歌手 大森靖子に関するニュース

マック赤坂が宇宙人だと判明!? 痛いアイドルNo.1を決める“痛ドル総選挙“に個性派アイドルが続々参戦

おたぽる / 2015年03月25日21時00分

その後に続いたのは、筆者が激情派とも形容された歌手の"大森靖子"を感じさせた「かものなつみ」。ロリっぽいかわいらしい声と声量のある太い声を使い分ける歌もさることながら、元彼に買ってもらったというぬいぐるみを片手に、「お母さん、あなたに言いたいことがある。なんで(私を)見難い見た目で生んでしまったのでしょうか。おばあちゃん、何でそんな娘を生む娘を産んでしま [全文を読む]

王道か?斬新か?サブカル的な要素を持ちつつ似て非なる2組の化学反応「Girls×Girls」第5弾は大森靖子×Shiggy Jr.

PR TIMES / 2017年02月24日19時33分

歌手。弾切れも気にせず畳み掛けるように言葉を撃ちまくるジェットコースターみたいな弾き語りや、ときにギターすら持たないアカペラによる夜のパレードのような空間制圧型ライブの評判が広がりメジャーデビュー直後2014年11月26日、道重さゆみさんモーニング娘。卒業、現在道重再生待ち。2017年道重再生するやいなや大森靖子自身体調も気分もお人柄もよく大絶賛音楽活動 [全文を読む]

2016年チェリー人気記事ベスト10

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月28日18時51分

歌手の大森靖子さんのドキュメンタリー映画『サマーセール』を2011年から撮影した、岩淵さん。この回では、大森さんにお金を借りながらも撮り続ける岩淵さんの姿が、全く飾られることなく描かれています。同じく、今年発売された大森さんの著書『かけがえのないマグマ』と対をなすような内容に、大森さんご本人をはじめ、吉田豪さん、九龍ジョーさんといった文化系の大御所たちも記 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大森靖子、モー娘。’15が考えた子どもの名前読めず。キラキラネームかさえも不明。

TechinsightJapan / 2015年07月24日16時15分

歌手の大森靖子がお腹にいる子どもの名前を、モーニング娘。’15のメンバーから考えてもらったことをツイッターで明かしている。いくつか候補があるものの、全部読み方が分からなかったという。昨今流行のキラキラネームかと思いきや、読めないのでそれさえも判別不能だ。 大森靖子はシンガーソングライターながら、モー娘。時代の道重さゆみを慕っており、今もモーニング娘。’15 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ハロプロ新ユニット名“こぶしファクトリー”に大森靖子がコメント。「声に出すだけでたのしい」

TechinsightJapan / 2015年02月27日13時45分

ネットでは「インパクトあるじゃん」や「これは演歌路線か」、「今年のハロプロで一番の重大事件」などの賛否が飛び交う中、歌手の大森靖子がツイッターで「声に出すだけでたのしい日本語!」とコメントしている。 ハロプロ研修生、藤井梨央(15)、広瀬彩海(15)、野村みな美(15)、小川麗奈(14)、浜浦彩乃(14)、田口夏実(14)、和田桜子(13)、井上玲音(13 [全文を読む]

その名も、ぱいぱいでか美? 只者じゃない人気の秘密とは…「こんな名前のわりに実は、恋愛にオクテで」

週プレNEWS / 2015年01月29日17時00分

で、そもそも、ぱいぱいさんが“歌って踊れるバンドウーマン”になったきっかけは? でか美 小さい頃からハロプロと宇多田ヒカルさんが大好きで歌手になりたかったんです。東京に出てきてから大学の音楽サークルに入ってバンドを組んだんですけど、メンバーがパチンコにハマって解散しちゃったんでソロでやることになって。 ひとりでステージに立つとやっぱり動き回ったりしなきゃい [全文を読む]

吉川友がバースデーライブ開催 「何十年先の誕生日もみなさんに祝っていただけたら…」

GirlsNews / 2017年05月04日09時42分

歌手の吉川友さんが1日、25歳の誕生日当日に、東京・RUIDO K-2 にて ワンマンライブ『バースデーライブ 2017~さよなら、スタンダード~』を開催した。 ライブは全編生バンドで行われ、24日に発売のニューシングル『さよなら、スタンダード』などを披露した。 ライブは、ステップアップしていく思いを歌った『Stairways』から勢いたっぷりにスタートし [全文を読む]

「どうせ高校生だから」って言われるのが嫌だった…ミスiD2015グランプリ・金子理江が卒業で明かした“本心”

週プレNEWS / 2016年03月15日06時00分

高2の時にミスiDに応募しますが、きっかけは歌手の大森靖子さんに誘われたからだとか? 金子 はい。元々、知り合いでもなんでもなかったんですけど、靖子ちゃんが私のツイッターをたまたまフォローしてくれて。靖子ちゃんってハロプロのファンなんですけど、ハロプロに「金子りえ」ちゃんっていう研修生がいたんです。そのコがツイッターを始めたっていうから、ググってみたら私の [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『Berryz工房祭り』から1年 ぱいぱいでか美が体を清めて臨んだもの

TechinsightJapan / 2016年03月03日20時55分

ぱいぱいでか美は子どもの頃からハロプロに影響を受けて、中学3年の時には歌手に憧れるようになった。夢を諦めずに活動を続けた彼女は、2014年5月にやはりハロプロファンで知られるシンガーソングライター・大森靖子のプロデュースでシングル『PAINPU』を発表する。ハロプロのなかでもBerryz工房のももち(嗣永桃子)を敬愛するという彼女が、2016年2月28日 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ぱいぱいでか美 “ゴルゴ13”に成りきる「生きたまま顔の皮を剥がした?」

TechinsightJapan / 2016年02月26日17時50分

歌手でタレントのぱいぱいでか美が“ゴルゴ13”風のフェイスパックをつけた姿をツイッターで公開、「自分でめっちゃ笑ってしまった」というそのハマリようが反響を呼んでいる。 ハロプロファンでFカップ、大森靖子プロデュースによるシングル『PAINPU』やデビューアルバム『レッツドリーム小学校』など話題の尽きないぱいぱいでか美。だが、彼女のチャレンジはまだまだ始まっ [全文を読む]

フォーカス