業界 川崎重工業に関するニュース

日本郵船・商船三井・川崎汽船、日本の海運会社がなくなる日

プレジデントオンライン / 2017年01月25日09時15分

■崩壊危機の韓国海運、日本は? 日本、韓国の海運、造船業界が世界海運不況の荒波にのまれている。とりわけ、韓国勢は世界第7位のコンテナ船会社で経営破綻に陥った韓進海運の清算手続きが昨年12月に事実上決まり、建造量でかつて世界一を誇った造船業界も昨年末の受注残が17年ぶりに日本に抜かれ、“轟沈”寸前だ。 日本勢の厳しさも変わらない。日本郵船、商船三井、川崎汽船 [全文を読む]

鉄オタよりも厳しい軍事オタクの掟とルール…自衛官と遭遇したら「ご苦労様です」と挨拶

デイリーニュースオンライン / 2015年07月05日11時50分

うちら業界の常識や。マスコミや中国、韓国の関係者なら何書かれたり、どんな風に使われるかわからん。自衛隊さんには絶対に迷惑をかけん。それが俺らの掟や」 軍事オタクという業界があり、そこに掟があるという事実に驚き声を失っていると、彼は厄介者を追い払うかのように続けてこう語る。 「あんたのそのカバン、そんなもん持っとったらうちらの業界では信用でけん。靴もそうや。 [全文を読む]

大企業若手が手を組む「One JAPAN」 40社250人の挑戦

Forbes JAPAN / 2017年04月01日10時30分

ビジョンは「百貨店の枠を超えて、色々な業界の人と意見交換をして、斬新なモノ・コトを生み出そう」。共同発起人は、業界レジェンドの藤巻幸夫と柴田廣次。延べ2,000人と、明日の暮らしの創造に向けて活動。塚本將二朗(中央右)/毎日新聞社有志団体「Blue Sly」は、「100年に1度」の変革期にある新聞業界の中で、若手でもやれることをやりたいという思いで、まずは [全文を読む]

【機械・造船】特許資産規模ランキング、トップ3はダイキン、三菱重工、井関農機

DreamNews / 2016年10月25日12時00分

株式会社パテント・リザルトは2016年10月25日、独自に分類した「機械・造船」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「機械・造船業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。株式会社パテント・リザルトは2016年10月25日、独自に分類した「機械・造船」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価 [全文を読む]

【機械・造船】特許資産規模ランキング、トップ3は三菱重工業、ダイキン工業、コマツ

DreamNews / 2014年10月29日11時00分

株式会社パテント・リザルトは2014年10月29日、独自に分類した「機械・造船」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「機械・造船業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。株式会社パテント・リザルトは2014年10月29日、独自に分類した「機械・造船」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価 [全文を読む]

苦境の造船業界、再編最終章〜「14年問題」を乗り越え“造船ニッポン”復活なるか

Business Journal / 2013年08月26日07時00分

世界を席巻した日本の造船業界は、08年秋のリーマン・ショックを機に受注が激減。世界的な市場縮小に加え、中国と韓国の造船所が安値を武器に攻勢をかけ、注文を次々と奪い取っていった。ここ数年の超円高の逆風下、日本勢は新たな受注がまったく取れなくなってしまった。造船業界そのものが存亡の危機に立たされているのだ。 新たな再編の核になるのはIHIだ。IHIは今年1月 [全文を読む]

事業会社のM&Aでの「失敗パターン」と「成功する戦略プロセス」

EnterpriseZine / 2013年08月05日10時00分

しかし、事業会社は少なくとも業界のプロではあってもM&Aのプロではないので、業界の素人ではあるけれども、M&Aのプロであるファンドに比べると、M&Aに関するパフォーマンスが出ていないというのが実情だと思います。 では、事業会社のM&Aの失敗は、どこに起因するのでしょうか?大きく3つの要因があります。●1つ目は、M&A戦略不足による失敗 企業を買収する前に [全文を読む]

シンガポールで日本製「新交通」が人気のワケ 三菱重工のシステムが空港や市内交通に

東洋経済オンライン / 2017年04月30日06時00分

鉄道業界のビッグ3はボンバルディア、シーメンスとフランスのアルストムという欧米勢に独占されているが、AGTではその一角に日本企業が食い込みつつある。では、三菱重工のAGTの海外展開はどのようになっているのか。同社製のAGTが空港内交通機関をはじめ、市内交通にも展開しているシンガポールに向かい、現地の担当者に話を聞いた。■三菱製の新交通システムが活躍シンガポ [全文を読む]

どうした日銀? 今や日本人にも信じてもらえぬ歴代総裁の影響力

まぐまぐニュース! / 2016年02月18日19時30分

日銀法王と川鉄の闘い その中で今もなお語られているエピソードだが、川崎重工業の元にあった川崎製鉄が念願の高炉を千葉県に建設しようとした際、当時の西山弥太郎社長は何カ月もかけ金融界、製鉄業界、通産省(現・経済産業省)、千葉県などの関係部署の合意をとりつけていた。最後は「日銀法王」の許可だと一蔓田氏を訪問すると、有名な「資金は今ない。川鉄だけに巨額の融資をす [全文を読む]

【TMS2015】日野の新型バスから身を乗り出す革ジャン美女

NEWSポストセブン / 2015年11月03日07時00分

また、三菱ふそうトラック・バスは業界トップクラスの燃費や斬新なカラーデザインを採用したトラックを公開した。 二輪車はヤマハ発動機や川崎重工業といった国内主要メーカーだけでなく、輸入台数を伸ばすBMWなど高級感漂う二輪車に多くの来場者が魅了されていた。 今年は〈きっと、あなたのココロが走り出す〉がテーマ。クルマとともに来場者のココロを躍らせる美人コンパニオン [全文を読む]

オークネット総合研究所消費者アンケート結果~第2回バイクユーザー拡大の可能性~

DreamNews / 2015年09月17日14時00分

とはいえ、バイクユーザーを増やす上で「安全性の確保」は避けられない重要課題であるため、販売促進施策とともに安全性に配慮した環境整備も関係業界に期待したいところである。※詳細はこちらhttp://www.aucnet.co.jp/wp-content/uploads/5d4c281e0230afed220bbed3bff9fd30.pdf本資料に関するお問 [全文を読む]

新幹線輸出、オールジャパン体制始動 アジア鉄道争奪戦、世界強豪勢との競争過熱

Business Journal / 2014年11月28日06時00分

両社とも新幹線から通勤用車両まで幅広く製造している業界最大手だ。ただ、鉄道車両の国内需要は頭打ちで、今後の成長のエンジンとなるのが海外だ。 日立は、12年に英国の高速鉄道車両の製造・保守業務を受注した。総事業費は6750億円で、今年10月には英国で鉄道を運行するオランダのアベリオ社に通勤用車両を供給する契約の優先交渉権を得た。都市部近郊の通勤車両の受注が決 [全文を読む]

東大と三菱重工など、航空機などの革新的製造技術の共同研究で連携

JCN Newswire / 2013年11月12日17時06分

当プロジェクトは航空宇宙業界に限らず、様々な産業を対象にした革新的製造技術を開発し、世界をリードすることを目標にしています。設立企業が航空機製造に携わっていることから、まずは2012年より航空機の機体製造技術の共同研究から着手しており、チタンの切削技術等、既に現場から成果の声が上がっています。2013年4月にはCMI (CMI: Consortium fo [全文を読む]

フォーカス