルまで落ちていくことは避けられない情勢です。アメリカとしては、あとは軍の造反を待っているところなのでしょう。 また、習近平の盟友である王岐山についても、最近、習近平と距離を取りつつあると言われています。その理 [全文を読む]

中国が迎えた王朝崩壊期。権力闘争本格化で追い詰められた習近平

まぐまぐニュース! / 2016年09月30日22時00分

敵と味方がいつの間にか変わってしまうこともよくあり、騙し合い、化かし合いの世界です。 習近平については、中国人はかなり前から「草包」(バカ)と呼んでおり、原稿がないとスピーチもできず、しかも読み違いが多いことで有名です。前回のメルマガでも、G20での読み違えが中国国内で嘲笑されたことはお伝えしました。 ● 国内外で笑いものに。中国がG20サミットで大恥をか [全文を読む]

「パナマ文書」に世界で最も怯える中国、最高指導部の半分以上に汚職疑惑

まぐまぐニュース! / 2016年04月13日20時00分

次ページ>>英キャメロン首相失脚で中国が大ダメージを被る理由 パナマ文書については、世界各国の大統領の名前が登場し、世界中を震撼させています。一部を挙げると、ロシアのプーチン大統領、イギリスのキャメロン首相、ウクライナのポロシェンコ大統領、アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領などのほか、ジャッキーチェンやスペインのサッカー選手メッシなどの著名人の名前も [全文を読む]

中国の新最高指導部 改革派書記は「極右」と見なされ外された

NEWSポストセブン / 2012年11月18日16時00分

同日、世界のメディアが競って予測を報じた7人の最高指導メンバーがそろってお披露目を行った。その内訳は習近平(59)、李克強(57)の留任に続き、張徳江(66)、兪正声(67)、劉雲山(65)、張高麗(66)、王岐山(64)というものだった。 発表を受けて日本のメディアでは、「メンバーの顔触れから何が読み取れるか」が盛んに報じられているが、どの専門家の言葉 [全文を読む]

“商人”トランプの面目躍如、「ニクソン電撃訪中」演出のキッシンジャーが動く―米中首脳電話会談、「1つの中国」で合意

Record China / 2017年02月10日17時40分

世界の2大経済大国である米中両国は緊密な経済依存関係にあり、実利的な「取引(ディール)」によって政策運営が展開され得ることである。 [全文を読む]

加藤嘉一「中国・習主席が権力を集中させるのは『前例なき改革』の難しさゆえです!」

週プレNEWS / 2014年03月31日15時00分

現在の中国は世界第2位の経済大国でありながら、経済成長や社会の安定にかげりが見える。それでも共産党一党支配という“大前提”を堅持しつつ、経済的にも政治的にもアメリカという超大国をキャッチアップしなければならない。過去の方法論が通用するはずもありません。 なぞるべき前例がないという点では、初の黒人大統領であるアメリカのオバマ大統領も似た境遇にある。現在の米中 [全文を読む]

習近平体制は分裂危機の中国共産党“調和”が狙い

週プレNEWS / 2012年11月20日10時00分

それよりも問題は、共産党が今後どれだけもちこたえられるかでしょう」 経済大国として世界に影響力を持つ中国。しかし、先日の領土問題を巡る暴動でも露呈したように、内情はまだまだ安定からは遠いのだ。 (取材/村上隆保) ■週刊プレイボーイ49号「『習近平チャイナ』の崩壊はもう始まっている!!」より 【関連ニュース】もし日中の武力衝突が起こってしまったら……?デモ [全文を読む]

フォーカス